大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

網代温泉 平鶴 海に浮かぶに絶景露天風呂に日帰り入浴

平鶴


 
 

 

基本情報


 【日帰り入浴時間】

11:00〜15:00

【日帰り入浴料】

1100円

【タオル】

220円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

22室

【公式HP】

https://hiraturu.com/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号
 

 【住所】

静岡県熱海市下多賀493

【電話番号】

0557-67-2221

 

泉質
 

■源泉

下多賀1号

■泉質   

カルシウム・ナトリウム-塩化物泉

■温度           

 60.1度 

■pH値

7.8

■成分総計  

7647mg

 

網代温泉ってこんなところ


f:id:zenigame1:20231224200934j:image

網代あじろ)温泉は熱海温泉の南にある小さな温泉。

歓楽的で巨大な熱海温泉とは全く雰囲気が異なり、漁港に溶け込むように温泉宿が点在しています。昭和13年に掘削に成功した比較的新しい温泉。10件近い宿がありますが、日帰り入浴できるのは3件のみ。

 

海沿いの料理旅館です


f:id:zenigame1:20231224193750j:image

平鶴は国道沿いに佇む料理旅館。

国道からよく見えるので見たことあるは人も多いのでは。

東伊豆では珍しくリーズナブルな価格で宿泊できる旅館で、料理も美味しく、なかなか人気があります。


f:id:zenigame1:20231224193848j:image

海にせり出すように建っており、駐車場からはこの展望。


f:id:zenigame1:20231224194147j:image

日帰り入浴にも積極的。ちょっと字体がホラーなのが気になります。


f:id:zenigame1:20231224194235j:image

土日はランチもやっており、食事処としても営業しています。


f:id:zenigame1:20231224194320j:image

露天風呂とお食事のどちらも楽しめるのがウリ。

平日は残念ながら食事処は営業していません。


f:id:zenigame1:20231224194430j:image

スリッパに履き替えてロビーへ。


f:id:zenigame1:20231224194512j:image

平鶴という名前だけあって、ロビーには鶴の絵が飾ってあります。

日帰り入浴料は1100円。


f:id:zenigame1:20231224194600j:image

お風呂はロビーからすぐでした。

奥が食事処になっていますが、お風呂の前から、海鮮汁のようなお寿司のようなとにかくいい匂いがしてきます。

さすがは料理旅館。

匂いで食事処に引き込まれそうになります。

 

大きな亀がいる大浴場


f:id:zenigame1:20231224194814j:image

脱衣所はこんな感じ。

どこ言っても混雑の熱海温泉とは異なり、網代温泉はとても静かな雰囲気。平鶴は網代温泉では一番有名な旅館ですが、日帰り入浴は全然混んでいませんでした。

 

f:id:zenigame1:20231224194904j:image

こちらが大浴場。大浴場の外には露天風呂も見えます。


f:id:zenigame1:20231224194943j:image

お風呂の中には結構リアルな亀が沈んでいます。


f:id:zenigame1:20231224195222j:image

温泉はぜいたくにも源泉かけ流し。この広さの湯船で源泉かけ流しというのはすごい。こちらの旅館は網代温泉開湯時の二本の源泉を所有しています。


f:id:zenigame1:20231224195706j:image

泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉。

カルシウムが主成分なのは珍しい。

泉質的には熱海温泉とほとんど一緒。

 

味はとにかくまずい。カルシウムのせいか、舐めてみるとかなりの苦み。薬品のようなへんな苦みで、しょっぱさはあとに来ます。

 

釣り人から見えるかも?海が近すぎる露天風呂


f:id:zenigame1:20231224195644j:image

続いて露天風呂へ。これが有名な海に浮かぶ露天風呂。

平鶴と言えばやっぱりこのお風呂。


f:id:zenigame1:20231224195851j:image

こんな感じで海にせり出しており、海岸からも至近距離。


f:id:zenigame1:20231224200010j:image

釣り人がいるので、気になる人はフェンス内で入るように書いて有りました。


f:id:zenigame1:20231224201005j:image

ちょっと身を乗り出せばこんな景色。


f:id:zenigame1:20231224200101j:image

お湯に浸かればこんな目線。海と一体になったような気分が味わえます。熱海温泉でもこんなに海に近い露天風呂はありません。

波音に潮の香もする露天風呂です。


f:id:zenigame1:20231224200222j:image

夕暮れなんかも相当きれいだと思います。

 

平鶴は網代温泉では一番知名度のある旅館。海に浮かぶ露天風呂は平鶴ならではで、一度は入ってみる価値ありです。

景色だけではなく、温泉も源泉かけ流しなので、かなりオススメです。

 

温泉分析書の説明 カルシウムを含む食塩泉


f:id:zenigame1:20231224200359j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは7647mgで1000mgを超えます。陽イオンはカルシウムとナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・ナトリウム-塩化物泉です。