大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

塩原温泉郷 畑下温泉 ぬりや 圧巻の箸置きコレクションの宿で日帰り入浴

ぬりや

日帰り入浴時間 14:30〜 17:00
日帰り入浴料金 500円  (湯巡り手形使用で250円)
露天風呂    なし
お風呂の数   内湯(男1・女1)

タオル     200円(ロゴなし) 

 

源泉   畑下源泉

泉質   ナトリウム-塩化物泉

     (純食塩泉)

温度             77.8度  pH 6.23

成分総計  2563mg


f:id:zenigame1:20220205225218j:image

 

 

塩原温泉郷の開湯は806年と伝えられ、1200年以上の歴史ある温泉です。正確には塩原温泉と言う温泉はなく、塩原十一湯と呼ばれる温泉の集まりで、150もの源泉があるそうです。

 

塩原温泉郷も多くの廃墟が目立ちますが、それでも30軒以上の旅館を有する一大温泉地となっています。

 

日帰り入浴も比較的に積極的に行っており、旅館共同組合の湯めぐり手形を購入すれば、なんと半額で各旅館の日帰り入浴が可能です。

塩原で日帰り入浴する際のマストアイテムですのでぜひ購入を。塩原もの語り館や各旅館で購入可能です。


f:id:zenigame1:20220205225204j:image

 

畑下温泉は「はたけした」ではなく「はたおり」と読む難読温泉。

塩原の中心街をなす門前温泉の少し手前に湧く温泉です。

文豪の尾崎紅葉が宿泊した清琴楼や、1泊3万円以上する超高級旅館の湯の花荘などの旅館がありますが、ここも廃墟が目立ち、日帰り入浴可能なのはぬりやのみです。


f:id:zenigame1:20220205225231j:image

ぬりやの外観。鉄筋4階建て。ちょっとくたびれた外観。

肩を並べるように立っている大和屋旅館やはとや旅館はすでに廃業しており、ちょっとさみしい雰囲気。

隣の立派な木造建築の清琴楼も気になりますが、日帰り入浴は基本的にやっていません。


f:id:zenigame1:20220205225405j:image

「ぬりや」の看板。行書体とかで書いたら老舗ぽい雰囲気出ると思うんですが、違和感あるくらいパソコンのフォントのようなシンプルな文字。その分ものすごく目立ちます。


f:id:zenigame1:20220205225446j:image

湯めぐり手形持参で500円がぴったり半額の250円になります。安い!

250円は塩原温泉郷でも最安値です。逆にタオルはロゴなし200円で少しお高め。


f:id:zenigame1:20220205225609j:image

ロビーの雰囲気。外観とは異なりとてもオシャレな雰囲気です。なにやら奥にショーケースがありますね。ミニカーか何かと思いきや。


f:id:zenigame1:20220205225711j:image

なんとこれ全部箸置きのコレクション!


f:id:zenigame1:20220205225730j:image


f:id:zenigame1:20220205225741j:image


f:id:zenigame1:20220205225751j:image

普段気にもしなかった箸置きもこれだけ並べばもはや芸術。女将さんの趣味なんでしょうか。すごいです。軽く千個以上はありそう。


f:id:zenigame1:20220205225838j:image

お風呂はロビーから徒歩3秒くらいの距離にあります。

左側が男湯。


f:id:zenigame1:20220205225936j:image

脱衣所は少し暗め。


f:id:zenigame1:20220205225957j:image

ドライヤーもありました。


f:id:zenigame1:20220205225218j:image

お風呂は中規模サイズの内湯のみです。


f:id:zenigame1:20220205230032j:image

シャワー、シャンプー、ボディソープあり。


f:id:zenigame1:20220205230055j:image

 

お湯は食塩泉で成分総計2000mg超えですが、特に臭いはなく味もしませんでした。意外とあっさりしたお湯です。


f:id:zenigame1:20220205230211j:image

お湯はそこまで特徴はなく露天もありませんが、250円で箸置きのコレクションも見学でき大満足。畑下温泉で日帰り入浴ができる貴重な旅館です。