大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

湯の小屋温泉 湯元館 森の中のバンガロー露天風呂に日帰り入浴

湯元館

 

 

 


 
 

1.基本情報
 

 【日帰り入浴時間】

13:00〜15:00

【日帰り入浴】

内風呂 800円

露天風呂 1000円

【タオル】

サービス

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

露天(貸切2)

【公式HP】   

https://www.yunokoya-yumotokan.jp/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

2.住所・電話番号


 
 【住所】

群馬県利根郡みなかみ町藤原6275

【電話番号】

0278-75-2501

 

 

3.泉質


 
■源泉

湯ノ小屋温泉3号泉

■泉質   

単純温泉

■温度           

 55.3度 

■pH値

7.5

■成分総計  

740mg

 

 

4.湯の小屋温泉について

 


f:id:zenigame1:20230604203044j:image

湯の小屋温泉は水上温泉郷で最も奥地にある秘湯。

水上温泉郷は南から、水上、谷川、うのせ、湯檜曽、向山、宝川、上の原、湯の小屋温泉と続きますが、水上温泉から湯の小屋温泉までは30分以上もくねくねとした県道を進む必要がり、アクセスはあまりよくありません。

開湯時期も全く不明ですが、昔からひっそりと利用されてきた温泉のようです。

温泉街はなく、5件ほどの旅館が点在しています。

日帰り入浴には全ての宿で可能です。

 

 

5.外観・館内・お風呂

 

 


f:id:zenigame1:20230604203118j:image

湯元館はキャンプ場に併設された温泉。

貸切風呂で有名な龍洞の真横にあります。

旅館みたいな名前ですが、正確には旅館ではありません。

2014年にオープンした比較的新しい施設です。

湯の小屋温泉の名前のとおり、小さな小屋のような建物。


f:id:zenigame1:20230604204419j:image

湯元館の存在は私も知らなかったのですが、県道沿いに「日帰り温泉」ののぼりがたくさん。気になったので行ってみることに。 

軽トラが泊まったりしていたので、地元の方もよく利用する温泉なのかも。


f:id:zenigame1:20230604204605j:image

日帰り入浴料は800円。

建物は休憩所と男女別の内湯のみと超シンプルな施設。


f:id:zenigame1:20230604205042j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20230604205103j:image

こちらがお風呂。内湯のみでこちらも超シンプルなお湯。

泉質は単純温泉。成分的には食塩と石膏が半々くらいのお湯。

石膏を含む温泉は、水上温泉など群馬北部でよく見られる泉質で、痛みの鎮静作用があります。

また、アルカリ性のお湯で、浴後は肌がサラサラになります。

湯の小屋温泉は源泉温度が高いため、お湯はちょっと熱めです。

 


f:id:zenigame1:20230604205404j:image

内湯のみかと思っていましたが、帳場には露天風呂の写真が。

受付のおばちゃんに聞いてみると、ここからちょっと離れたところに露天風呂があるそうで、そちらは1000円で別料金。

追加で1000円を払おうとしたところ、プラス200円でいいとのことで、

露天風呂へ案内してくれました。


f:id:zenigame1:20230604205812j:image

露天風呂まではキャンプ場の構内を下っていきます。

受付からは徒歩5分ほどで、全然近いです。

正面のどうみてもバンガローな建物が露天風呂。

構内にはホンモノのバンガローも点在しているので、案内がないとわからないかもです。


f:id:zenigame1:20230604210110j:image

こちらが露天風呂。貸切が2つありますが、奥は赤ののれんで手前が青ののれん。貸切なので、どちらでもいいんでしょうが、赤いのれんを抵抗あるので、青いのれんのバンガローへ。


f:id:zenigame1:20230604211108j:image

内風呂と露天風呂が別料金っぽいのですが、追加200円だけでよかったのでしょうか?サービスしてくれたのかも


f:id:zenigame1:20230604211222j:image

こちらが脱衣所。このへんは普通にバンガローな感じです。

キャンプ場内の施設なので、そんなにきれいではありません。


f:id:zenigame1:20230604211302j:image

こちらが露天風呂!渓流沿いの素晴らしい木造露天風呂。 

2人サイズくらいのこぢんまりしたお風呂ですが、これがまた良い。

貸し切りなので当然誰にも会うことはありません。


f:id:zenigame1:20230604211347j:image 

渓流の音を聞きながら至福の入浴。

お湯の鮮度はあまりよくないようで、ちょっとぬるめでした。

季節的にはちょうどよい。


f:id:zenigame1:20230604211616j:image

露天風呂ですが、シャワーもありました。

 

湯元館は内湯よりも圧倒的に露天風呂がおすすめ。

何も言わないと内湯しか案内されなかったため、はじめから露天風呂狙いでオーダーしてみると良いと思います。

 

 

 

まだまだあります 水上温泉郷

 

【水上温泉】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ6選) - 大露天風呂の日記

 

【湯檜曽温泉】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ3選) - 大露天風呂の日記

 

【湯の小屋温泉を入りつくせ!】日帰り入浴完全マスターガイド(温泉ソムリエのオススメ4選) - 大露天風呂の日記

 

 

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20230604211939j:image

 

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは740mgのため、単純温泉です。  

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、もし1000mgを超えていたら、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉になる温泉です。

食塩と石膏を含む温泉で、水上温泉郷に多い泉質。