大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

塩原温泉郷 塩の湯温泉 柏屋旅館 独特すぎる廃墟なお風呂で日帰り入浴

柏屋旅館

 

1.入浴時間・料金・混雑度

○日帰り入浴時間 11:00〜14:00
○日帰り入浴料金 900円
○露天風呂    あり
○お風呂の数   内湯(男1・女1)

         貸切風呂6

○タオル     なし

○客室数     11室

〇公式HP     https://kashiwaya-ryokan.jp/

○混雑度     誰にも会わない(貸切利用)

○個人的オススメ度 ★★★★★

 

2.場所・電話番号

〇住所 栃木県那須塩原市塩原364

〇電話番号 0287-32-2921

 

3.泉質

■源泉  刈子の湯

■泉質  ナトリウム-塩化物泉 (食塩泉)

■温度          61.0度

■成分総計 4863mg      pH6.21

 

4.塩原温泉郷について


f:id:zenigame1:20220318224411j:image

 

塩原温泉郷の開湯は806年と伝えられ、1200年以上の歴史ある温泉です。正確には塩原温泉と言う温泉はなく、塩原十一湯(古町、門前、福渡、塩釜、畑下、大網、新湯、元湯、中塩原、上塩原、塩ノ湯)と呼ばれる温泉の集まりで、150もの源泉があり、泉質も様々。30件を超える旅館があり、まさに温泉天国。

 

塩の湯温泉は、塩原温泉中心部から鹿股川を山間に少し登ったところにある小さな温泉街。旅館は柏屋と明賀屋本館の2件のみ。どちらも塩原を代表する露天風呂を持っており、そこそこ人気があるので、日帰り入浴にはあまり積極的ではありません。

 

戦前の塩の湯温泉(絵葉書個人所有)

戦前の塩の湯温泉の様子。鹿股川沿いに高層の木造旅館が立ち並んでいます。

現在よりも賑やかで、物の数も多く、栄えているような気がします。

ひときわ大きい中央の旅館が現在の明賀屋本館。奥に柏屋旅館も見えます。

手前に見えるのは玉屋という旅館ですが、現在は廃業していて、ありません。


f:id:zenigame1:20220319000309j:image


f:id:zenigame1:20220319000400j:image

ちなみに、こちらが明賀屋本館の露天風呂。

明賀屋本館は昔は客室休憩2000円で日帰り入浴できましたが、現在は休止となっています。

 

5.外観・館内・お風呂


f:id:zenigame1:20220318223237j:image

柏屋旅館は塩の湯温泉の一番上流側に位置する温泉。

明賀屋本館に比べると知名度は劣りますが、素晴らしい絶景の貸切露天風呂が6つもあり、温泉好きの間で密かに人気の旅館です。


f:id:zenigame1:20220318224202j:image

柏屋旅館にはめちゃめちゃ風格ある立派すぎる別館がありますが、こちらは現在使用していないようです。ここをキレイにリノベーションしたら隣の明賀屋にも劣らない人気が出そうですが、もったいない。。



f:id:zenigame1:20220318224816j:image 


玄関は鉄筋コンクリートの本館です。建物はなかなか古く、趣のないくたびれ方。好みが分かれるところですが、ここは露天風呂が素晴らしいので全然いいのです。


f:id:zenigame1:20220318225249j:image

ロビーもちょっと古めかしい感じ。


f:id:zenigame1:20220318224759j:image

少し暗めのフロント。入浴料は900円。柏屋旅館の日帰り入浴は塩原温泉郷でも最高ランクの難易度とハードルの高さ。飛び込みはNGで、必ず前日までに予約をしないといけません。当日の予約は不可です。

また土日は日帰り入浴を受け付けていないで、平日のみ予約可能。

時間は11時〜14時の間で1組1時間の予約となります。ということは1日3組しか入浴できないのです。。気合を入れて予約しましょう。


f:id:zenigame1:20220318225522j:image
お風呂は男女別の内湯と貸切露天風呂。

貸切露天風呂は雷ていの湯、みどりの湯、桐の湯、かもしかの湯、かわせみの湯、雄飛の湯の6つです。一番人気は渓谷が目の前に迫る超絶景の雷ていの湯。6つも貸切露天がある旅館なんてそうそうありません。 

