大露天風呂の日記

現在647湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

月岡温泉 湯あそび宿 曙 鮮やかエメラルドグリーンのお風呂へ日帰り入浴

湯あそび宿 曙

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 

〇日帰り入浴時間 10:00〜 14:30(12:00〜13:00清掃)
〇日帰り入浴料金 900円 

〇露天風呂    あり
〇お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

〇タオル     110円(ロゴなし)

〇客室数                     25室

〇公式HP    https://www.yado-akebono.jp/

〇混雑度    お風呂で会った人数 4人

〇個人的オススメ度 ★★★★☆

 

2.場所・電話番号

〇住所 新潟県新発田市月岡温泉552-4

〇電話番号 0254-32-2111

 

 

3.泉質

 

■源泉      月岡温泉5号井

■泉質   含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

     (含芒硝食塩硫黄泉)

■温度             50.4度  pH 8.1

■成分総計 3510mg

 

■源泉      月岡温泉6号井

■泉質   含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

     (含芒硝食塩硫黄泉)

■温度             49.5度  pH 8.1

■成分総計 3461mg

 

4.月岡温泉について


f:id:zenigame1:20220525191555j:image

 

月岡温泉は新潟の奥座敷として名高い一大温泉地。全国的にも著名な巨大旅館が林立し賑やかな歓楽温泉街を形成しています。

 

20231013221934

温泉の歴史は意外に浅く、大正時代の1916年。新潟の温泉によくある石油の掘削ボーリング中に湧き出した温泉です。温泉が湧き出したことから、石油掘削は断念されましたが、石油掘削事業者であった本間氏が湯小屋を立て温泉を利用。これが月岡温泉の始まりとされています。この写真には、まだ石油掘削のやぐらが残っており、開湯初期に撮影されたものと思われます。

 

その後、新源泉の開発も進み、昭和になると次々と大型旅館が建設され、新潟を代表する温泉地となりました。開湯当時からある浪花屋などの旅館は現在は残っていません。日帰り入浴にはケチな温泉街で主要旅館は不可です。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220525202337j:image

湯あそびの宿曙は、長らくホテルニュー曙という名前でした。月岡温泉の中心にある足湯の通り沿いに面しています。


f:id:zenigame1:20220525202540j:image

ロビー周りは改装されたばかりのよう。

入浴料は900円。


f:id:zenigame1:20220525212826j:image

 

タオルはロゴなし。


f:id:zenigame1:20220525202739j:image

独特な色使いと形のソファー。


f:id:zenigame1:20220525202822j:image

正面からは小さく見えますが、奥行きの長い旅館。


f:id:zenigame1:20220525202924j:image

一階廊下を奥へ奥へ進みます。


f:id:zenigame1:20220525203006j:image

途中で右に曲がり更に進みます。


f:id:zenigame1:20220525203054j:image

浴室入口付近は料亭みたいな雰囲気になっています。


f:id:zenigame1:20220525212424j:image
脱衣所。


f:id:zenigame1:20220525212801j:image

冷たい水。横には何やら壺が。


f:id:zenigame1:20220525212928j:image

フリー梅干し。


f:id:zenigame1:20220525213006j:image

浴室は内湯と露天風呂。

泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。硫黄の含有量は群馬の万座温泉に次いでなんと全国2位の多さ。硫黄泉は硫化水素型と硫黄型に分けられ、前者は硫黄分をガスとして、後者は硫黄分がイオンとしてお湯に溶け込んでいます。月岡温泉はほとんどが硫化水素イオンであるため硫黄型です。このタイプの温泉は珍しく、色は白濁せずにこのようなエメラルドグリーンになります。


f:id:zenigame1:20220525213428j:image

月岡温泉はホテル泉慶と華鳳を除き同じ源泉ですが、湯使いによるのか微妙に色が異なります。こちらのお湯は月岡温泉らしい濃いエメラルド色。日帰り入浴可能な旅館の中では一番ビビットな色です。


f:id:zenigame1:20220525213624j:image

ちなみにホテル泉慶と華鳳は月岡温泉を代表する超豪華旅館。

この2つは系列グループで、ホテル泉慶が巨大な華鳳を作る際に月岡の共同源泉の利用を拒まれたため、泉慶が掘り当てた独自源泉を使用しています。この自家源泉は白玉の湯と呼ばれ、月岡温泉の中で最も硫黄分が多いのですが、残念ながら日帰り入浴不可。


f:id:zenigame1:20220525213947j:image

月岡温泉は硫黄分も多いですが、食塩も多く含みます。

そのため、風呂上がりは食塩の皮膜作用により熱が逃げにくく、湯冷めしにくいお湯。


f:id:zenigame1:20220525214105j:image

続いて露天風呂。色は内湯ほど鮮やかなエメラルドグリーンではありませんが同じ源泉です。もとは石油掘削中に湧いた温泉なので、かなりアブラ臭がします。よく見るとお湯にもうっすら油膜のようなものが浮いています。また、硫黄泉でありながらアルカリ性のお湯で、お湯はローションのようなとろみがあります。


f:id:zenigame1:20220525214328j:image

露天風呂の横には舞台のよつな休憩スペース。この感じは月岡温泉の足湯に少し似ています。

 

まだまだあります 月岡温泉

 

【月岡温泉を入りつくせ!】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのオススメ6選) - 大露天風呂の日記

 

 

 

6.温泉分析書の説明


f:id:zenigame1:20220525214425j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物と硫酸イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。

また特殊成分として総硫黄(硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mgを超える硫黄泉となりますが、こちらは127mgで全国有数の圧倒的な量。そのほとんどは遊離硫化水素硫化水素ガス)ではなく、硫化水素イオンとしてお湯に安定的に溶け込んでいるため、白濁せずこのような色になると考えられています。