大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

四万温泉 はつしろ旅館 お湯があふれる扇型のタイル風呂に日帰り入浴

はつしろ旅館

 
 

 

基本情報
 

 【日帰り入浴時間】

11:00〜16:00

【日帰り入浴料】

400円

【タオル】

100円

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】

7室

【公式HP】

なし

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号
 

 【住所】

群馬県吾妻郡中之条町四万温泉4237-53

【電話番号】

0279-64-2510

 

泉質


 
■源泉

岩文乃湯

明治湯

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

(含石膏食塩泉)

■温度           

 51.1度 

■pH値

6.6

■成分総計  

1620mg

 

 

四万温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20240108192934j:image

四万(しま)温泉は群馬県北部の中之条町にある温泉。

4万の病を治すと言われたことから、四万温泉という名前になったそう。歴史は古く、坂上田村麻呂が入浴したなど開湯は諸説ありますが、奈良時代末期から平安時代にかけて開かれたようです。

 

f:id:zenigame1:20240108172835j:image

 

湯宿が出来たのは江戸時代で、今に続く四万温泉の二大旅館である四万たむらと積善館はこの頃から続きます。写真の堂々たる入母屋造のかやぶき屋根は四万たむら。


f:id:zenigame1:20240108193048j:image

一方の積善館は千と千尋の神隠しのモデルの1つと言われ、四万温泉を代表する景観を作っています。

 

観光客の多さでは群馬で草津伊香保に次ぐ人気温泉地。

四万たむらと積善館以外に大型旅館は少なく、こぢんまりとした宿が多い雰囲気ですが、食事に定評がある旅館が多く、各旅館にファンがいます。日帰り入浴には半分ほどの10件で可能です。

 

民家のような小さな旅館です

 


f:id:zenigame1:20240108193239j:image

はつしろ旅館は四万温泉の玄関口にある小さな旅館。


f:id:zenigame1:20240108193550j:image

このあたりはオシャレなカフェやハンバーガー屋などがあり、四万温泉でも人通りの多いエリア。そんなオシャレな店が並ぶ通りに、昔ながらの小さな旅館が点在しています。

いずれの旅館も日帰り入浴には寛容で、徒歩数秒ではしご湯できます。


f:id:zenigame1:20240108193348j:image

はつしろ旅館を横から見るとこんな感じ。

客室数はわずか7室の民家のような旅館です。

日帰り入浴可能か電話してみると、女将さんらしき人が出て、「やってますよ」と好感触でした。


f:id:zenigame1:20240108200708j:image

駐車場がないので、宿のすぐ裏手の桐の木平駐車場に車を停めます。

こちらの駐車場は無料なので、安心して停められます。

 

四万温泉の中心部は宿泊客以外の駐車場がまったくないため、

皆さんここに停めて観光してます。


f:id:zenigame1:20240108193428j:image

ガラガラと扉を開けます。

外の通りからは中は暗く見えるので、ほんとにやっているか不安になりますが大丈夫。

 

なんなら、知らなければこちらの旅館に入る人はなかなかいないので、道行く観光客にツウな感じを見せつけられます。


f:id:zenigame1:20240108194017j:image

日帰り入浴は400円とかなり安いです。

タオルは100円ですがロゴなし。

 

ダンジョンに迷い込むようなお風呂

 


f:id:zenigame1:20240108194133j:image

階段を降りた先がお風呂。

女将さんが電気をつけてくれましたが、最初は真っ暗。

狭い急な階段はダンジョンへ向かうような感じで面白い。


f:id:zenigame1:20240108194326j:image

ちょっとごちゃごちゃしてますが、お風呂はこの先です。


f:id:zenigame1:20240108194424j:image

男湯、女湯ともに脱衣所のドアが空いていますが、誰もいません。

四万温泉は無料の共同浴場もあるため、小さな旅館の日帰り入浴を求める温泉好きはたぶんレア。

その分貸し切りで独り占めできるのが、日帰り入浴の醍醐味です。


f:id:zenigame1:20240108194559j:image

脱衣所も最低限という感じ。

 

窓は絶対に開けてはいけないお風呂です


f:id:zenigame1:20240108194632j:image

こちらがお風呂。

露天風呂はなく内湯。扇型のシンプルな湯船です。


f:id:zenigame1:20240108195820j:image

お湯に浸かると、狭い浴室にドバーとお湯が溢れ出し、あっという間に洪水に。洗面器を排水口の隅まで押し流し、あんなところまで。


f:id:zenigame1:20240108200145j:image

カランはこんな感じです。

 

f:id:zenigame1:20240108200012j:image

浴槽はレトロなタイル製。

小さいお風呂は得てして熱いのですが、ここは適温でずっと入れる温度。


f:id:zenigame1:20240108200129j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。

旧泉質名は含石膏食塩泉です。

源泉かけ流しだと思いましたが、循環消毒ありのようでした。

 

f:id:zenigame1:20240108200400j:image

ですが、全くわからないくらいお湯の感じは、かけ流し温泉に近いです。人があまり入っていないので、鮮度がいいのでしょう。


f:id:zenigame1:20240108200431j:image

ちなみに窓を開けると外の景色はこんな感じ。

窓の外は町営駐車場で、車も人も結構往来します。

 

不用意に開けるとお互いびっくりしますので、空けない方がいいです。わたしも車が来たので慌てて閉めました。

 

はつしろ旅館は四万温泉でもマニア向けの旅館。

落ち着いたタイルのお風呂はなかなか味があって好きです。

日帰り入浴は全く混まないので、貸切に近い形で利用できます。

 

 

温泉分析書の説明 石膏を含む食塩泉


f:id:zenigame1:20240108200621j:image

 

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1620mg。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンと硫酸イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉です。