大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

伊東温泉 伊東ホテルジュラク ヤシの木がそびえる南国風露天に日帰り入浴

伊東ホテルジュラク

 

 

基本情報


【日帰り入浴時間】

15:00〜22:00

【日帰り入浴料】

1100円

【タオル】

バスタオル・フェイスタオルセット

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男2・女2)

【客室数】

99室

【公式HP】

https://www.hotel-juraku.co.jp/ito/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号


 【住所】

静岡県伊東市岡281番地

【電話番号】

0557-37-3161

 

泉質

 

■源泉

岡156号泉・岡158号泉・岡159号泉

岡230号・岡248号泉

■泉質   

単純温泉

■温度           

 49.4度 

■pH値

8.2

■成分総計  

694mg

 

伊東温泉ってこんなところ
 


f:id:zenigame1:20240208201259j:image

 

伊東温泉は熱海と並ぶ伊豆を代表する温泉地。歴史は古く平安時代に上総介藤原資範が入湯した記録が残りますが、それ以外にはっきりとした開湯の言われはありません。江戸時代には徳川家光にお湯を献上したとされていますが、温泉地として発展したのは明治以降。

 

この頃から別荘地として栄え始め、源泉が多数開発された結果、大正期以降は、東海館など今に残る豪壮な建築の老舗旅館も建てられました。700本を超える源泉があり、湧出量はなんと毎分3万4000リットル。これは熱海温泉の約2倍、温泉地としては別府、由布院に次ぐ全国三位の湧出量を誇ります。

 

多くのホテルや旅館がありますが、日帰り入浴は大歓迎してくれます。主要な宿のほとんどが日帰り入浴可能で、伊豆でも有数の日帰り入浴天国。

豊富な湯量から源泉かけ流しの宿が多いのも特徴です。

 

度肝を抜く昭和ゴージャスな大型ホテル

 


f:id:zenigame1:20240207221701j:image

伊東ホテルジュラクは伊東温泉の高台にある大型ホテル。

左の建物がセンターウィング、右がガーデンスイートで客室数は99室を数え、伊東温泉ではハトヤ、ニュー岡部に次ぐ規模です。


f:id:zenigame1:20240207225844j:image

ちなみにジュラクの後ろある八角形の建物は、ハトヤのタワー棟。

ハトヤも伊東温泉を代表する有名ホテルですが、こちらは日帰り入浴不可です。


f:id:zenigame1:20240207222205j:image

ホテルジュラクもなかなか大きい。伊東温泉で一番目立つ高層ホテルです。ジュラクのロゴがいかにも昭和らしい。

ジュラクグループは飯坂、水上、万座などにホテル展開していますが、その中でも一番デカと豪華さを誇るのが伊東ジュラク


f:id:zenigame1:20240207225957j:image

伊東ジュラクの前身はニューかにやホテル。

これは1966年の写真ですが、この2年後に聚楽に買収されます。

後ろに映るのはハトヤですが、巨大なハトヤの看板も含めて、現在もほとんど変わっていないのがすごい。


f:id:zenigame1:20240207230628j:image

1992年にセンターウィングが建てられ、現在の姿になっています。

 


f:id:zenigame1:20240207222420j:image

高台までゆるやかな坂道を登ると、ホテルの巨大な入口。

ここを進むと駐車場があります。

日帰り入浴をお願いすると、駐車場のスタッフから、改修工事中なので。。と一瞬お断りされてしまいました。

事前に電話してオッケイもらってますと伝えると、それなら大丈夫ですと、そのまま駐車するように案内されます。

 

どうやら現在改修工事中で、利用できるお風呂の数が減っていたようです。


f:id:zenigame1:20240207222744j:image

ホテル入口。


f:id:zenigame1:20240207223054j:image

入口に入るとこれまた巨大なエスカレーターホール。

近づくと自動で動き出すタイプ。

エスカレーターを登るとロビーです。


f:id:zenigame1:20240207223218j:image

振り向くとこんな感じです。エスカレーターのためだけのこの空間。

なんとも贅沢。


f:id:zenigame1:20240207223259j:image

ロビーもとにかくすごい。まず目に入るのはド肝を抜くサイズのシャンデリア。今どきなかなか目にしないサイズ。

館内は昭和レトロな豪華さをこれでもかと詰め込んだ感じです。

 

熱海のホテルニューアカオもこんな感じですが、昭和レトロな豪華さは逆に新鮮で、最近流行りなような気がします。


f:id:zenigame1:20240207223501j:image

廊下もこの通り。ヨーロッパの王宮のようなずらっと並んだシャンデリア。


f:id:zenigame1:20240207224012j:image

館内に圧倒されつつ受付。

フロントのスタッフの対応もさすがで、優しい口調でものすごく丁寧。

日帰り入浴料は1100円。

こんなロビーを見せつけられるとなんか安く感じます。


f:id:zenigame1:20240208202748j:image

1100円でバスタオルとフェイスタオルがつくので、

むしろお得です。

 

 

大浴場は3箇所あります


f:id:zenigame1:20240207224644j:image

お風呂はげんせん、ゆるかの湯、やんもの湯の三箇所。


f:id:zenigame1:20240208200215j:image

げんせんは男女別。ゆるかの湯とやんもの湯は男女入れ替えで、日帰り入浴時間帯はやんもの湯が男性。


f:id:zenigame1:20240207225726j:image

ところがこの日は改修工事中。やんもの湯は入れないとのことで、

男性は「げんせん」というかけ流しの露天風呂一箇所のみでした。


f:id:zenigame1:20240208195949j:image

この先がげんせんです。

高そうな椅子が並べられた廊下。


f:id:zenigame1:20240208200049j:image

色とりどりの椅子が並ぶ湯上がり所。


f:id:zenigame1:20240208200159j:image

大浴場入口。


f:id:zenigame1:20240208200352j:image

げんせんは露天風呂がメインで、内湯はかなり小さいです。

客室数100室近い大型ホテルで、内湯がここだけの状況だったので、結構混んでいました。おそらくメインは工事中のやんもの湯。

 

泉質は単純温泉。五本の源泉を混合しています。

成分総計は694mgで、伊東温泉では薄めの源泉です。

 

源泉温度は49度で、お風呂に注がれる頃には適温に。

源泉かけ流しとのことでしたが、人が多く入っているため、お湯の鮮度はいまいち。源泉かけ流し感はあまりせず。


f:id:zenigame1:20240208200935j:image

こちらが露天風呂。中央にそびえるのは、ビロウヤシというヤシの木。勾玉型の湯船で、全体的に洋風な印象です。

ちなみにちょうどこの2階部分が女湯になっているので、上から覗き込んだら、男湯が見えそうな感じでした。

景色はそんなにありませんが、南国伊東温泉らしいお風呂です。

 

 

伊東ホテルジュラクは伊東温泉でおそらく一番ゴージャスなホテル。

昭和レトロな少しぶっ飛んだ豪華さは現代では新鮮です。

4月頃までリニューアル工事中だそうですが、本来ならもう1箇所広い大浴場に入れるので、またリベンジしたいと思います。

 

温泉分析書 塩分少な目の単純温泉

 


f:id:zenigame1:20240208201621j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは694mgのため、単純温泉です。 単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム-硫酸塩・塩化物泉です。