大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

中ノ沢温泉 朝日屋旅館 ケロリン桶がよく似合う白濁の露天風呂に日帰り入浴

朝日屋旅館

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 

〇日帰り入浴時間 10:00〜18:00
〇日帰り入浴料金 500円
〇露天風呂    あり
〇お風呂の数   内湯露天(男1・女1)    

〇タオル     サービス(ロゴなし)

〇客室数     36室

〇公式HP     http://fukushima-asahiya.com/

〇混雑度     お風呂で会った人数 1人

〇個人的オススメ度  ★★★★☆

 

2.場所・電話番号

 

〇住所 福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-111

〇電話番号 0120-843-736

 

 

 

3.泉質

 

■源泉  沼尻元湯

■泉質  酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

    (含硫化水素酸性明礬緑礬泉)

■温度          68.3度

■成分総計 2761mg      pH2.13

 

 

4.中ノ沢温泉について

 


f:id:zenigame1:20220225211746j:image

 

 

 

中ノ沢温泉は毎分1万3400リットルという日本一の湧出量を誇る上流の沼尻元湯からの引湯です。山深い奥地にあった沼尻元湯から1885年にこの地に引湯され、温泉街を形成しました。沼尻スキー場も近く、冬期はスキー客でも賑わいます。


f:id:zenigame1:20220225205001j:image

 

現在は9件の旅館があり、全ての旅館で日帰り入浴可能です。

中ノ沢温泉は徒歩圏内の道路沿いに旅館が並ぶため、旅館をはしごして入浴するのも簡単です。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220225205109j:image

 

朝日屋旅館は温泉街の入口に位置する旅館。

中ノ沢温泉は揃えたようにほんど全ての旅館が〜屋とつき、似たような規模感の旅館が立ち並びます。


f:id:zenigame1:20220225205224j:image

なかなか大きな旅館。


f:id:zenigame1:20220225205254j:image

玄関。


f:id:zenigame1:20220225205357j:image

ロビーは広いですが少し薄暗い。入浴料は500円。

タオルはサービス。


f:id:zenigame1:20220225205453j:image

浴室はロビーから廊下を真っ直ぐ。


f:id:zenigame1:20220225210447j:image

右側が男湯。正面が女湯。


f:id:zenigame1:20220225210522j:image

脱衣所。真ん中にはなぜかベッドが置いてあります。


f:id:zenigame1:20220225210650j:image

内湯。お湯はちょっとだけ熱め。


f:id:zenigame1:20220225210725j:image

カランとボディソープ類。


f:id:zenigame1:20220225210817j:image

泉質は酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。長い長い。。

旧泉質名では含硫黄酸性明礬緑礬泉。舐めるとかなり酸っぱい。アルミニウムや鉄も含むので、後味に金属味がします。


f:id:zenigame1:20220225210937j:image

朝日屋旅館は内湯よりも露天風呂がオススメ。


f:id:zenigame1:20220225211033j:image

ケロリン桶とのコントラストが美しい。


f:id:zenigame1:20220225211212j:image

 

青緑色がかった透明なお湯。硫黄分を多く含む割には、たまご臭があまりしないのが不思議。硫黄の臭いも強烈な酸性泉には負けるのか。

朝日屋旅館は入浴料が中ノ沢温泉の中ではお安いながら、露天風呂もしっかりありオススメです。

 

 

まだまだあります 中ノ沢温泉

 

【中ノ沢温泉】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのオススメ9選) - 大露天風呂の日記

 

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220225211404j:image

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはカルシウムとアルミニウム、陰イオンは硫酸イオンと塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉となります。

 

特筆すべきは水素イオンで、1mg以上で酸性泉となりますが、ここは7.9mgもあります。また総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉ですが、こちらは100mg以上と圧倒的。そのほんとが遊離硫化水素ですので、硫化水素型の硫黄泉となります。ちなみに硫化水素型の硫黄泉は多くの場合、白濁します。以上から温泉名の頭には特殊成分として酸性・含硫黄とつき、最後に(硫化水素型)とつきます。

 

合体して、酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)です。