大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

中ノ沢温泉 大阪屋旅館 隠し洞窟ありの驚きの巨大露天に日帰り入浴

大阪屋旅館

日帰り入浴時間 10:30〜17:00
日帰り入浴料金 700円
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯(男1・女1) 

        露天(混浴1)
タオル     200円(ロゴなし)

 

源泉  沼尻元湯

泉質  酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

    (含硫黄酸性明礬緑礬泉)

温度          68.3度

成分総計 2761mg      pH2.13

 


f:id:zenigame1:20220223231440j:image

 

中ノ沢温泉は毎分1万3400リットルという日本一の湧出量を誇る上流の沼尻元湯からの引湯です。山深い奥地にあった沼尻元湯から1885年にこの地に引湯され、温泉街を形成しました。沼尻スキー場も近く、冬期はスキー客でも賑わいます。


f:id:zenigame1:20220223223442j:image

 

現在は9件の旅館があり、全ての旅館で日帰り入浴可能です。

中ノ沢温泉は徒歩圏内の道路沿いに旅館が並ぶため、旅館をはしごして入浴するのも簡単です。


f:id:zenigame1:20220223223513j:image

大阪屋旅館は温泉街の中程に位置します。


f:id:zenigame1:20220223223609j:image

フロントで入浴料700円を払います。

日帰り入浴の支払いは必ず小銭でなければなりません。大阪屋に入浴する際はお札を崩してからきましょう。

 

よく見るとフロントに貼り紙もしてあるので、お札を出すとかなり嫌な顔をされます。


f:id:zenigame1:20220223224636j:image

タオルは200円でロゴなし。中ノ沢温泉はロゴがないところが多い。。


f:id:zenigame1:20220223223925j:image

ロビー。真ん中だけ吹き抜けの面白い構造。


f:id:zenigame1:20220223224006j:image

休憩所。


f:id:zenigame1:20220223224034j:image

立派な鉄道模型がありました。

かつてこのあたりには磐越西線沼尻鉱山を結んだ日本硫黄沼尻鉄道という路線があり、それを再現しているよう。


f:id:zenigame1:20220223224248j:image

温泉旅館に鉄道模型はあまり見たことがないので新鮮。

精巧なつくりです。


f:id:zenigame1:20220223224340j:image

ちなみに沼尻鉄道は1968年の沼尻鉱山の閉山とともに廃線となり、現在は残っていません。


f:id:zenigame1:20220223224537j:image

浴室はロビーから廊下を真っ直ぐ進みます。


f:id:zenigame1:20220223224610j:image

男湯入口。奥が女湯になります。


f:id:zenigame1:20220223224759j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20220223224821j:image

内湯は男女別で露天風呂は混浴です。内湯は少しぬるめ。

シャワー類あり。

露天風呂へは内湯から繋がっているのですが。。


f:id:zenigame1:20220223224933j:image

どうみても露天風呂への入り口には見えません笑 ただの窓ガラスのような感じ。張り紙もないので気づかない人もいるんじゃないでしょうか。


f:id:zenigame1:20220223225101j:image

窓ガラスを開けるとこんな感じで階段があります。無理くり内湯と露天風呂を繋げたような感じ面白い。


f:id:zenigame1:20220223225142j:image

大阪屋旅館のオススメはなんといってもこの露天風呂!

内湯だけではもったいない。露天風呂はかなり大きく、中ノ沢温泉では花見屋と並ぶ最大級のもの。


f:id:zenigame1:20220223225233j:image

お湯は青緑がかった透明な色ですが、底には白い湯の花が沈んでいて歩くと巻き上がり、白濁します。温度はちょうどいいです。


f:id:zenigame1:20220223225408j:image

趣向を凝らして洞窟風呂までありました。ただの露天風呂じゃないところがすばらしい。


f:id:zenigame1:20220223225818j:image

洞窟風呂の中。温泉の湯気で暖かい。


f:id:zenigame1:20220223225913j:image

奥に照明もちゃんとあり。


f:id:zenigame1:20220223225944j:image

お湯は酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉と長すぎる泉質。それだけ成分に特色があります。


f:id:zenigame1:20220223230256j:image

舐めるともの最初はすごく酸っぱく、その後に金属のような変な味がします。pH2.1で強酸性の温泉です。レモネードのようにごくごく飲める味ではないです。


f:id:zenigame1:20220223230321j:image

湯船の岩は青白いものや、緑色、黄色などの温泉成分が付着しまるで鉱石のようになっています。泉質から考えると、黄色は硫黄、白は石膏、緑色は鉄だと思われます。


f:id:zenigame1:20220223230618j:image

お湯は光の加減によっては緑色のようにもなります。

 

鉄を含むと温泉は普通赤褐色なります。ところが、鉄分と硫酸イオン双方を含むと緑礬泉(りょくばんせん)と呼ばれ、淡い緑色を呈します。中ノ沢温泉は鉄を含み、緑礬泉の特徴もあるため、この色になるのだと思います。


f:id:zenigame1:20220223231051j:image

中ノ沢温泉は沼尻元湯からの引湯。

源泉は沼尻元湯一本のため、どこの旅館も全く同じ成分です。

 

【温泉分析書のみかた】

特筆すべきは水素イオンで、1mg以上で酸性泉となりますが、ここは7.9mgもあります。また総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉ですが、こちらは100mg以上と圧倒的。そのほんとが遊離硫化水素ですので、硫化水素型の硫黄泉となります。以上から温泉名の頭には特殊成分として酸性・含硫黄とつき、最後に(硫化水素型)とつきます。

 

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはカルシウムとアルミニウム、陰イオンは硫酸イオンと塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉となります。

合体して、酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)です。

 

ちなみに2014年まではアルミニウムを100mg以上含む温泉を含アルミニウム泉として区分していました。沼尻元湯は78mgで惜しい数字!

 

また、旧泉質名では鉄イオンと硫酸イオン双方を含むと緑礬泉(りょくばんせん)と呼ばれ、アルミニウムと硫酸イオン双方を含むと明礬泉(みょうばんせん)と呼ばれていました。沼尻元湯はどちらも満たし、含硫黄酸性明礬緑礬泉となります。

 

 

長くなりましたがそれだけ面白くて特徴のあるお湯。

 

大阪屋旅館は露天風呂が最高です。

中ノ沢温泉で一番オススメ。