大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

舘山寺温泉 サゴーロイヤルホテル 浜名湖一望の超絶景露天に日帰り入浴

サゴーロイヤルホテル

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 
○日帰り入浴時間 11:00〜18:00(受付17時まで)

○日帰り入浴料金 1100円
○露天風呂    あり
○お風呂の数     内湯(男1・女1)  

         屋上露天(男女入替1)

○タオル     フェイスタオルは入浴料に含まれる

○客室数     97室

○公式HP     https://www.3535.co.jp/royal/

○混雑度       お風呂で会った人数 1人

○個人的オススメ度 ★★★★★

 

2.場所・電話番号


 
 〇住所  静岡県浜松市西区舘山寺町3302

〇電話番号   053-487-0711

 

 

 

 

3.泉質

 

■源泉   舘山寺7号源泉

■泉質   ナトリウム・カルシウム-塩化物強温泉

■温度            29.0度 pH7.8

■成分総計  22650mg

 

 

4.舘山寺温泉について

 


f:id:zenigame1:20220830213745j:image

 

 

舘山寺(かんざんじ)温泉は風光明媚な浜名湖の湖畔にある温泉。静岡といえば熱海や伊豆など多くの温泉地があるイメージですが、伊豆半島を除けば温泉は少なく、舘山寺温泉は貴重な存在。

 

温泉の歴史は昭和に入ってからと新しく、1953年に観光開発を目的として温泉掘削がなされました。海に近いため、塩分濃度の濃い温泉です。湧出量が少ないため、開湯当初の源泉は現在は使われておらず、何度か源泉を変えています。浜松市名古屋市に近いこともあり、大型旅館や遊園地が立ち並ぶ賑やかな温泉街となっています。

 

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220830213916j:image

サゴーロイヤルホテルは舘山寺温泉の先端に立つ大型ホテル。

特徴的な「サゴー」という名前は、経営する高砂観光から来ているそうです。

手前はロビーや宴会時が入る棟、奥が10階建ての客室棟です。

ホテル周りにはヤシの木があちこちに植えられ、南国ムードプンプン。


f:id:zenigame1:20220830215258j:image

客室棟はいい感じに年季が入っています。

近づくと結構大きなホテルであることがわかります。


f:id:zenigame1:20220830221726j:image

こちらが玄関。


f:id:zenigame1:20220830221806j:image

日帰り入浴の登り旗が立っていて、入りやすい雰囲気。


f:id:zenigame1:20220830221900j:image

玄関前にもしっかりヤシの木。


f:id:zenigame1:20220830221953j:image

モザイクタイルの柱が印象的。


f:id:zenigame1:20220830222037j:image

フロント。入浴料は1100円。

レンタルフェイスタオルつきです。


f:id:zenigame1:20220830222221j:image

売店もロビーも大型ホテルらしく立派。


f:id:zenigame1:20220830222323j:image

お風呂は地上40mの屋上にある露天風呂と10階の男女別大浴場の2箇所。

 

屋上露天風呂は一箇所のみで、時間によって男女入れ替え制ですが、日帰り入浴時間帯は男性しか利用できません。


f:id:zenigame1:20220830222802j:image

まずは男女別の大浴場から。

脱衣所からは浜名湖舘山寺温泉街が一望。


f:id:zenigame1:20220830223117j:image

ここだけでもすごい解放感。さすが地上10階の高さです。


f:id:zenigame1:20220830222949j:image

こちらが大浴場。ここからも浜名湖が一望できます。

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物強温泉。強温泉とつくだけあって、舘山寺温泉は本来かなり濃い目の食塩泉ですが、湯量が少ないため、どこのホテルも加水と循環消毒あり。

そのため、しょっぱさなどは感じません。


f:id:zenigame1:20220830223049j:image

カラン。


f:id:zenigame1:20220830223231j:image

続いて屋上露天風呂へ。10階から階段で屋上へ向かいます。


f:id:zenigame1:20220830223952j:image

露天風呂入口。露天風呂は飛天と名付けられています。

ここからでもすごいお風呂が登場する予感。


f:id:zenigame1:20220830231451j:image

のれんをくぐるとすぐに木造の脱衣所。


f:id:zenigame1:20220830231544j:image

こちらが展望露天風呂!見渡す限り圧倒的な浜名湖の絶景が広がります。


f:id:zenigame1:20220830231710j:image

反対側から見るとこんな感じ。奥に見えるのが脱衣所。


f:id:zenigame1:20220830232137j:image

地上40mのお風呂はまさに「飛天」にふさわしい景色。舘山寺温泉の大型旅館も小さく見えます。


f:id:zenigame1:20220830231903j:image

ゆっくりお湯に浸かりながら、この素晴らしい景色を堪能したいところですが、残念ながらお湯はかなり熱め。


f:id:zenigame1:20220830232218j:image

浜名湖のデカさにも改めてびっくり。まるで海です。

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220830232328j:image

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。

ナトリウムイオンを5500mg、塩化物イオンを8500mg以上含むと強食塩泉になりますが、こちらはナトリウムを5590mg、塩化物イオンを13920mg含むため強食塩泉です。成分総計は2万2000mg超え。

 

その他、臭素は基準値の約3倍の17mgと比較的多く含みます。

 

成分的にはかなり濃い温泉のはずですが、加水、循環ありのため、

そこまで温泉らしさは感じませんでした。