大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

浅間温泉 和泉荘 中庭のど真ん中にある庭園露天風呂に日帰り入浴

和泉荘


 
 

 

基本情報

 
 【日帰り入浴時間】

12:00〜20:00

【日帰り入浴料】

700円

【タオル】

300円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

36室

【公式HP】

http://www.izumiso.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号

 
 【住所】

長野県松本市浅間温泉1-29-9

【電話番号】

0263-46-2323

 

泉質

 
■源泉

第2、4号源泉、山田源泉、大下源泉、東北源泉

■泉質   

アルカリ性単純温泉

■温度           

 42.8度 

■pH値

8.6

■成分総計  

447mg

 

浅間温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20231231114612j:image


浅間温泉は長野県松本市にある温泉。浅間という名前ですが浅間山とは全く関係ありません。日本書紀に登場する束間という地名が浅間温泉を指すとされ、1300年以上の歴史を有する古い温泉です。平安時代頃から浅間温泉と呼ばれるようになり、江戸時代には松本城主の御殿湯も置かれました。


f:id:zenigame1:20231231114850j:image

市街地に溶け込むように20件近い旅館があり、割と大きな温泉地です。かつてはほとんどの旅館で日帰り入浴可能だったようですが、現在は5件ほどで可能。

 

意外と大きな和風旅館


f:id:zenigame1:20231231114647j:image

和泉荘は浅間温泉の玄関口にある旅館。


f:id:zenigame1:20231231114818j:image

玄関から見ると小さく見えますが、背後に鉄筋の客室棟があり、なかなか大きな旅館です。 

浅間温泉は超大型旅館はないのですが、これくらいのサイズの中規模和風旅館が多いです。


f:id:zenigame1:20231231114721j:image

場所的には玉之湯旅館の目の前で、通りを挟んで並ぶように立っています。右側が和泉荘。


f:id:zenigame1:20231231115048j:image

ロビー。日帰り入浴は700円です。


f:id:zenigame1:20231231115122j:image

受付はフロントに置かれた券売機で入浴券を買います。

日帰り入浴には積極的なようです。

 

f:id:zenigame1:20231231115201j:image

タオルは300円。袋はついてますが、残念ながらロゴなし。


f:id:zenigame1:20231231115253j:image

お風呂はロビーからすぐ。一階にあります。

 

かなり大きな大浴場と庭園露天風呂


f:id:zenigame1:20231231115342j:image

お風呂入口。


f:id:zenigame1:20231231115411j:image 

脱衣所。


f:id:zenigame1:20231231122817j:image 

こちらが大浴場。


f:id:zenigame1:20231231123018j:image

かなりのサイズで浅間温泉でも最大級だと思います。


f:id:zenigame1:20231231123001j:image

最初お湯は出ていませんでしたが、人感センサーなのか、

近づくとドバーとお湯が出てきます。


f:id:zenigame1:20231231123324j:image

続いて露天風呂へ。中庭部分に庭園風の露天風呂があります。

周りは客室などが囲んでいますが、絶妙に見えなくなっているようでした。


f:id:zenigame1:20231231124042j:image

和風な感じいいのですが、竹垣の向こうはロビーラウンジ。

これはちょっと立ったら見えそうな気が。。


f:id:zenigame1:20231231123501j:image

泉質はアルカリ性単純温泉

大型ホテルなのでしょうがないですが、循環消毒あり。

浅間温泉は源泉が何本かあり、各旅館により微妙に成分が異なります。道路を挟んで向かい側の玉之湯とは同じ源泉。

 

岩の配置が絶妙で、すっぽりと体がはまってしまい、かなり落ち着く露天風呂でした。お湯も内湯よりも若干ぬるめで、長湯できます。

 

和泉荘は日帰り入浴に積極的で利用しやすい旅館です。

循環消毒ありですが、広い大浴場と庭園露天風呂を楽しめます。

 

 

温泉分析書の説明 アルカリ性単純温泉です

 


f:id:zenigame1:20231231124029j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは447mgのため、単純温泉です。 単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉となる温泉です。 

 

また、pH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH8.6でアルカリ性です。 以上より、アルカリ性単純温泉になります。