大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

須玉温泉 若神楼 超ビッグスケールな名石大露天風呂に日帰り入浴

若神楼


 
 

 

 

基本情報

 

 
 【日帰り入浴時間】

15:00〜20:00

【日帰り入浴料】

1000円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1) 

【客室数】

39室

【公式HP】   

https://www.wakamiro.co.jp/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号


 
 【住所】

山梨県北杜市須玉町若神子5250

【電話番号】

0551-42-3378

 

 

泉質

 

■源泉

須玉温泉若神楼

■泉質   

単純温泉

■温度           

 27.5度 

■pH値

7.3

■成分総計  

672mg

 

 

須玉温泉について


 
f:id:zenigame1:20230910183805j:image

須玉温泉は中央道須玉インターからすぐの高台にある温泉。

1980年に湧出した比較的新しい温泉です。

旅館は若神楼の一軒のみです。

 

 

 

高速道路から見える和風旅館

 


f:id:zenigame1:20230910184105j:image

若神楼は鉄筋5階建ての純和風の旅館。

高台にあることと、まあまあ大きい建物ので、中央道からでもはっきり見えます。


f:id:zenigame1:20230910190231j:image

なんとなく旅館なのは外観から分かっていましたが、高速を通るたびに気になる存在。

今回始めて訪れてみました。

下の駐車場に車を停めて、まずは立派な門をくぐります。

 


f:id:zenigame1:20230910185704j:image

立派な旅館ですが、残念ながらちょうど外壁工事中。

そんなわけで、宿泊客で普通なら混み合うであろう15時に伺いましたが、意外と混んでいませんでした。


f:id:zenigame1:20230910190209j:image

玄関まではちょっとした橋を渡るしかけ。


f:id:zenigame1:20230910190707j:image

高台にあるため眺めもよいです。


f:id:zenigame1:20230910190736j:image

ロビー。天井が高くちょっといい旅館の雰囲気。


f:id:zenigame1:20230910190914j:image

旅館のロゴもかっこいい。

日帰り入浴料は1000円。女性スタッフの方が対応。

「お風呂へは、階段を下りて、廊下をまっすぐ進みドアを開けて、また階段を下りて...」

なんとなく、お風呂まで遠そうなことはわかりました。


f:id:zenigame1:20230910191213j:image

まずは玄関入ってすぐ、この立派な大階段を下ります。


f:id:zenigame1:20230910191306j:image

一階へ到着。左へ曲がります。


f:id:zenigame1:20230910191334j:image

長ーい廊下を進みます。客室がズラッと並んでいました。


f:id:zenigame1:20230910191409j:image

書院障子のある趣ある戸を開けて、一回外へ。


f:id:zenigame1:20230910191506j:image

外階段を下りていきます。

お風呂までの距離が遠いところは、結構アタリのお風呂が多いので、ちょっと期待感が高まりますね。


f:id:zenigame1:20230910191625j:image

見えてきました。

 

和風感たっぷりのお風呂棟

 


f:id:zenigame1:20230910191749j:image

瓦屋根の建物はすべてお風呂棟。

誰に向けて書いているの謎ですが、「歓迎 露天風呂」とでっかく書いてあります。

これはなかなかすごそうな感じ。


f:id:zenigame1:20230910191715j:image

ガラガラと扉を開けると、おーこれは素晴らしい。

楼という名前がつく旅館にふさわしい、高級感ある落ち着いた木造建築。

f:id:zenigame1:20230910191958j:image

ロビーにも増して、一段と純和風な空間が広がります。


f:id:zenigame1:20230910192118j:image

入って右側が男湯、左側が女湯です。


f:id:zenigame1:20230910192658j:image

脱衣所も木造でなんか雰囲気ある。

寒いくらいにシャッキリと冷房が効いています。


f:id:zenigame1:20230910192804j:image

この扉の向こうが大浴場。

 

源泉はかなり冷たいです


f:id:zenigame1:20230910192831j:image

こちらが大浴場。かなり広いです。


f:id:zenigame1:20230910193010j:image

内湯はこんな感じ。浴槽は2つに分かれており、左側の岩で囲まれた部分が源泉。大きな浴槽は加温されており、循環消毒もありです。


f:id:zenigame1:20230910193130j:image

源泉は27度で結構冷たいです。 

源泉浴槽なので、頑張って入ろうと思いましたが、30度を下回ると人間はなかなか入れないもの。腰辺りまで浸かってギブアップ。


f:id:zenigame1:20230910193236j:image

ちょっと黒っぽく濁っているようにも見えますが、たぶん透明。

泉質は単純温泉です。


f:id:zenigame1:20230910193408j:image

成分的には重曹を主成分としています。

それに加えて、メタケイ酸も100g以上と多めに含んでいます。

重曹もメタケイ酸も美肌効果の高い温泉。

須玉温泉はまさに美肌の湯です。


f:id:zenigame1:20230910193717j:image

続いて露天風呂へ。「名石大露天風呂」と書かれており、期待できそう。

 

各地の名石をかき集めた巨大露天風呂


f:id:zenigame1:20230910193807j:image

階段を降りると露天風呂。

おー!すげえでかい露天風呂が見えます。


f:id:zenigame1:20230910194033j:image

白や赤など様々な石が配された露天風呂。

赤岩はわざわざ四国から運んできたものだそう。

その他、甲州産の銘石も置いています。

浅めの露天風呂で、温度もぬるめ。ずっと入りたくなる感じです。


f:id:zenigame1:20230910194137j:image

露天風呂は更に奥まで続いている巨大さ。

このサイズは山梨でも有数なんじゃないでしょうか。

岩露天風呂に力を入れる石和温泉でも、ここまでデカいのはありませんでした。

 

f:id:zenigame1:20230910194300j:image

中央にはひときわ目立つ白色の個性的な形の石。

きっとこれが名石中の名石なんでしょう。


f:id:zenigame1:20230910194519j:image

名前はわかりませんが、庭石にしたらなかなか高級な石だと思います。所々苔むした緑がいいアクセント。


f:id:zenigame1:20230910194621j:image

お湯や石もさることながら、周りは山になっているので、ここはとにかく空気が美味しい。八ヶ岳が近い立地なので、空気も清涼。時折吹いてくる風にも緑の匂いがあります。

 

露天風呂がかなり心地よかったので、しばらくここでまったり。

ですが、結局誰にも会いませんでした。

こんなに大きい露天風呂だと、混んでもおかしくないのですが、

ゆっくり入れるのはとても魅力。

 

温泉分析書 冷たい源泉の単純温泉

 


f:id:zenigame1:20230910195021j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。

こちらは672mgのため、単純温泉です。

もし1000mgを超えていれば、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉となる温泉で、成分的には重曹と食塩を主成分としています。