大露天風呂の日記

現在647湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

藪塚温泉 湯元藪塚館 こだわりがすごい!レトロタイルの舟風呂に日帰り入浴

湯元藪塚館
 

 

 

基本情報

 

 【日帰り入浴時間】

9:00〜15:00

【日帰り入浴】

1000円

【タオル】

300円

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】

10室

【公式HP】   

https://yabuzukakan.com/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号


 
 【住所】

群馬県太田市藪塚町211

【電話番号】

0277-78-2518

 

泉質

 
■源泉

藪塚温泉

■泉質   

2条鉱泉(メタケイ酸の項目で温泉に該当)

■温度           

16.3度 

■pH値

7.3

■成分総計  

456mg

 

藪塚温泉ってこんなところ


 f:id:zenigame1:20231112200803j:image

藪塚(やぶづか)温泉は群馬県太田市にある温泉。群馬県の温泉地には北部に固まっていますが、藪塚温泉は温泉が少ない南部の貴重な温泉地。


f:id:zenigame1:20231112201237j:image

のどかな田園地帯に5件ほどの旅館が軒をつらねます。

室町時代開湯と伝えられ、新田義貞隠し湯と呼ばれてきました。一時衰退したものの、明治時代に再興。戦時中は中島飛行機の地下軍需工場が設けられました。

日帰り入浴には冷たい温泉地で、一件のみ可能です。

 

創業100年余りの老舗旅館

 


f:id:zenigame1:20231112201930j:image

 湯元藪塚館は藪塚温泉で唯一日帰り入浴可能な旅館。

全盛期10件ほどもあった藪塚温泉ですが、現在は半分以下にまで減少。


f:id:zenigame1:20231112202533j:image

藪塚温泉唯一の大型旅館であったホテルふせじまが2022年11月に閉館。皇族も泊まられた名のある旅館の倒産は、私も結構な衝撃を受けました。


f:id:zenigame1:20231112203035j:image

温泉街のリーダーをなくした藪塚温泉は、ずいぶんと寂しくなりました。スイカ型の電球がちょっとかわいい。


f:id:zenigame1:20231112202209j:image

藪塚館は明治時代創業の老舗旅館で、規模は小さめ。

奥には御殿のような立派な建物も見えます。


f:id:zenigame1:20231112202903j:image

ちょうどホテルふせじまの裏側にあります。


f:id:zenigame1:20231112203010j:image

10時前に日帰り入浴可能か電話したところ、「今からでも大丈夫ですよ」のこと。


f:id:zenigame1:20231112203503j:image

館内に入るとこんな感じ。

ですが呼んでも呼んでも人が出てきません。

奥の方で掃除機の音が聞こえたので尋ねてみると、

「ちょっと待ってください。今店主がいなくて」とのことで、携帯で連絡。


f:id:zenigame1:20231112203706j:image

10分ほど待って宿のおじさんがワゴン車で到着。

伺う際は時間をあらじめ伝えておいたほうが良さそうです。

日帰り入浴料は1000円。ひなびた感じの宿だったので、ワンコインくらいかと予想していましたが、意外と高め。


f:id:zenigame1:20231112205851j:image

フェイスタオルも300円でちょい高め。


f:id:zenigame1:20231112204054j:image

お風呂は玄関の横にあります。

 

昭和の銭湯のような浴室

 


f:id:zenigame1:20231112204202j:image

この先がお風呂。


f:id:zenigame1:20231112204235j:image 

年代物のマッサージチェア


f:id:zenigame1:20231112204341j:image

お風呂入口。宿のおじさんが先回りしてお湯のたまり具合をチェック。「大丈夫ですよ」とのこと。


f:id:zenigame1:20231112204425j:image

廊下も入口も渋い感じがして、これは期待できそう。


f:id:zenigame1:20231112204650j:image

脱衣所。昭和の銭湯のような造りで、男湯と女湯で天井がつながっています。このときは私以外誰もいませんでしたが、しゃべり声とかは丸聞こえだと思います。

 

絶滅危惧種のタイル風呂


f:id:zenigame1:20231112204845j:image

こちらがお風呂。おお なんてレトロ。今どきなかなか珍しいタイルのお風呂。露天風呂はなく、シンプルに内湯のみ。


f:id:zenigame1:20231112205333j:image

ガス燈風の照明もいい感じの雰囲気。

お風呂も天井で男湯と女湯がつながっています。


f:id:zenigame1:20231112205041j:image

ここまで渋いお風呂は今や群馬でもほとんど残っていません。


f:id:zenigame1:20231112205526j:image
モザイクタイルが鮮やかで、正面にはタイル画も。

ヒッタイトの壁画みたいなオリエント風。


f:id:zenigame1:20231112205227j:image

舟風呂と名付けられたお風呂はよく見ると、まんま舟の形。


f:id:zenigame1:20231112205547j:image

しかもよく見ると、いかり的なリングも付いていました。

こういう細かいところへのこだわりが面白い。


f:id:zenigame1:20231112205508j:image

肝心の温泉はというと、メタケイ酸の項目により温泉に該当する鉱泉。源泉は16度と低いため、加温されていますが、熱すぎずちょうどよい感じ。

塩素消毒や加水はありませんが、循環ろ過あり。

 

成分的には薄い鉱泉なので、そこまで温泉らしさはありませんが、美肌成分と言われるメタケイ酸。浴後は肌がさらさらになりました。


f:id:zenigame1:20231112205832j:image

カランも昔のままといった感じ。


f:id:zenigame1:20231112210144j:image

湯元藪塚館は今では珍しい昭和レトロなタイル風呂が自慢。

どちらかというとマニア向けな感じがしますが、藪塚の湯を唯一の

日帰りで楽しめる貴重な旅館。

 

 

温泉分析書 メタケイ酸を含む鉱泉

 


f:id:zenigame1:20231112210509j:image

 

 

鉱泉分析指針では、泉温が25度以上または溶存物質が1000mg以上で温泉になりますが、こちらは源泉温度が16.3度で冷たい鉱泉。溶存物質も456mgしかないため、鉱泉分析指針上の療養泉として泉質名がつく温泉になりません。

ただし、温泉法上の特定の成分を一定量含む場合には、泉質名はありませんが温泉として名乗れます。

メタケイ酸を50mg以上含むと温泉となりますが、こちらは86mg含むのでクリア。

この場合、「メタケイ酸の項目により、温泉法2条の温泉に該当」などと書かれます