 

ですが、日帰り入浴で入れるのは貸切露天風呂のうち一つだけで受付時に指定され、鍵を渡されます。どの貸切露天風呂かはこちらでは選べません。貸切露天風呂を余すことなく満喫するならぜひ宿泊を。

 

日帰り入浴は桐の湯か雄飛の湯のどちらかになるようです。

この日は貸切露天の中では2番人気と思われる桐の湯を指定されれました。


f:id:zenigame1:20220318225753j:image

お風呂ゾーンはロビーから階段を降りたところにあります。


f:id:zenigame1:20220318225944j:image 

貸切風呂への通路は「お風呂ーど」と命名されています。

この先に、5つの貸切露天風呂と男女別内湯があります。 

ちなみに雄飛の湯だけは旅館から少し離れたところにあります。


f:id:zenigame1:20220318230137j:image

駐車場の横にあるこの粗末な小屋が雄飛の湯。崖スレスレに建っていて、ロケーションも素晴らしく、なかなか面白い露天風呂ですが、この日は桐の湯指定なのでここは入れません。


f:id:zenigame1:20220318230505j:image

お風ロードに戻ります。向かって正面のドアの向こうが雷ていの湯、みどりの湯、桐の湯、かわせみの湯。

左側の廊下を進むとかもしかの湯と内湯です。


f:id:zenigame1:20220318231502j:image

ここから外に出ます。


f:id:zenigame1:20220318231526j:image

まずはかわせみの湯が見えます。桐の湯は渓谷沿いに作られた階段を降りていきます。


f:id:zenigame1:20220318231631j:image

この階段が鉄製でさびていてぐらつきます。なかなかのスリル。

しかも急です。。


f:id:zenigame1:20220318231725j:image

階段を少しおりるとすぐり今回の目的地である桐の湯。


f:id:zenigame1:20220318231805j:image

雷ていの湯とみどりの湯はここから更に急な階段を渓谷沿いに降りていきますが、日帰り入浴では入れませんので、気になる方は宿泊を。


f:id:zenigame1:20220318234846j:image

階段からすぐ隣に圧巻の木造廃墟が見えますが、これは明賀屋本館の旧館で現在は客室として使用されていません。この旧館の一階に明賀屋本館の名物渓谷露天風呂があります。


f:id:zenigame1:20220318231959j:image

各露天風呂は南京錠で施錠されています。フロントからもらった鍵で扉を開けます。南京錠は古くなっていて、壊れそうなので丁寧に扱いましょう。


f:id:zenigame1:20220318232130j:image

こちらが桐の湯!思わずおおっと言いたくなる意表を突ついた露天風呂。なんか半分部屋みたいになっている!


f:id:zenigame1:20220318232209j:image

それもそのはずで、この桐の湯は、大昔に客室として使用していた大正時代の建物を無理やり露天風呂に改造したもの。いやあなんとも大胆なことしますね。

カランはなく、ちゃんとした脱衣所もありません笑 そりゃ元客室ですから。


f:id:zenigame1:20220318232423j:image

この黒いかごが脱衣カゴです。

ここで脱げってことだと思います。


f:id:zenigame1:20220318232554j:image

奥進むとそのまんま客室です。奥の方はクモの巣があったりするので深入りはやめましょう。


f:id:zenigame1:20220318232643j:image

渓谷沿いの欄干がなんともいい感じ。


f:id:zenigame1:20220318232709j:image

下を除くと真っ青な色の鹿股(かのまた)川が見えます。

これは絶景。人気があるのも頷けます。

ちなみに下に見えるトタン屋根は雷ていの湯とみどりの湯に続く階段。


f:id:zenigame1:20220318232847j:image

空間が面白すぎてなかなか温泉が入ってきませんが、お湯もまた素晴らしい。塩ノ湯温泉はその名のとおり、食塩を多く含む温泉で海水くらいのしょっぱさがあります。この塩分は推定500万年前の岩塩だそう。


f:id:zenigame1:20220318233140j:image

こんな広い露天風呂を900円で貸し切りは安い!

