大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

中ノ沢温泉 白城屋旅館 寝湯もある凝った内湯に日帰り入浴

白城屋旅館

日帰り入浴時間 10:00〜17:00
日帰り入浴料金 700円
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯露天(男1・女1) 

タオル     サービス

 

源泉  沼尻元湯

泉質  酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

    (含硫黄酸性明礬緑礬泉)

温度          68.3度

成分総計 2761mg      pH2.13


f:id:zenigame1:20220224192505j:image

 

 

 

中ノ沢温泉は毎分1万3400リットルという日本一の湧出量を誇る上流の沼尻元湯からの引湯です。山深い奥地にあった沼尻元湯から1885年にこの地に引湯され、温泉街を形成しました。沼尻スキー場も近く、冬期はスキー客でも賑わいます。


f:id:zenigame1:20220224185211j:image

 

現在は9件の旅館があり、全ての旅館で日帰り入浴可能です。

中ノ沢温泉は徒歩圏内の道路沿いに旅館が並ぶため、旅館をはしごして入浴するのも簡単です。


f:id:zenigame1:20220224185240j:image

白城屋旅館(しろきや)は温泉街の中心部に位置します。

中ノ沢温泉は同じような規模の旅館が道路沿いに並びますが、白城屋、花見屋、扇屋、西村屋の4件は中ノ沢温泉開湯初期からの主要旅館。


f:id:zenigame1:20220224185616j:image

入浴料は700円で中ノ沢温泉の平均入浴価格。

タオルはサービスしてくれます。


f:id:zenigame1:20220224185711j:image

ロビー。


f:id:zenigame1:20220224185944j:image

フロントにはなぜかイカ釣り漁船のプラモデル。


f:id:zenigame1:20220224190028j:image

浴室は玄関から廊下を直進します。


f:id:zenigame1:20220224190314j:image

途中の休憩所。


f:id:zenigame1:20220224190401j:image

浴室入口。一番奥は貸切風呂ですが宿泊者専用。


f:id:zenigame1:20220224190520j:image

脱衣所。ドライヤーあり。浴室との境はレトロなガラスの壁。


f:id:zenigame1:20220224190639j:image

脱衣カゴ。


f:id:zenigame1:20220224190659j:image

内湯。手前は寝湯になっています。中ノ沢温泉で寝湯があるのは白城屋だけ。少し熱めのお湯なのでゆっくり寝るような感じではないです。


f:id:zenigame1:20220224190800j:image

内湯はL字型になっています青緑色を帯びた透明な湯ですが、白い湯の花が底に沈んでおり、入ると舞い上がり少し白濁します。


f:id:zenigame1:20220224190953j:image

寝湯と思いきやこちらは階段。


f:id:zenigame1:20220224191023j:image

湯口は階段状で面白い構造。泉質は酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉と長い泉質。お湯は舐めると非常に酸っぱく、後味に変な金属味がするのが特徴です。硫黄分を多く含みますがゆでたまご臭はあまりしません。


f:id:zenigame1:20220224191226j:image

続いて露天風呂。


f:id:zenigame1:20220224191331j:image

冬期は雪囲いとしてすだれで囲われいます。


f:id:zenigame1:20220224191531j:image

露天風呂は内湯よりも少し緑色が強いように見えました。


f:id:zenigame1:20220224191709j:image

すだれの中なので薄暗く露天風呂感はあまりありませんが、なんか落ち着きます。露天風呂はぬるめでずっと入っていられます。


f:id:zenigame1:20220224191746j:image

中ノ沢温泉は鉄と硫酸イオンを含みます。鉄を含む温泉は普通は赤褐色になりますが、鉄と硫酸イオンどちらも含むと緑礬泉(りょくばんせん)となり、硫酸鉄の淡い緑色を呈します。鉄はわずかなので、飲んでも鉄の味はあまりわかりません。


f:id:zenigame1:20220224191954j:image

浴槽の縁にはキレイな青緑色の析出物がびっしり。成分からすると、白いものは石膏、青緑は硫酸鉄だと思います。


f:id:zenigame1:20220224192144j:image

中ノ沢温泉群馬大学の研究で新型コロナウイルスを不活化する効果が確認されたそうです。そりゃこんだけ酸性強ければコロナ様も死滅するでしょう。


f:id:zenigame1:20220224192251j:image

中ノ沢温泉は沼尻元湯からの引湯。

源泉は沼尻元湯一本のため、どこの旅館も全く同じ成分です。

 

【温泉分析書のみかた】

特筆すべきは水素イオンで、1mg以上で酸性泉となりますが、ここは7.9mgもあります。また総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉ですが、こちらは100mg以上と圧倒的。これだけの硫黄を含みながら、あまりたまご臭がしないのが無事。硫黄分のほとんどが遊離硫化水素ですので、硫化水素型の硫黄泉となります。以上から温泉名の頭には特殊成分として酸性・含硫黄とつき、最後に(硫化水素型)とつきます。

 

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはカルシウムとアルミニウム、陰イオンは硫酸イオンと塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉となります。

合体して、酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)です。

 

ちなみに2014年まではアルミニウムを100mg以上含む温泉を含アルミニウム泉として区分していました。沼尻元湯は78mgで惜しい数字!アルミニウムを含むだけでも珍しいお湯です。

 

また、旧泉質名では鉄イオンと硫酸イオン双方を含むと緑礬泉(りょくばんせん)と呼ばれ、アルミニウムと硫酸イオン双方を含むと明礬泉(みょうばんせん)と呼ばれていました。沼尻元湯はどちらも満たし、含硫黄酸性明礬緑礬泉となります。

 

白城屋旅館は内湯が凝っているのが特徴。

混み会わないのでゆっくり入れます。