大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

月岡温泉 東栄館 うぐいす色の強烈硫黄泉に日帰り入浴

東栄

日帰り入浴時間 11:00〜 14:00 
日帰り入浴料金 800円 

露天風呂    なし
お風呂の数   内湯(男1・女1)

タオル     100円(ロゴあり)

客室数                     16室

 

源泉      月岡温泉5号井

泉質   含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

     (含芒硝食塩硫化水素泉)

温度             50.4度  pH 8.1

成分総計 3510mg

 

源泉      月岡温泉6号井

泉質   含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

     (含芒硝食塩硫化水素泉)

温度             49.5度  pH 8.1

成分総計 3461mg


f:id:zenigame1:20220525212225j:image

 

月岡温泉は新潟の奥座敷として名高い一大温泉地。全国的にも著名な巨大旅館が林立し賑やかな歓楽温泉街を形成しています。温泉の歴史は意外に浅く、大正時代の1916年。新潟の温泉によくある石油の掘削ボーリング中に湧き出した温泉です。日帰り入浴には厳しく、小規模の旅館しか受け付けてくれません。


f:id:zenigame1:20220525215959j:image

東栄館は月岡温泉の中心に位置する旅館。


f:id:zenigame1:20220525220058j:image

隣のホテルニュー曙と双子のようなサイズ感で並んでいます。

この通りは月岡温泉の足湯につながっていて、人通りの多い界隈です。


f:id:zenigame1:20220525220200j:image

この足湯は屋根もついていてかなりの大きさ。月岡温泉を気軽に楽しめるとあって、週末ともなるとカップルだらけになります。


f:id:zenigame1:20220525220355j:image

東栄館は駐車場がわかりにくいです。宿から少し離れた月岡の目抜き通り沿いにあります。


f:id:zenigame1:20220525220454j:image

月岡温泉のメインストリートはお土産物やおしゃれなカフェ、温泉まんじゅう屋などが軒を連ね賑やかな温泉街となっています。カップルの多いこと多いこと。通りの奥に見えるのは月岡温泉のボス旅館ホテル泉慶。


f:id:zenigame1:20220525220655j:image

月岡温泉のこのクラスの主要旅館は日帰り入浴を受け付けてくれません。


f:id:zenigame1:20220525220822j:image

東栄館ロビー。サイズ感も隣のホテルニュー曙とほぼ同じ。

入浴料は800円。女将さんにすごく丁寧にお風呂に場所までご案内いただきました。うちはかけ流しなのでゆっくりしていってくださいね。


f:id:zenigame1:20220525221309j:image

タオルはたったの100円ですが、しっかりロゴもあり、巾着袋付きでお得。


f:id:zenigame1:20220525221401j:image

ちなみに買わなくても、浴室にはこんな感じフリータオルがあります。


f:id:zenigame1:20220525221033j:image

お風呂は一階廊下の奥。月岡温泉は不思議なことにどの旅館も浴室は全て一階。いわゆる展望露天風呂みたいなものはどこにもありません。硫黄の含有量が多いため、配管がすぐ腐食しお湯をくみ上げるのが難しいのかも。


f:id:zenigame1:20220525222211j:image

浴室入口。


f:id:zenigame1:20220525221208j:image

脱衣所は小さめ。


f:id:zenigame1:20220525221242j:image

洗面台。


f:id:zenigame1:20220525221435j:image

浴室も小さめで内湯のみ。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。なんと硫黄の含有量は全国2位です。硫黄分は血管の拡張に効能があり、特に高血圧症などに効き目があります。月岡温泉は鮮やかなエメラルドグリーンが多いですが、こちらはどちらかというとうぐいす色。ですが源泉かけ流しで湯船も小さいため、お湯の鮮度は抜群。


f:id:zenigame1:20220525221708j:image

心なしか他の旅館より硫黄の臭いが濃く感じられ、磯のような強い臭い。石油のボーリングで湧き出た温泉のため、アブラ臭も強め。なんとも独特のクラクラするような臭いが浴室に充満しています。味もまずいなんてものではなく、硫黄と塩辛さのあとにものすごいエグミを感じます。ちなみに月岡温泉は日本一まずい温泉としてもPRしていますが、あながち間違ってはないかも。


f:id:zenigame1:20220525222151j:image

 

【温泉分析書のみかた】

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物と硫酸イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。

また特殊成分として総硫黄(硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mgを超える硫黄泉となりますが、こちらは127mgで全国有数の圧倒的な量。そのほとんどは遊離硫化水素硫化水素ガス)ではなく、硫化水素イオンとしてお湯に安定的に溶け込んでいるため、白濁せずこのような色になると考えられています。

 

月岡温泉の日帰り入浴情報リスト

旅館名 時間 料金 紹介記事
白玉の湯華鳳 不可 不可  
白玉の湯泉慶 不可 不可  
ホテル清風苑 不可 不可  
摩周 不可 不可  
ひさご荘 11:00~14:00 900円

月岡温泉 ひさご荘 エメラルドに輝く硫黄泉へ日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

村上館湯伝 不可 不可  
広瀬館 不可 不可  

割烹の宿いまい

不可 不可  
東栄 11:00~14:00 800円

月岡温泉 東栄館 うぐいす色の強烈硫黄泉に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

湯宿あかまつ 10:00~17:00 800円

月岡温泉 湯宿あかまつ 全国二位の硫黄泉へ日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

ゲストハウスたいよう 要確認 500円

月岡温泉 ゲストハウスたいよう 油臭が混ざる強烈硫黄風呂へ日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

風鈴屋 15:00~22:00 800円

月岡温泉 風鈴屋 陶器タイルのお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記