予約した甲斐がありました。


f:id:zenigame1:20220318233229j:image

お湯はいわゆる笹濁り。赤茶けた析出物は鉄分です。

こちらのお湯は鉄泉と言われるほどの鉄の含有量はないのですが、鉄は少しでも個性を発揮する温泉。鉄と炭酸水素塩の両方を含むと赤茶色になります。


f:id:zenigame1:20220318233422j:image 

温度は少し熱めくらいですが適温。


f:id:zenigame1:20220318233458j:image

炭酸をまあまあ含むため、湯口は少しシュワシュワしています。

ですが炭酸泉と言えるほどの量は含んでいません。

味は塩味のあとに金属味がします。

笹濁りで色も味も複雑そうな温泉ですが、泉質名にすると、ただの食塩泉です。この温泉はマンガンもわずかに含んでいます。


f:id:zenigame1:20220318233819j:image

日帰り入浴では入れませんが、気になる方のために他のお風呂をご紹介。(以前宿泊した際のもの)こちらは男性用の内湯。


f:id:zenigame1:20220318233937j:image

一番人気の雷ていの湯。柏屋旅館で最も川に近い露天風呂。

隣の明賀屋本館の露天風呂と並び、塩原温泉の雑誌やパンフの表紙を度々飾る大人気風呂。青い川と笹濁りのお湯がなんとも素晴らしいコントラスト。

雷霆とは近くの滝の名前にちなんでいます。


f:id:zenigame1:20220318234112j:image

こちらはみどりの湯。サイズは二人入ればいっぱいくらいですが、二番目に川に近い露天風呂。


f:id:zenigame1:20220318234304j:image

かもしかの湯。


f:id:zenigame1:20220318234335j:image

かわせみの湯。


f:id:zenigame1:20220318234509j:image

参考までに夜の桐の湯。照明が少ないのでランタンを渡されます。

一人は怖いかも。

 

ちなみに貸切露天風呂は昔は7つありました。もう一つは川岸の湯といい、なんと隣の明賀屋本館を横切った先の場所にあったのです。鹿股川とほぼ同じ高さの川スレスレ露天でしたが、東日本大震災で老朽化した階段が危険となっため、現在は行くことすらできません。階段はあの立派すぎる旧館から繋がっているようです。幻の露天風呂どんな風呂だったのかとても気になる。。


f:id:zenigame1:20220318234741j:image

かつて明賀屋本館に泊まった際に、明らかに怪しい方向から伸びている明賀屋のものとは思えない階段(右上)を見つけましたが、おそらくこれが柏屋から川岸の湯に向かう長いの階段の一部と思われます。

明賀屋の渓流露天風呂へ繋がると階段と迷路のように複雑に絡み合い、クロスしています。こんな面白いお風呂早く復活させて欲しいものです。

 

6.温泉分析書の説明


f:id:zenigame1:20220318235515j:image

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。つまり食塩泉です。

 

この温泉は鉄分も2.7mgとわずかに含みます。鉄泉と名乗れるには20mg以上必要なので、ちょっと鉄が入っているくらい。マンガンもわずかに含むのが特徴。

 

柏屋旅館は立派すぎる別館といい、面白すぎる幻の貸切露天風呂といい、どこにも負けないすごいウリを活かしきれていない印象。

日帰り入浴は予約制でハードルが高く、一箇所しか入れないので、

ぜひ一度は宿泊をオススメします。

 

 

清琴楼

 

1.入浴時間・料金・混雑度

〇日帰り入浴時間 要確認(冬期不可)
〇日帰り入浴料金 500円
〇露天風呂    なし
〇お風呂の数   内湯(男1・女1・家族風呂1)

〇タオル     200円(ロゴなし)

〇客室数     18室

〇公式HP     なし

〇混雑度     ほとんど誰にも会わない

〇個人的オススメ度 ★★★★☆

 

2.場所・電話番号

〇住所  栃木県那須塩原市458

〇電話番号   0287-32-3121

 

