大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

瀬波温泉 湯元龍泉 湯けむり迫る日本海側最大級の野天風呂に日帰り入浴

湯元龍泉

 

 

基本情報
 

【日帰り入浴時間】

9:00〜22:00(受付21:00まで)

【日帰り入浴料】

900円

【タオル】

210円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

5室

【公式HP】

https://www.ryusen.org/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号
 

 【住所】

新潟県村上市瀬波温泉2-2-25

【電話番号】

0254-52-5251

 

泉質


 
■源泉

ラピス1号

■泉質   

含硫黄-ナトリウム-塩化物泉

■温度           

 89.1度 

■pH値

8.7

■成分総計  

3049mg

 

瀬波温泉ってこんなところ



f:id:zenigame1:20240211121843j:image

 

瀬波温泉は1904年開湯の新しい温泉。

石油掘削中に突如150度の高温の源泉が噴出し、温泉として利用したのが始まりです。

開湯当初から豊富な湯量を誇り、多くの旅館が立ち並びました。

 

20231013233052

 

写真は戦前の瀬波温泉

昭和になると、海岸線沿いに大型旅館が建設され、大きな温泉街に発展しました。

源泉はあちらこちらで湯気を上げていて、温泉街らしい景観となっています。

海水浴場が目の前にあることから、夏場は特に賑わいを見せ、新潟県でも有数の賑やかな温泉街です。

 

f:id:zenigame1:20220320210503j:image

瀬波温泉を見下ろす高台にある源泉。温泉は地下252mに湯脈があり1951年頃までは自噴していましたが、現在は空気を送り込んでお湯を噴き上げさせているそう。



 

宿泊もできる日帰り温泉施設


f:id:zenigame1:20240211121905j:image

湯元龍泉は瀬波温泉の中心部、はぎのやの前にある日帰り温泉施設。

日帰りメインですが、宿泊も可能です。隣接する四川飯店の食事がセットになったプランもあります。


f:id:zenigame1:20240211122048j:image

龍泉の建物とつながっている四川飯店。

日帰り温泉施設によくある普通の食事処ではなく、瀬波温泉でも一番の人気誇る飲食店。超本格的な麻婆豆腐が味わえると人気です。


f:id:zenigame1:20240211154511j:image

龍泉と書かれた源泉やぐらが2本。工業地帯のようにモクモクとけむりを上げています。


f:id:zenigame1:20240211154633j:image

龍泉は玄関の門がやたらと立派です。


f:id:zenigame1:20240211154719j:image

入口は普通です。

朝9時から夜の10時まで長い時間営業しています。


f:id:zenigame1:20240211154742j:image

玄関には村上らしく塩引き鮭。

よく見ると名札が付いていて、地元の小学生が作ったもののよう。

 

日帰り入浴料は900円。タオルは210円です。

券売機で券を購入し、下足ロッカーの鍵と一緒に受付へ。

 

休憩室が充実しています


f:id:zenigame1:20240211155359j:image

館内はザ日帰り入浴施設という感じで賑やか。

龍泉はリラクゼーションルームが充実していて、マッサージも受けることができます。

大浴場前にはマッサージ師が何人かスタンバイ。

帰りに間違えて入ってしまったのですが、「あっ マッサージですか?どうぞどうぞ」と笑顔でものすごく歓迎されてしまいました。


f:id:zenigame1:20240211155811j:image

休憩室もすごくデカい。ここは漫画やテレビなどが置かれていますが、この奥にもテーブルが置かれた休憩室があり、みなさん寛いでいました。これは地元の人に人気ありそう。


f:id:zenigame1:20240211160737j:image

ではお風呂へ。いきなり洗い場が登場する面白い構造。

この先に内湯があり、その奥が名物の大野天風呂

内湯は塩素臭強めで、あまり温泉らしさがなかったのでパス。

 

スケールがデカい野天風呂


f:id:zenigame1:20240211160913j:image

こちらが露天風呂。さすがのビッグサイズです。

日本海側最大級をウリにしていますが、あながち間違いでもないかも。手前にジャグジー風呂、真ん中が東屋のかかった露天風呂、その奥に滝湯があり、全部で3つのお風呂にわかれています。


f:id:zenigame1:20240211161048j:image

なんと言っても目に入るのは源泉やぐらからの湯けむり。

シューみたいな音はありませんが、湯けむりを眺めながらの入浴は貴重な体験です。数多の風呂に入ってきた私でもこれは初めて。


f:id:zenigame1:20240211161250j:image

まずはジャグジーから。湯けむりを眺めるならここがベストポジション。


f:id:zenigame1:20240211161413j:image

メインの東屋露天風呂。ここも相当大きいです。


f:id:zenigame1:20240211161446j:image

よく見ると小さなアヒルさんが何匹か浮かべられていました。

何故かどうやってもひっくり返る。。


f:id:zenigame1:20240211161615j:image

こちらの泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物泉。

旧泉質名では食塩硫黄泉と言います。

ラピス1号という源泉を使用。

源泉やぐらが横にあるのでかけ流しであって欲しいですが、残念ながら循環消毒あり。

 

この源泉は瀬波温泉では少しマイルドで、特徴である揮発系のアブラ臭と薬品臭は弱め。

pH8.7でアルカリ性が高いため、少しヌルスベ感もあります。

硫黄分は4.2mgとわずかのため、ほとんど感じません。


f:id:zenigame1:20240211161903j:image

一番奥の滝湯。


f:id:zenigame1:20240211162153j:image

滝はちょろちょろした感じで、打たせ湯ほどの刺激はありません。


f:id:zenigame1:20240211162022j:image

滝湯に注がれた源泉が川のように流れて、東屋露天風呂に注がれていました。


f:id:zenigame1:20240211162126j:image

滝湯からみるとこんな感じ。かなり大きな露天風呂であることがわかります。

 

湯元龍泉は瀬波温泉で人気の日帰り入浴施設。

瀬波温泉はいわゆる共同浴場がないので、手軽に瀬波温泉を楽しむのに重宝します。

結構混みそうな感じもしますが、土曜日でも午前中はそこまで混んではいませんでした。

次回は四川飯店の麻婆豆腐もセットで楽しみたいです。

 

 

温泉分析書 わずかに硫黄を含む食塩泉

 


f:id:zenigame1:20240211162444j:image

 

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは3049mgで、陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。

 

 その他に総硫黄(硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉となりますが、こちらは4.2mgあるので、基準を満たします。

 

以上より含硫黄-ナトリウム-塩化物泉となります。