大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

湯檜曽温泉 ホテル湯の陣 温泉街最大のホテルで雪見露天風呂に日帰り入浴

ホテル湯の陣

 

 

 

基本情報


【日帰り入浴時間】

14:00〜17:00

【日帰り入浴料】

1200円

【タオル】

バスタオル貸出220円以上

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

108室

【公式HP】

https://www.itoenhotel.com/yunojin/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号


 【住所】

群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽208

【電話番号】

0570-059-780

 

泉質


 
■源泉

音羽の湯、グランドの湯、早稲田の湯

■泉質   

単純温泉

■温度           

 46.5度 

■pH値

pH8.4

■成分総計  

470mg

 

群馬県 湯檜曽温泉ってこんなところ 


f:id:zenigame1:20240313210043j:image

 

湯檜曽(ゆびそ)温泉は水上温泉郷に属する温泉。水上温泉の中心部から車で10分ほどの距離にあります。歴史は水上温泉よりも古く、平安時代前九年の役で敗れた安倍氏一族が落ち延び、川沿いに滔々を湧くお湯を見つけ、この地をゆのひそむ村と名付けたとか。それがいつしか「ゆびそ」という不思議な地名となり、現在まで続きます。

 

昭和初期には水上温泉を凌ぐほど栄えた時期もありましたが、現在は小さな旅館が5件ほどの静かな温泉地となっています。

 

 

伊藤園系列の大型ホテルです


f:id:zenigame1:20240313202414j:image

ホテル湯の陣は湯檜曽温泉最大のホテル。

客室数10室前後の小さな旅館が主流の湯檜曽温泉で、

客室数100室超えの圧倒的なキャパを誇ります。

 

湯檜曽温泉のメインストリートを超えると、湯檜曽川を挟んだ対岸に大きな建物が見えてきます。


f:id:zenigame1:20240313202641j:image

道路橋の横に「露天風呂入浴できます」と書かれた朽ち果てた橋。

歩行者用の橋ですが、板も抜けており、とてもじゃないけど通れません。撤去費用の問題でそのままにされているらしい。

廃墟マニアにも有名な橋だとか。


f:id:zenigame1:20240313202914j:image

ロビーは円形の建物部分。

なかなかおもしろい形のホテルです。


f:id:zenigame1:20240313203240j:image

ホテル湯の陣は伊藤園系列のホテル。

大江戸温泉と異なり、伊藤園グループの旅館は軒並み日帰り入浴にはケチ。


f:id:zenigame1:20240313203130j:image

ホテル湯の陣もつい最近まで日帰り入浴不可でしたが、

昨年夏ごろから始めたようです。

噂を聞きつけ、さっそくやってきました。


f:id:zenigame1:20240313203222j:image

エントランスは吹き抜け。


f:id:zenigame1:20240313203646j:image

エントラスを見上げると「星の塚」と名付けられたオブジェ。

なんでも太古の昔に奥利根の地に星を狩る民がいたんだとか。

本当かどうかはわかりません。


f:id:zenigame1:20240313203704j:image

太古の昔にちなんでいるのか、よく見れば照明は埴輪。


f:id:zenigame1:20240313203800j:image

湯檜曽温泉に古墳時代の遺跡はないはずですが、謎です。


f:id:zenigame1:20240313203847j:image

大型ホテルらしく立派なロビー。

日帰り入浴は1200円。

研修中のスタッフさ日帰り入浴客に慣れていなかったようで、

受付に結構時間かかりました。


f:id:zenigame1:20240313204504j:image

売店


f:id:zenigame1:20240313204127j:image

大浴場はエレベーターで一階へ降ります。

右は卓球ゾーンで、左はゲームコーナーになっています。


f:id:zenigame1:20240313204230j:image  

更に奥に進むと湯上がりゾーン。


f:id:zenigame1:20240313204312j:image

すごそうな椅子がズラッと並んでいましたが、

ボタンはリクライニング機能のみでした。


f:id:zenigame1:20240313204402j:image 

そのさらに奥が大浴場。

 

公式HPより

こちらが大浴場。サイズも申し分なし。


f:id:zenigame1:20240313205049j:image

こちらが露天風呂。

水上温泉には全然雪はありませんでしたが、山間の湯檜曽温泉はしっかり雪が残ります。

雪見露天なんてなかなかよきです。


f:id:zenigame1:20240313205930j:image

でも露天風呂はめっちゃ熱い。

外気温が低いのはわかりますが、にしても熱すぎな気が。。

そんなわけか、露天風呂はあまり人気がなく、みなさんちょっと浸かって早々に内湯へ切り上げていました。


f:id:zenigame1:20240313205113j:image

湯口にも太古の遺物。これは銅鐸ですね。

もはや館主の趣味でしょうか?

銅鐸の湯口は初めて見ました。

 


f:id:zenigame1:20240313205334j:image

泉質は単純温泉。成分総計は470mg。もともとがかなり薄い温泉のため、特徴はほとんど感じません。

これは大型ホテルなのでしょうがないですが、ちょっと塩素臭も。

 

源泉は早稲田の湯、グランドの湯、音羽の湯の3源泉をブレンド

3源泉をブレンドしているのは湯檜曽温泉でもここだけ。

 

 

ホテル湯の陣は湯檜曽温泉随一の施設を誇る旅館。

小さな旅館にはない充実の施設が魅力です。

温泉感は少し弱めです。

 

 

温泉分析書 成分少な目のあっさりとした温泉

 


f:id:zenigame1:20240313205915j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは470mgのため、単純温泉です。

単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉となる温泉です。

成分的にはお隣水上温泉を薄くした感じです。

 

た、pH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH8.4で惜しくも届かず。