3.泉質

■源泉  もみじの湯

■泉質  ナトリウム-塩化物泉 (食塩泉)

■温度          63.4度

■成分総計 2387mg      pH6.62

 

4.塩原温泉郷について


f:id:zenigame1:20220319164757j:image

 

塩原温泉郷の開湯は806年と伝えられ、1200年以上の歴史ある温泉です。正確には塩原温泉と言う温泉はなく、塩原十一湯(古町、門前、福渡、塩釜、畑下、大網、新湯、元湯、中塩原、上塩原、塩ノ湯)と呼ばれる温泉の集まりで、150もの源泉があり、泉質も様々。30件を超える旅館があり、まさに温泉天国。

 

戦前の畑下温泉(絵葉書個人所有)

その中のひとつ畑下温泉は「はたけした」ではなく「はたおり」と読む難読温泉。

箒川が蛇行し、半島のようになった一角を畑下温泉と呼び、塩釜温泉福渡温泉の中間に位置します。

江戸時代の17世紀中頃の開湯と伝えられ、元湯温泉が地震により壊滅した際に、現在のぬりや旅館が畑下に移転したのが始まりと言われます。

戦前の写真には清琴楼と書かれた旅館が見えます。写真右手のどれかがぬりや旅館。

 

 


f:id:zenigame1:20220319105817j:image

山百合の吊橋から見た畑下温泉。戦前の写真とほぼ同じアングルです。

 

吊橋の対岸にはかつて青葉の湯という露天風呂がありました。塩原温泉郷は公共の露天風呂があちらこちらに点在し、いずれも200円程度で入れたのですが、露天風呂での風紀を乱す行為が問題となり、現在は全て閉鎖されてしまいました。。。

 

青葉の湯があった頃はこの吊橋も畑下温泉も多くの人で賑わっていたと思いますが、今では人気もなくさびれた雰囲気。

現在は湧花庵という高級旅館の貸切露天風呂になっています。

 

大きくはない温泉街で旅館は4件ほど。日帰り入浴は2件で可能です。

 

5.外観・館内・お風呂


f:id:zenigame1:20220319105804j:image

清琴楼は明治元年創業の老舗旅館。箒川沿いからは堂々たる立派な建物が見えます。清琴楼は本館、別館など全部で3棟の建物からなっている大きな旅館。


f:id:zenigame1:20220319110934j:image

こちらが本館。木造の立派な建物は塩原温泉郷では珍しく、清琴楼のみ。歴史の古い塩原温泉郷ですが、現在ではほとんどの旅館が鉄筋で、こうした木造旅館は意外にも貴重な存在。

残念ながら本館は現在は使用されていません。


f:id:zenigame1:20220319111225j:image

現在はこちらの別館が使用されており、玄関もここから入ります。

川沿いから見えた緑色の屋根の建物です。こちらも趣ある建物ですが、木造にモルタルが盛られているので、本館ほどの重厚な感じはありません。


f:id:zenigame1:20220319111357j:image

清琴楼と言えば、明治の文豪尾崎紅葉が宿泊したことで有名。ここに逗留し、この旅館をモデルに金色夜叉を書き上げました。

玄関には尾崎紅葉の大きなモザイク画が。


f:id:zenigame1:20220319111857j:image

それにちなんで、もとは佐野屋という名前だった旅館を金色夜叉に登場する清琴楼という旅館に改名しました。

ちなみに尾崎紅葉は本館に宿泊していますが、現在でも宿泊した部屋が残っており、宿泊すれば見学も可能です。


f:id:zenigame1:20220319111843j:image

別館の玄関もなかなか立派です。

清琴楼は日帰り入浴のハードルがかなり高め。そもそも冬期は日帰り入浴不可なのと、営業しているかどうか外見からはよく分かりません。電話してもほとんどお断りなので、なかなかチャンスがありませんでした。

