大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

石和温泉 くにたち ツタだらけの緑のカーテン風呂に日帰り入浴

くにたち

 

 

 

 

基本情報

 
 【日帰り入浴時間】

13:00〜21:00

【日帰り入浴料】

1000円

【タオル】

入浴料に含まれる

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

19室

【公式HP】   

https://www.isawa-kunitachi.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 【住所】

山梨県笛吹市石和町川中島410

【電話番号】

055-263-2311

 

 

泉質


 
■源泉

不明

■泉質   

アルカリ性単純温泉

■温度           

 不明

■pH値

不明

■成分総計  

不明

 

 

石和温泉について 

 


f:id:zenigame1:20230906204818j:image

石和温泉山梨県中央部の笛吹市にある温泉。現在でも40件近い旅館やホテルがひしめく山梨県最大の温泉地です。甲府からもすぐという好立地の温泉のため、大型旅館が多いのが特徴。


f:id:zenigame1:20230906213814j:image

 

これだけの大きな温泉ですが、温泉の歴史が新しいのが驚き。

1956年頃からブドウ畑の井戸掘削で温泉が湧出していましたが、1961年にブドウ畑から突如、毎分2000リットルというすさまじい湯量の温泉が湧出。瞬く間に周囲の田畑に流れ出し、青空温泉として一躍有名になりました。溢れ出したお湯に老若男女が所狭しとつかる光景は今では信じられませんが、それだけインパクトがあったのでしょう。


f:id:zenigame1:20230906205104j:image

 

旅館は石和温泉駅前のエリアと温泉通りと呼ばれる大通り沿いの2つのエリアに密集しています。主要な旅館のほとんどで日帰り入浴可能です。

 

 

民芸風の和風旅館

 


f:id:zenigame1:20230906204937j:image

くにたちは石和温泉の温泉通り沿いにある中型旅館。

くにたちという特徴的な旅館名ですが、正確にはくつろぎの邸 くにたちという名前。

石和温泉でも指折りの高級旅館である糸柳の姉妹館です。


f:id:zenigame1:20230906205319j:image

全体的に黒っぽい和風旅館なので、目立ちます。

ちなみに、奥に見えるかげつという旅館は、石和温泉でも有数のお高い旅館で、日帰り入浴不可です。

 

f:id:zenigame1:20230906205744j:image

駐車場は旅館のちょっと西側です。


f:id:zenigame1:20230906205255j:image

なかなか立派な玄関。

 

f:id:zenigame1:20230906205449j:image

玄関階段の横にはたくさん錦鯉がいました。

 

高級感のある畳敷き館内


f:id:zenigame1:20230906205437j:image

こちらがロビー。畳敷きのおもしろいロビーです。

壁はほとんど窓なので、かなり明るい雰囲気。


f:id:zenigame1:20230906210007j:image

旅館中央の中庭を囲むように建物が立っています。

掃除機がチラッと写っていますが、ちょうどおばちゃんがお掃除中。

日帰り入浴をお願いすると、すぐに受付スタッフを呼んでくれました。


f:id:zenigame1:20230906211105j:image 

中庭にもかなりの数の錦鯉がいました。

 

f:id:zenigame1:20230906210428j:image

こんなオシャレな休憩所もあります。大正ロマン風。


f:id:zenigame1:20230906210403j:image

フロントはこんな感じで独特です。座って受付するスタイル。 日帰り入浴料は1000円。ちなみにこちらは嵐の湯という薬石サウナを併設していますが、嵐の湯は別料金で2200円です。

糸柳は入浴だけでも2000円するので、お風呂だけなら安く感じます。


f:id:zenigame1:20230906210706j:image

それではお風呂へ。館内は全体的にかなりキレイで清潔感があります。


f:id:zenigame1:20230906210749j:image

脱衣所。ここもめっちゃきれい。


f:id:zenigame1:20230906210814j:image 

よく見るとドライヤーはなんと超高級なダイソン。

偽物かと思いましたが、ホンモノでした。

旅館にあるのはほとんど見たことがなく、あっても有料だったりするのですが、ここは自由に使えます。

ちなみに糸柳にもダイソンがありました。

 

ミニ体育館のような大浴場


f:id:zenigame1:20230906211005j:image

こちらが大浴場。

天井がかなり高いお風呂です。純和風な館内とは異なり、お風呂は和風感なし。例えるならミニ体育館みたいな雰囲気。

あまりお風呂では見かけない独特な感じです。


f:id:zenigame1:20230906212111j:image

大浴場はこんな感じ。やたらと石が多いお風呂ですが、浴槽の中にも所々に巨石が鎮座。内湯はちょっと熱めです。


f:id:zenigame1:20230906213334j:image

洗い場。


f:id:zenigame1:20230906212245j:image

浴室中央には寝そべれそうなテーブル型の巨石も。


f:id:zenigame1:20230906212336j:image 

このたくさんの石は宿のウリの一つ。

ヘルストン活性石温泉というのは初めて聞きましたが、天然石から出るミネラルを活かした人工温泉のこと。 たくさん置いてあった巨石はお湯にミネラルを溶け込ませるためのものだったよう。


f:id:zenigame1:20230906212526j:image

もちろん石和温泉ですので、お湯はもともと温泉です。

泉質はアルカリ性単純温泉

アルカリ性単純温泉と巨石のミネラルで温泉パワーも強まるのかしら。


f:id:zenigame1:20230906212728j:image

内湯も独特ですが、露天風呂もなかなか個性的。

外に出るとまず目に入るのは、ツタがカーテンのように生い茂る建物。向かいの建物はまあまあボロい感じで、これもなかなか味があります。

 

風が吹き抜けるツタ露天風呂


f:id:zenigame1:20230906212836j:image

お湯に浸かるとこんな目線なのですが、やっぱりツタの存在感がすごい。。建物と建物の間に露天風呂がある感じなのですが、このためか、風の通りがよいお風呂で、時たま気持ちの良い風が吹き込み、ツタがザワザワとゆらめきます。


f:id:zenigame1:20230906213150j:image

露天風呂は少しぬるめで入りやすく、しばしこの個性的なお風呂を堪能しました。

 

くにたちは糸柳の姉妹館だけあって、館内はとてもキレイで清潔感あります。その割には日帰り入浴料が安く、お得感もあり。お風呂は内湯も大浴場も、他とは一線を画する雰囲気なので、ちょっと特徴のあるお風呂に入ってみたい方にオススメです。

 

石和温泉の他の日帰り入浴はこちら↓

 

www.dairotenburo.com