大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

湯野上温泉 にしきや ハイセンスな古民家民宿で日帰り入浴

にしきや

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 

○日帰り入浴時間 要確認
○日帰り入浴料金 500円 
○露天風呂    なし
○お風呂の数      内湯(貸切2)

○客室数     6室

○タオル     サービス

○公式HP     https://nishikiya.info/#

○混雑度        誰にも会わない(貸切利用)

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

2.場所・電話番号


  〇住所 福島県南会津郡下郷町湯野上784

〇電話番号   0241-68-2413

 

 

 

3.泉質


 

■源泉    湯野上温泉1号、2号、3号、5号、8号源泉

■泉質    単純温泉

■温度                58.0度

■成分総計  482mg      pH8.28

 

 

4.湯野上温泉について

 


f:id:zenigame1:20220715215017j:image

湯野上温泉会津若松から南へ車で30分ほどの温泉。大内宿にほど近い温泉です。

湯野上温泉の正確な起源は実はよくわかっていません。猿が湯浴みをしていたところから発見と伝わり、明治の中頃には宿があったそう。現在は旅館と民宿合わせて20件程度もありますが、小さい旅館や民宿が多いため、大旅館が立ち並ぶ隣の芦ノ牧温泉とは打って変わってかなり静かな温泉地。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220715215648j:image

にしきやは旅館ではなく民宿。湯野上温泉南側の民宿密集エリアにあります。いかにも奥会津の古民家らしい屋根と建物が特徴です。

この建物は明治中期に建てたれた貴重なもの。

 

 

にしきやは湯野上温泉の民宿ではそば湯神などと並び高級な部類のお宿。

会津の郷土料理をふんだんに使った夕食が非常に美味しいと評判です。


f:id:zenigame1:20220715223748j:image

入口にあった看板。入浴OKという意味でしょうか?


f:id:zenigame1:20220715215904j:image

玄関。きれいに改装されていて古さは全く感じません。

吊り下げられたレトロな照明がいい感じ。


f:id:zenigame1:20220715220028j:image

帳場。立派なレトロ照明が目を引きます。

置いてあるテーブルと椅子は螺鈿細工でした。

このあたりにもセンスが光り、普通の民宿ではないオーラがあります。これはいつか泊まってみたい。

 

日帰り入浴の確認のため、事前に宿に電話したところ、つながらず。。

諦めていたら宿から折り返し電話があり、いいですよとのこと。

時間は特に決まってはないようですが、清掃中の場合もあるので必ず電話確認した方がよさそうです。


f:id:zenigame1:20220715220410j:image

愛想の良いおばあちゃんに入浴料500円を払います。


f:id:zenigame1:20220715220551j:image

タオルは新品をサービスしてくれました。

息子さん?と思われる方にお風呂まで案内していただきました。

浴室は帳場のすぐ横です。


f:id:zenigame1:20220715223703j:image

 

お風呂は2つあり、貸し切りでの利用となります。

ひのきの方がオススメとおばあちゃんに言われたので、そちらに入ることにします。

 


f:id:zenigame1:20220715220637j:image

シックな和の雰囲気の脱衣所。意外と広め。


f:id:zenigame1:20220715223725j:image

脱衣かご。


f:id:zenigame1:20220715220815j:image

最近流行りのレトロ扇風機。


f:id:zenigame1:20220715220843j:image

こちらが浴室。露天風呂はありませんが、民宿とは思えないサイズの立派なお風呂。まだ新しく、ひのきの香りもしっかりします。

浴槽もひのきです。


f:id:zenigame1:20220715220946j:image

カランは2つ。


f:id:zenigame1:20220715223053j:image

驚くほど立派な木桶。


f:id:zenigame1:20220715223213j:image

泉質は単純温泉です。お湯は結構熱めです。

湯野上温泉は源泉温度が高いため、熱いお湯の旅館が多いですが。無味無臭ですが、熱いのでピリッときます。


f:id:zenigame1:20220715223353j:image 

もう一つのお風呂も見学だけさせていただきました。

ひのき風呂よりも小さめの石造りのお風呂です。

 

お風呂をあがるのが早かったようで、おばあちゃんにカラスの行水とびっくりされました。

 

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220715223528j:image

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは482mgのため、単純温泉です。

 

またpH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH8.28で惜しくも届かずです。

 

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、もし1000mgを超えていれば、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉になる温泉。旧泉質名では含芒硝食塩泉となる温泉です。

 

湯野上温泉は塩化物イオンと硫酸イオンがほぼ半々なのが特徴で、どちらのほうが多いかは、各宿で微妙に異なります。