大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

中ノ沢温泉 平澤屋旅館 青い瞳の猫がいる旅館で日帰り入浴

平澤屋旅館

日帰り入浴時間 10:00〜18:00
日帰り入浴料金 700円
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯(男1・女1)    

        露天(混浴)

タオル     200円(ロゴあり)

 

源泉  沼尻元湯

泉質  酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

    (含硫黄酸性明礬緑礬泉)

温度          68.3度

成分総計 2761mg      pH2.13


f:id:zenigame1:20220224215542j:image

 

 

中ノ沢温泉は毎分1万3400リットルという日本一の湧出量を誇る上流の沼尻元湯からの引湯です。山深い奥地にあった沼尻元湯から1885年にこの地に引湯され、温泉街を形成しました。沼尻スキー場も近く、冬期はスキー客でも賑わいます。


f:id:zenigame1:20220224212235j:image

 

現在は9件の旅館があり、全ての旅館で日帰り入浴可能です。

中ノ沢温泉は徒歩圏内の道路沿いに旅館が並ぶため、旅館をはしごして入浴するのも簡単です。


f:id:zenigame1:20220224212255j:image

平澤屋旅館は温泉街の入口に位置する旅館。


f:id:zenigame1:20220224212413j:image

フロント。呼べども呼べども宿の方が出て来ず。。


f:id:zenigame1:20220224212443j:image

と思ったらちゃんといました。フロントではなく玄関横のこの小窓で受付をします。入浴料は700円。


f:id:zenigame1:20220224212557j:image

中ノ沢温泉ではかなり大きなロビー。売店もあり。


f:id:zenigame1:20220224212637j:image

タオルは200円。中ノ沢温泉はどこもだいたいロゴなしですが、ここはロゴあり。


f:id:zenigame1:20220224212726j:image

浴室はロビーから廊下を直進します。


f:id:zenigame1:20220224212907j:image

すると予想外に大きな空間に出ます。ここが内湯の入口。

この奥が混浴露天風呂につながります。


f:id:zenigame1:20220224213008j:image

まずは内湯。ドライヤーあり。


f:id:zenigame1:20220224213042j:image

内湯は露天風呂とは繋がっていません。お湯はなかなか熱め。


f:id:zenigame1:20220224213126j:image

シャンプー、ボディソープ類あり。


f:id:zenigame1:20220224213210j:image

薄い青緑色の透明な湯。舐めるとかなり酸っぱく、後味に金属味がします。硫黄分を多く含みますが、たまご臭はあまりありません。


f:id:zenigame1:20220224213331j:image

続いて露天風呂。内湯から奥へ進みます。見逃しちゃう人もいそうですが、平澤屋は露天風呂が素晴らしいので押さえておきたいところ。


f:id:zenigame1:20220224213528j:image

休憩所にあった水鉢。冬なのにちゃんと生花です。


f:id:zenigame1:20220224213617j:image

水鉢は玄関にもありました。これがあるだけで少し雰囲気変わります。


f:id:zenigame1:20220224213700j:image

脱衣所は男女別で奥が男性。露天風呂は混浴で中で繋がっています。


f:id:zenigame1:20220224213745j:image

脱衣所は後付感のある少し狭い造り。


f:id:zenigame1:20220224213824j:image

こちらが露天風呂!美しいまでの青緑色。


f:id:zenigame1:20220224214346j:image

 

中ノ沢温泉は白い湯の花を多く含み底に沈殿しているのですが、こちらは掃除で毎回湯を入れ替えて除いているそう。なのでかき混ぜても濁らず、美しい青緑色を保っています。


f:id:zenigame1:20220224214013j:image

泉質は酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。

鉄と硫酸イオンを含むため旧泉質名では緑礬泉(りょくばんせん)という名前もつきます。緑礬泉は硫酸鉄の影響で薄緑色になるのです。


f:id:zenigame1:20220224214229j:image

露天風呂の上は見事な傘天井。


f:id:zenigame1:20220224214428j:image
かき混ぜても濁りません。



f:id:zenigame1:20220224214611j:image

【温泉分析書のみかた】

特筆すべきは水素イオンで、1mg以上で酸性泉となりますが、ここは7.9mgもあります。また総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉ですが、こちらは100mg以上と圧倒的。そのほんとが遊離硫化水素ですので、硫化水素型の硫黄泉となります。以上から温泉名の頭には特殊成分として酸性・含硫黄とつき、最後に(硫化水素型)とつきます。

 

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはカルシウムとアルミニウム、陰イオンは硫酸イオンと塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉となります。

合体して、酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)です。

 

ちなみに2014年まではアルミニウムを100mg以上含む温泉を含アルミニウム泉として区分していました。沼尻元湯は78mgで惜しい数字!

 

また、旧泉質名では鉄イオンと硫酸イオン双方を含むと緑礬泉(りょくばんせん)と呼ばれ、アルミニウムと硫酸イオン双方を含むと明礬泉(みょうばんせん)と呼ばれていました。沼尻元湯はどちらも満たし、含硫黄酸性明礬緑礬泉となります。

 

 

長くなりましたがそれだけ面白くて特徴のあるお湯。


f:id:zenigame1:20220224214719j:image

帰り際にドアを開けると、ものすごい勢いで猫ちゃんが入ってきました。


f:id:zenigame1:20220224215003j:image

なんだにゃ?


f:id:zenigame1:20220224215044j:image

宿で飼っているわけではなく外猫みたい。

青い瞳は看板猫の貫禄があります。温泉街をうろついているらしい。他にも何匹か外猫がいるようです。普通に撫でれますのでもはや飼猫。

 

平澤屋旅館は露天風呂が特にオススメ!中ノ沢温泉の中でもお湯の色はダントツでキレイな青緑色。高確率で猫にも会えるので、猫好きにもオススメ。