大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

中ノ沢温泉 花見屋旅館 大人気の大露天風呂に日帰り入浴

花見屋旅館

日帰り入浴時間 10:00〜18:00
日帰り入浴料金 700円
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯露天(男1・女1) 

タオル     200円(ロゴなし)

 

源泉  沼尻元湯

泉質  酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

    (含硫黄酸性明礬緑礬泉)

温度          68.3度

成分総計 2761mg      pH2.13


f:id:zenigame1:20220223204928j:image

 

中ノ沢温泉は毎分1万3400リットルと日本一の湧出量を誇る上流の沼尻元湯からの引湯です。山深い奥地にあった沼尻元湯から1885年にこの地に引湯され、温泉街を形成しました。沼尻スキー場も近く、冬期はスキー客でも賑わいます。


f:id:zenigame1:20220223205004j:image

現在は9件の旅館があり、全ての旅館で日帰り入浴可能です。

中ノ沢温泉は徒歩圏内の道路沿いに旅館が並ぶため、旅館をはしごして入浴するのも簡単です。

f:id:zenigame1:20220223205138j:image

花見屋旅館は中ノ沢温泉の老舗旅館。扇屋と白城屋の3件が協力して沼尻元湯からのお湯を引っ張ってきた草分け的存在。中ノ沢温泉でも一番人気の旅館で、なぜかこの旅館だけひっきりなしに日帰り入浴のお客さんが訪れます。


f:id:zenigame1:20220223205621j:image

ロビー。日帰り入浴も大歓迎。日帰りのお客はロビー向かって左の靴箱に靴を入れます。ずらりと靴が並びます。入浴料は700円。タオルは200円。

中ノ沢温泉はどこもだいたい700円です。

 


f:id:zenigame1:20220223205854j:image

浴室はロビーから廊下を真っ直ぐ進んだ突き当り。


f:id:zenigame1:20220223210006j:image

浴室入口。


f:id:zenigame1:20220223210135j:image

脱衣所。ドライヤーあり。


f:id:zenigame1:20220223210206j:image

内湯。少し熱め。濁りはあまりありません。

シャワーはありますが、石鹸は使えません。

中ノ沢温泉の成分は石鹸成分を溶かしてしまうのだそう。



f:id:zenigame1:20220223210349j:image

花見屋名物の庭園露天風呂。冬期なので庭園の風情はありませんが、かなり大きな露天風呂。熱めが多い中ノ沢温泉ですが、露天風呂は少しぬるめで気持ちのよい温度。


f:id:zenigame1:20220223212004j:image

露天風呂は中央で女湯と仕切られています。

 

中ノ沢温泉は青みがかった透明なお湯が多い印象ですが、露天風呂はにごり湯。

 

f:id:zenigame1:20220223210518j:image

泉質は酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉と長すぎる名前。pH2.13の強酸性のお湯で舐めると強烈に酸っぱい!まるでレモンを齧ったときのように、口に含んだ瞬間に唾液が出るレベル。金属の味もかなりしますので、レモネードよりは確実にクセあり。


f:id:zenigame1:20220223210733j:image

 

中ノ沢温泉は沼尻元湯からの引湯。

沼尻温泉は泉質にかなり特徴があります。

 

【温泉分析書のみかた】

特筆すべきは水素イオンで、1mg以上で酸性泉となりますが、ここは7.9mgもあります。また総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉ですが、こちらは100mg以上と圧倒的。そのほんとが遊離硫化水素ですので、硫化水素型の硫黄泉となります。以上から温泉名の頭には特殊成分として酸性・含硫黄とつき、最後に(硫化水素型)とつきます。

 

成分総計が1000mgを超えますので、陽イオン-陰イオンの順に20%を超えるものを並べますが、アルミニウムが多く含まれている珍しいお湯。カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉となります。

合体して、酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)です。

 

アルミニウムやカルシウムが多すぎて、相対的にぎりぎり20%に届かないため、温泉名にはなりませんが、マグネシウムを多く含んでいるのも特徴的。マグネシウム泉は正苦味泉(せいくみせん)と呼ばれ、国内でもかなり珍しいものです。

 

また、鉄イオンと硫酸イオンを含むと緑礬泉(りょくばんせん)と呼ばれ、アルミニウムと硫酸イオンを含むと明礬泉(みょうばんせん)と呼ばれますが、沼尻元湯はなんとどちらも満たします。

よって旧泉質名では含硫黄酸性明礬緑礬泉となります。

 

長くなりましたがそれだけ面白くて特徴のあるお湯。

 

花見屋旅館は中ノ沢温泉の中でも駐車場にデカデカと日帰り入浴の看板があり、日帰り入浴を積極的に受け入れています。さながら、日帰り入浴専門施設のような混み具合で、地元の方に愛されているような感じ。庭園露天風呂は中ノ沢温泉でも最大級の大きさですので、オススメ。