大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

湯西川温泉  おやど湯の季 ほのかなたまご臭のお湯に日帰り入浴

おやど湯の季

日帰り入浴時間 13:00~18:00
日帰り入浴料金 700円  
露天風呂    あり
お風呂の数   露天(混浴1・女1・貸切1)

        内湯(男1・女1)

タオル     100円(ロゴあり) 

 

源泉   高手観音の湯

泉質   アルカリ性単純温泉

温度             64.0度  pH 8.76

成分総計  333mg 

 


f:id:zenigame1:20220205200814j:image

 

 

湯西川温泉(ゆにしがわ)はまさに秘湯と呼ぶにふさわしい深い山間に湧く温泉です。湯西川ダムの建設に伴い整備された高規格道路のおかげで今ではアクセスがかなり良くなりました。

 

壇ノ浦の戦いで敗れた平家がこの地に逃れてきたとされ、温泉も落人によって発見されたそうです。湯西川温泉の旅館は平家落人伝説にちなんだところ多く、往時の雰囲気を味わえます。

 

湯西川温泉は比較的収容力の大きい有名旅館はことごとく日帰り入浴を受け付けてくれません。逆に小規模~中規模の旅館は日帰り入浴を受け付けてくれます。

 

リニューアルや何かで旅館の名前がころころ変わるのも湯西川温泉の特徴。

伴久ホテル→ホテル湯西川

湯西川国際観光ホテル→花と華

かめや平家の庄→揚羽

 

湯の季(ゆのとき)も昔は湯西川別館という名前でした。湯の季という名前はいかにも最近オープンした旅館って感じの名前です。隣の湯西川館本館と系列かどうかは不明です。


f:id:zenigame1:20220205200606j:image

隣の湯西川館本館は昭和ノスタルジーな雰囲気を残していますが、こちらは最近リニューアルされたのかきれいな感じ。


f:id:zenigame1:20220205200721j:image

正面からは小さめに見えますが、奥に長い旅館。


f:id:zenigame1:20220205200838j:image

玄関。


f:id:zenigame1:20220205200911j:image

受付で700円を払います。お風呂の場所について丁寧に説明してくれます。こちらは内湯とは露天の二箇所のほか、空いていれば貸切風呂もオッケイ。


f:id:zenigame1:20220205203547j:image

タオルは100円で歯ブラシつき。フロントで好きな色を選べるシステムでした。薄緑色をチョイス。


f:id:zenigame1:20220205201018j:image 

内湯はロビーから階段を上がって二階です。


f:id:zenigame1:20220205201127j:image

内湯入り口。


f:id:zenigame1:20220205201239j:image

明るい脱衣所。


f:id:zenigame1:20220205201309j:image

ドライヤーあり。


f:id:zenigame1:20220205201339j:image

ちょっときれいめな銭湯のような雰囲気。


f:id:zenigame1:20220205201415j:image

ボディソープはなんと馬油!1本4000円近くする代物で、高級旅館のマストアイテム。とてもいい匂いがするんです。


f:id:zenigame1:20220205201518j:image

浴槽の左側のくぼみはジェットバスになっていました。

手動というのは珍しい。ボタンを押すと15分間ジェットし続けます。


f:id:zenigame1:20220205201702j:image

ジェット開始。最初は水みたいな温度のジェットもありましたが徐々に適温に。


f:id:zenigame1:20220205201754j:image

湯桶がケロリンというのも高評価なポイント。

馬油にケロリンすばらしい。


f:id:zenigame1:20220205201851j:image

続いて露天風呂へ。2階からエレベーターに乗り3階へ。


f:id:zenigame1:20220205201938j:image

ここを右です。


f:id:zenigame1:20220205202030j:image

久しぶりに見ました。輪投げ


f:id:zenigame1:20220205202113j:image

この廊下の突き当りのドアで外に出ます。


f:id:zenigame1:20220205202144j:image

おお。共同浴場のような雰囲気です。

左側が女性用、右は一応混浴露天ですが、実質男性用になっています。


f:id:zenigame1:20220205202256j:image

脱衣所は屋外なので寒いです。


f:id:zenigame1:20220205202400j:image

大きな露天風呂と奥に陶器風呂があります。


f:id:zenigame1:20220205202434j:image

露天風呂にも立派な洗い場。ここは内湯と違い馬油ではありませんでした。


f:id:zenigame1:20220205202524j:image

露天風呂の湯口は壺型。泉質はアルカリ性単純温泉

湯西川温泉は源泉温度が比較的高いためピリっと熱め。わずかにたまご臭がするお湯です。


f:id:zenigame1:20220205200814j:image

陶器風呂もありました。こちらのほうが少しぬるめ。


f:id:zenigame1:20220205203009j:image

露天風呂にいたカエル?飲泉用でしょうか?

若カエル 無事カエル


f:id:zenigame1:20220205202916j:image

もう一箇所貸切風呂もあるのですが、貸切中で入れず。


f:id:zenigame1:20220205202711j:image

湯西川温泉は美肌の湯と言われるだけあり、入ったあとは驚くほど肌がさらさらになります。

総硫黄(分析書の硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上であれば硫黄泉を名乗れますが、ここは1.7mgとあと一歩とどかず。なので単純温泉になります。


f:id:zenigame1:20220205203141j:image

二階ラウンジは日帰り入浴客にも開放されています。

フロントでコーヒーをおすすめされました。

日帰りでもお風呂上がりにゆっくり寛げる場所があるのはありがたいこと。


f:id:zenigame1:20220205203214j:image

コーヒー、紅茶、お茶が飲み放題なんて太っ腹。

サービスよいです。


f:id:zenigame1:20220205203314j:image

蔵書も豊富です。


f:id:zenigame1:20220205203434j:image

ワンピースやイニシャルDなどなど。

 

700円で3箇所もお風呂に入れて、ラウンジも利用できるのかかなりオトクだと思います。