大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

湯西川温泉 湯西川館本館 二つの源泉を持つ宿で日帰り入浴

湯西川館本館

日帰り入浴時間 13:00~20:00
日帰り入浴料金 500円  
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

        内湯(貸切2)

タオル     100円(ロゴあり) 

 

源泉   高手観音の湯

泉質   アルカリ性単純温泉

温度             64.0度  pH 8.76

成分総計  333mg 

 

源泉   前山源泉

泉質   アルカリ性単純温泉

温度             62.0度  pH 8.71

成分総計  267mg

 


f:id:zenigame1:20220205193257j:image

 

湯西川温泉(ゆにしがわ)はまさに秘湯と呼ぶにふさわしい深い山間に湧く温泉です。湯西川ダムの建設に伴い整備された高規格道路のおかげで今ではアクセスがかなり良くなりました。

 

壇ノ浦の戦いで敗れた平家がこの地に逃れてきたとされ、温泉も落人によって発見されたそうです。湯西川温泉の旅館は平家落人伝説にちなんだところ多く、往時の雰囲気を味わえます。

 

湯西川温泉は比較的収容力の大きい有名旅館はことごとく日帰り入浴を受け付けてくれません。逆に小規模~中規模の旅館は日帰り入浴を受け付けてくれます。

 

リニューアルや何かで旅館の名前がころころ変わるのも湯西川温泉の特徴。

伴久ホテル→ホテル湯西川

湯西川国際観光ホテル→花と華

かめや平家の庄→揚羽

 


f:id:zenigame1:20220205191206j:image

 

そんな中で昔から名前も変わらず建物も昭和な雰囲気をそのまま残すのが湯西川館本館。


f:id:zenigame1:20220205191229j:image

 

湯西川館本館ってことは別館もあります。ホテル湯西川別館は隣にありますが、こちらは名前が変わり湯の季(ゆのとき)になっています。経営が同じだったかどうかは不明。


f:id:zenigame1:20220205191411j:image

ロビー。宿の方がテレビを見てくつろいでいました。一瞬宿の方かどうかわからず声を掛けていいのか悩みました。


f:id:zenigame1:20220205191551j:image

日帰り入浴は13時からですが12時くらいでも受け付けてもらえました。湯西川温泉の日帰り入浴はどこもほぼ500円。


f:id:zenigame1:20220205191714j:image

タオルは100円。ただのピンク色でロゴはありません。


f:id:zenigame1:20220205191754j:image

旅館は山の斜面に沿って立っていて階段で3階まであがります。エレベーターもあり。


f:id:zenigame1:20220205191913j:image

3階には内湯露天と貸切風呂があります。


f:id:zenigame1:20220205192006j:image

お水あり。


f:id:zenigame1:20220205191950j:image

男湯入り口。


f:id:zenigame1:20220205192038j:image

脱衣所。非力ですがドライヤーもあり。


f:id:zenigame1:20220205192104j:image

天井にはいかにも昭和な青い羽根の扇風機。


f:id:zenigame1:20220205192148j:image

湯気が多いですが広めの内湯です。源泉温度が比較的高い湯西川温泉らしくお湯はピリっと熱め。


f:id:zenigame1:20220205192224j:image

シャワー、シャンプー、ボディソープ類完備。


f:id:zenigame1:20220205192302j:image

内湯の湯口は階段状になっています。こちらのお湯はわずかにたまご臭がします。

 

f:id:zenigame1:20220205192329j:image

内湯だけかと思いきや露天風呂もありました。


f:id:zenigame1:20220205192504j:image

この箱みたいなものも夏場は浴槽になるでしょうか。


f:id:zenigame1:20220205192548j:image

湯口には重曹と思われる白い析出物。


f:id:zenigame1:20220205192620j:image

ここの旅館は高手観音の湯と前山の湯の2つの源泉をもっています。前山の湯が少したまご臭ありの源泉。

うたせ湯と書いてますが結局どこにあるのかわかりませんでした。(今はもうない?)


f:id:zenigame1:20220205192805j:image

続いて貸切風呂。空いていれば日帰り入浴でも入れます。

檜風呂と石風呂の2つでどちらも内湯のみです。


f:id:zenigame1:20220205192847j:image

こちらが十和田石の石風呂。二人も入ればいっぱい。


f:id:zenigame1:20220205192937j:image

ほぼ同じサイズの檜風呂。


f:id:zenigame1:20220205193048j:image

湯西川温泉は美肌の湯全国一。


f:id:zenigame1:20220205193119j:image

総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上であれば硫黄泉を名乗れますが、ここは1.7mgとあと一歩とどかず。なので単純温泉になります。


f:id:zenigame1:20220205193135j:image

2つの源泉はどちらもアルカリ性単純温泉湯西川温泉は入ったあと驚くほど肌がさらさらになります。