大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

赤湯温泉 近江屋旅館 美しすぎるレトロな円形タイル風呂に日帰り入浴

近江屋旅館

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 

〇日帰り入浴時間 10:00〜15:00
〇日帰り入浴料金 400円
〇露天風呂    なし
〇お風呂の数   内湯(男1・女1)

〇タオル     100円(ロゴなし)

〇客室数     12室

〇公式HP               なし

○混雑度     ほとんど誰にも会わない

○個人的オススメ度 ★★★★☆

 

 

2.場所・電話番号


〇住所  山形県南陽市赤湯292-2

〇電話番号   0238-43-2016

 

 

 

 

3.泉質

 

■源泉  森の山源泉・森の山2号源泉

■泉質  含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

    (含食塩塩化土類硫黄泉)

■温度          60.4度

■成分総計 1911mg      pH7.3

 

4.赤湯温泉について

 


f:id:zenigame1:20220313205647j:image

 

赤湯温泉の開湯は平安時代の1093年。八幡八郎義綱が神のお告げで発見したと言われ、負傷した家来達をその湯に浸からせたところたちまち全快。その際に、お湯が血の色で真っ赤に染まったことから、赤湯と言われるようになったとか。

 

14件もの旅館がありますが、南陽中心市街地と入り混じっているため、温泉街という雰囲気は全くありません。超高級旅館も多く、日帰り入浴にケチな旅館も多いです。全体の半分の7件で日帰り入浴可能。

 

5.外観・館内・お風呂

 

 


f:id:zenigame1:20220313205702j:image

近江屋旅館は旅館がありそうもない国道沿いの一画にあります。

言われなければスルーしてしまいそう。


f:id:zenigame1:20220313205829j:image

玄関前にある源泉槽のような小さな小屋が目印。


f:id:zenigame1:20220313205922j:image

意外と広いロビー。館内は少し暗め。

すぐにご主人が出てきてくれました。

入浴料は400円と激安。


f:id:zenigame1:20220313210030j:image

浴室は玄関から廊下を直進した突き当り。

貸し切りにしておきますとありがたいお言葉。


f:id:zenigame1:20220313210113j:image

浴室入口。タイルの洗面台がなんともレトロ。

結構な年代物だと思いますがきれいに維持されています。


f:id:zenigame1:20220313210230j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20220313210250j:image

先回りしてストーブを点けてくれていたみたいです。


f:id:zenigame1:20220313210320j:image

タオルは100円でロゴなし。歯ブラシつき。


f:id:zenigame1:20220313205626j:image

お風呂は内湯のみ。円形でタイル張りの美しすぎる浴槽。


f:id:zenigame1:20220313210729j:image

お湯は少し熱めですが、一回入ってしまえば適温。

タイルの感触がとても心地よい。


f:id:zenigame1:20220313210819j:image

浴室内はとても静寂。天井からしたたる水滴が美しい波紋を作ります。


f:id:zenigame1:20220313210909j:image

カランは3つ。


f:id:zenigame1:20220313210950j:image

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

旧泉質名では含塩化土類食塩硫黄泉。

わずかな硫黄の香りと塩味。

食塩泉は熱の湯とも言われよく温まることから冷え性などに効能があります。

 

円形のタイル張り内湯は個人的には赤湯温泉で最もオススメ。

貸切で利用させてくれますので誰にも会わずにゆっくり入れます。

 

6.温泉分析書の説明


f:id:zenigame1:20220313211056j:image

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉となります。成分のほとんどは食塩です。

 

また特殊成分として、総硫黄(硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉となります。こちらは2.3mgでギリギリ硫黄泉。

 

 

7.赤湯温泉の日帰り入浴可能な旅館リスト

 

赤湯温泉は超がつく高級旅館も多いため、日帰り入浴には厳しめ。御殿守を以前は日帰り入浴可能でしたが、現在は不可。昔ながらの旅館や小さな旅館で日帰り入浴可能です。時間は変更になる場合がありますので、事前の電話連絡をオススメします。

 

 

旅館名 時間 料金 紹介記事
上杉の御湯御殿守 不可 不可
f:id:zenigame1:20230103221843j:image
山形座瀧波 不可 不可  
松島館 不可 不可  
茱萸 不可 不可  

丹波

9:00~20:00 400円


f:id:zenigame1:20230103221947j:image

現地レポはこちら

森の湯 不可 不可  
旅館大文字屋 11:00~15:00  500円  

旅館大和屋

16:00~20:00 500円

f:id:zenigame1:20230103222251j:image

現地レポはこちら

丹泉ホテル 不可 不可  
升形屋 不可 不可  
むつみ荘 不可 不可  
近江屋旅館 10:00~15:00 400円


f:id:zenigame1:20230103222335j:image

現地レポはこちら

旅館清茂登 いつでも 500円


f:id:zenigame1:20230103222407j:image

現地レポはこちら

旅館歌丸 10:00~15:00 500円


f:id:zenigame1:20230103222440j:image

現地レポはこちら