大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

石和温泉 旅館深雪温泉 源泉超大量かけ流しのパーフェクト温泉に日帰り入浴

旅館深雪温泉


 

 

 

基本情報

 

 【日帰り入浴時間】

11:00〜18:00

【日帰り入浴料】

1300円

【タオル】

300円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

15室

【公式HP】   

http://www.kanjukunoyu.com/miyuki/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 【住所】

山梨県笛吹市石和町市部82-28

【電話番号】

055-262-4126

 

 

 

泉質

 

■源泉

完熟の湯

■泉質   

単純温泉

■温度           

 48.7度 

■pH値

8.4

■成分総計  

461mg

 

 

石和温泉について

 


f:id:zenigame1:20230903230938j:image

 

石和温泉山梨県中央部の笛吹市にある温泉。現在でも40件近い旅館やホテルがひしめく山梨県最大の温泉地です。甲府からもすぐという好立地の温泉のため、大型旅館が多いのが特徴。


f:id:zenigame1:20230903231058j:image

これだけの大きな温泉ですが、温泉の歴史が新しいのが驚き。

1956年頃からブドウ畑の井戸掘削で温泉が湧出していましたが、1961年にブドウ畑から突如、毎分2000リットルというすさまじい湯量の温泉が湧出。瞬く間に周囲の田畑に流れ出し、青空温泉として一躍有名になりました。その後、豊富な湯量を活かし、大型旅館や歓楽街が形成され、現在のような姿になりました。

 

旅館は石和温泉駅前のエリアと温泉通りと呼ばれる大通り沿いの2つのエリアに密集しています。主要な旅館のほとんどで日帰り入浴可能です。

 

 

温泉マニアから注目される旅館

 


f:id:zenigame1:20230903232128j:image

深雪温泉旅館は石和温泉の西部にある旅館。

石和温泉には複数の源泉があり、こちらの旅館も自家源泉を持っています。


f:id:zenigame1:20230903234236j:image

大型旅館で循環消毒が多い石和温泉は、温泉好きからレポートもされませんが、こちらの旅館はその贅沢な湯使いから温泉マニアも一目置く存在。


f:id:zenigame1:20230903234252j:image

玄関前には贅沢な湯使いをアピールするかのように、源泉が並々と溢れるやぐらが鎮座しています。


f:id:zenigame1:20230903232906j:image

旅館は国道沿いの交差点という市街地の中にあります。

深雪温泉という名前がついていますが、場所的には石和温泉のど真ん中。


f:id:zenigame1:20230904000002j:image

目の前にはドラッグストアがあったりと、さすがは市街地の中の石和温泉


f:id:zenigame1:20230903234223j:image

駐車場は交差点の反対側にあります。

奥に見える大きな旅館はホテル古柏園。


f:id:zenigame1:20230903235203j:image

ロビーはモダンな感じ。日帰り入浴にはとても積極的で、毎日の営業状況をHPで公開しています。よっぽど人気なのでしょう。

なので、電話しなくてもHPを確認すればオッケイです。

 

日帰り入浴は超積極的です

 

f:id:zenigame1:20230903235428j:image

日帰り入浴料は1300円とかなり高め。

地元の方も普段使いするにはちと高いと思うのですが、お客さんはかなり来ていました。混むと思ったのでオープン同時の10時半に到着。


f:id:zenigame1:20230903235642j:image

フェイスタオルは300円。好きな色を選べます。

タオルには完熟の湯と書かれており、名前からしお湯にはかなりこだわってそう。


f:id:zenigame1:20230903235856j:image

お風呂はロビーからすぐ。廊下左側です。


f:id:zenigame1:20230903235940j:image

脱衣所は意外と小さめ。小綺麗な感じです。


f:id:zenigame1:20230904000154j:image

アメニティもしっかりしています。

 

圧倒的湯量のふたつの源泉

 


f:id:zenigame1:20230904000234j:image 

こちらが大浴場。大浴場の奥には露天風呂が続いています。


f:id:zenigame1:20230904000535j:image

完熟の湯という名前の源泉は、50度の完の湯と、36度の熟の湯という温度の異なる2つの源泉をブレンド。これにより、加水は一切せずにお湯は適温に保たれています。


f:id:zenigame1:20230904000743j:image

大浴場の中を歩いて露天風呂へ行くと。これはすごい。

かなりのビッグサイズです。

 

石和温泉唯一の完全源泉かけ流し

 


f:id:zenigame1:20230904000900j:image

泉質は単純温泉。露天風呂も2つの湯口から2種類の源泉がドバドバと注がれています。すごいのは全部かけ流しであること。

循環もろ過も塩素消毒もありません。


f:id:zenigame1:20230904001352j:image

泉質的にはそんなに特徴はないのですが、この大量源泉かけ流しこそ深雪温泉が有名な理由。

大型旅館ばかりの石和温泉で、これができるのは深雪温泉だけです。


f:id:zenigame1:20230904001118j:image

これだけの大きなお風呂を完全な源泉かけ流しにするのは、普通は至難の業。豊富な湧出量がないとできませんが、こちらの源泉は毎分1415リットルというとてつもない湯量を誇るため、完全かけ流しで温泉が楽します。


f:id:zenigame1:20230904001219j:image

お湯に浸かるとこんな景色。ぶどう畑の棚にも似ている屋根がかかっています。

交差点の横にあるため、景色はないのですが、泳げそうな広さの源泉かけ流しの温泉を堪能。

オープン同時だったので、最初は誰もおらず独占して楽しめました。

 

 

深雪温泉は豊富な湯量と、源泉かけ流しがウリの温泉。

日帰り入浴料はちょっと高いですが、続々とお客さんが訪れる超人気の温泉です。日帰り入浴にはかなり積極的なので利用しやすいのも魅力。石和温泉で源泉かけ流しを求めるなら深雪温泉一択ですよ。

 

石和温泉の他の日帰り入浴はこちら↓

 

www.dairotenburo.com

 

 

 

温泉分析書 石和では濃い目の源泉です

 


f:id:zenigame1:20230904001925j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。

こちらは461mgのため、単純温泉です。

もし1000mgを超えていれば、ナトリウム-塩化物泉となる温泉で、成分的には食塩を主成分としています。