この日も電話してみると今日はやってないとの回答。諦めきれずいつなら入れますか?と聞いてみたところ、14時くらいならいいとのこと。あら?入浴オッケイじゃないの。

14時に行くと伝えておきます。


f:id:zenigame1:20220319112007j:image

館内。磨き抜かれた廊下やきしむ床を想像していましたが、意外とキレイに改装されており、ちょっと拍子抜け。


f:id:zenigame1:20220319161550j:image

受付。人がいる気配はありますが、呼んでも呼んでも出てこず。

かなり大きな声で呼んでやっと気づいてもらえました。

が、夕方に来ると勘違いしていたようでここでも一悶着。

入浴料は500円。


f:id:zenigame1:20220319162152j:image

なにやらすごい時計。アラブの宮殿のよう。 


f:id:zenigame1:20220319163224j:image

歴史ある旅館らしく、レトロなテレビやフィルムカメラなどもありました。


f:id:zenigame1:20220319163258j:image

浴室は一度二階ヘ。


f:id:zenigame1:20220319163352j:image

二階の左側の廊下をずっと進むと浴室。

お風呂はラッキー風呂、静の湯、家族風呂の3つ。

ラッキー風呂と静の湯は男女入れ替えのようですが、この日は誰もいなかったのでどちらも入れました。


f:id:zenigame1:20220319163505j:image

まずはラッキー風呂から。

何がラッキーなのかは最後までわからず。


f:id:zenigame1:20220319163601j:image

脱衣所。リニューアルしたようでかなりキレイめ。


f:id:zenigame1:20220319163654j:image

お水もあり。


f:id:zenigame1:20220319163721j:image

内湯のみですが、箒川を望む開放感のあるお風呂。


f:id:zenigame1:20220319163800j:image

カラン。


f:id:zenigame1:20220319163821j:image

泉質は食塩泉。なめると少しだけしょっぱく、わずに金属味と苦味があります。ちょうど塩原温泉郷の塩ノ湯温泉を少し薄くしたような感じ。笹濁りとまでは行きませんが、少しだけ灰色っぽい濁りあり。


f:id:zenigame1:20220319164002j:image

続いて家族風呂。ラッキー風呂の廊下沿いにあります。こちらは改修されておらず、昔のままの浴室。


f:id:zenigame1:20220319164112j:image

サイズは小さめですが、熱くはなく適温。こちらも箒川沿いにあり、川から入ってくる風がとても気持ちの良いお風呂。


f:id:zenigame1:20220319164234j:image

続いて静の湯。ここだけ少し離れていて二階の廊下を更に進みます。


f:id:zenigame1:20220319164344j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20220319164400j:image

静の湯も内湯のみ。こちらも箒川を望む開放感あるお風呂。

名前のとおり、ほとんど無音の静かな空間。

窓が開けられており、気持ちの良い川風が入ってきて、なんとも心地よい空間。


f:id:zenigame1:20220319164430j:image

お湯はちょっと熱め。微量の鉄を含むため、浴槽全体が少し赤茶けています。

 

この旅館、露天風呂はなさそうでしたが、実は箒川の中洲に露天風呂があるという口コミがありました。受付で案内もなかったので現在も入れるかは不明です。また改めて探検してみたいと思います。

 

6.温泉分析書の説明


f:id:zenigame1:20220319164811j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。つまり食塩泉です。

 

この温泉は鉄分も1.5mgとわずかに含みます。鉄泉と名乗れるには20mg以上必要なので、ちょっと鉄が入っているくらい。

 

炭酸水素イオンと鉄イオンを含むと赤茶色になります。

 

また天然の保湿成分と言われるメタケイ酸が167mgと比較的多く含みます。メタケイ酸は150mg以上でお湯にとろみを感じると言われます。

 

7.塩の湯温泉の日帰り入浴可能な旅館リスト

 

塩の湯温泉は日帰り入浴には厳しいエリア。明賀屋本館かつては日帰り入浴可能でしたが、現在は不可。2022年に新しくオープンした蓮月も不可です。

柏屋旅館も平日限定且つ要予約なのでハードル高め。

 

 

旅館名 時間 料金 紹介記事
明賀屋本館 不可 不可
f:id:zenigame1:20221201213312j:image
柏屋旅館 要確認 500円


f:id:zenigame1:20221201213408j:image

現地レポはこちら

蓮月 不可 不可