大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

網代温泉 大成館 びっくりするほど苦い!カルシウムたっぷりの温泉に日帰り入浴

大成館


 
 

 

基本情報


 
 【日帰り入浴時間】

14:00〜20:00

【日帰り入浴料】

1100円  駐車料220円

【タオル】

330円(ロゴなし)

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

22室

【公式HP】

https://www.taiseikan.com/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号

 

 【住所】

静岡県熱海市下多賀141

【電話番号】

0557-68-2221

 

泉質
 

■源泉

下9号泉(かもめ湯)

■泉質   

カルシウム・ナトリウム-塩化物泉

(含食塩塩化土類泉)

■温度           

 57.0度 

■pH値

7.3

■成分総計  

14720mg

 

網代温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20240205144057j:image

網代あじろ)温泉は熱海温泉の南にある小さな温泉。

歓楽的で巨大な熱海温泉とは全く雰囲気が異なり、漁港に溶け込むように温泉宿が点在しています。昭和13年に掘削に成功した比較的新しい温泉。10件近い宿がありますが、日帰り入浴できるのは3件のみ。

 

国道沿いの純和風旅館


f:id:zenigame1:20240205144243j:image

大成館は国道135号線沿いにある和風旅館。

表から見るとまあまあ立派な建物で、網代温泉で一番旅館らしい感じがします。


f:id:zenigame1:20240205144535j:image

玄関は国道と反対側にあります。

高級感のある玄関です。

日帰り入浴は14時からスタート。


f:id:zenigame1:20240205144648j:image

裏側には広い駐車場も完備。なんですがここは別料金。

「先にお伝えしてなくてすみません」と帰り際に玄関スタッフから220円取られました。

でも220円なら全然お安い。


f:id:zenigame1:20240205144919j:image

加賀藩の梅鉢紋のようなロゴ。

玄関をくぐると女将さんと受付スタッフの方がお出迎え。

日帰り入浴料は1100円。


f:id:zenigame1:20240205145133j:image

タオルは300円で少し高いです。

100%綿製で温泉マークがあしらわれた上質なタオル。

宿のロゴはなし。温泉マークよりロゴがほしい。

綿製のタオルって乾燥機に入れると縮みまくるので、個人的にはあんまりかな。 

 

料金を支払うと、「お風呂の御案内お願いします〜す」と威勢のいい声で女将さんにバトンタッチ。

女将さんはなかなか気さくで、

「遠くからいらしたんじゃないですか?いいお湯ですのでどうぞごゆっくり」と話しかけていただきました。


f:id:zenigame1:20240205145114j:image

酒瓶がずららりと並ぶコーナー。

日本酒や焼酎のほか、ワインのラインナップも。


f:id:zenigame1:20240205145616j:image

お酒好きにはたまらないかも。一本六万円の超高級ワインもありました。


f:id:zenigame1:20240205145742j:image

白、紫、黒に染められたかっこいいのれん。


f:id:zenigame1:20240205145947j:image 

のれんをくぐるとすぐに冷たい麦茶。

この位置にあるのは珍しいかも。

冷たくてなかなかうまかったです。

 

超苦い!!食塩もたっぷりな個性派温泉


f:id:zenigame1:20240205150043j:image  

脱衣所。


f:id:zenigame1:20240205150113j:image

こちらが大浴場。「潮」と名付けられた浴室は白と黒のモノトーンに統一され、落ち着いた雰囲気。

浴槽は石造りで少し浅め。


f:id:zenigame1:20240205150320j:image

床はなかなか見かけない木製でした。 

水はけが良く、濡れても滑らなそうな不思議な足触り。


f:id:zenigame1:20240205150446j:image 

肝心のお湯は。おー 少し抹茶色の濁りがあります。

泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉。

旧泉質名では含食塩塩化土類泉です。

食塩ではなく、塩化カルシウムが頭に来る珍しい泉質。


f:id:zenigame1:20240205150734j:image 

お湯に浸かると、不気味な感じに泡が立つのが面白い。

かめも湯という大成館の自家源泉を使用しており、ここでしか味わえないお湯です。すごいのは成分量でなんと1万4720mgもあります。

同じ網代温泉の平鶴が使用する源泉の約2倍の濃度。

女将さんが言っていたとおり、これはかなりいいお湯です。


f:id:zenigame1:20240205151027j:image

そしてもう一つ超個性的なのが味。

ほんの少し舐めてみると。目が覚めるくらいの強烈な苦さのあとに、ほのかに磯のような香りがします。


f:id:zenigame1:20240205152258j:image

 

塩っぱさもなかなかですが、苦みが真っ先に来ます。

網代温泉な隣の熱海温泉などは、カルシウムの含有量が多く、かなり苦いのが特徴ですが、ここはダントツ。

吐いてしまいそうなほどの苦さなので、飲むのはやめておきました。  

 

景色はないですが露天風呂もあります

 


f:id:zenigame1:20240205151512j:image

続いて露天風呂へ。ここは「渚」という名前です。

海沿いですが、残念ながら海は見えません。

最上階に海が見える貸切展望露天風呂があるのですが、日帰り入浴では入れません。


f:id:zenigame1:20240205151726j:image

大成館は豊富な自家源泉を活かし、内湯も露天も源泉かけ流しです。

露天風呂は抹茶色の濁りは弱めで、内湯のほうが少し濃い感じがしました。

塩分濃度が高いため、温まりもすごくいいお湯でした。

 

 

 

大成館は国道からもよく見える和風旅館。

日帰り入浴客にも丁寧におもてなしてくれるので高評価で。

ここでしか味わえない自家源泉は、圧倒的な苦みのとんでもないお湯。日曜日の14過ぎに伺いましたが、他のお客さんには会わず、ゆっくり堪能できました。

熱海と異なり、混み合わないのもポイント高いです。

 

温泉分析書 カルシウムを多量に含む食塩泉

 


f:id:zenigame1:20240205152219j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは14720mgで1000mgを余裕で超えます。陽イオンはカルシウムとナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・ナトリウム-塩化物泉です。