大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

四万温泉 唐沢屋旅館 源泉かけ流し!昔ながらのタイルの貸切風呂に日帰り入浴

唐沢屋旅館


 
 

 

基本情報


 【日帰り入浴時間】

12:00〜(要確認)

【日帰り入浴料】

700円

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(貸切2)

【公式HP】

なし

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号


 【住所】

群馬県吾妻郡中之条町四万温泉4237

【電話番号】

0279-64-2514

 

泉質

 
■源泉

岩文乃湯

明治湯

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

(含石膏食塩泉)

■温度           

 51.1度 

■pH値

6.6

■成分総計  

1620mg

 

 

四万温泉ってこんなところ
 


f:id:zenigame1:20240108202651j:image

 

四万(しま)温泉は群馬県北部の中之条町にある温泉。

4万の病を治すと言われたことから、四万温泉という名前になったそう。歴史は古く、坂上田村麻呂が入浴したなど開湯は諸説ありますが、奈良時代末期から平安時代にかけて開かれたようです。

 

f:id:zenigame1:20240108172835j:image

 

湯宿が出来たのは江戸時代で、今に続く四万温泉の二大旅館である四万たむらと積善館はこの頃から続きます。写真の堂々たる入母屋造のかやぶき屋根は四万たむら。


f:id:zenigame1:20240108193048j:image

一方の積善館は千と千尋の神隠しのモデルの1つと言われ、四万温泉を代表する景観を作っています。

 

観光客の多さでは群馬で草津伊香保に次ぐ人気温泉地。

四万たむらと積善館以外に大型旅館は少なく、こぢんまりとした宿が多い雰囲気ですが、食事に定評がある旅館が多く、各旅館にファンがいます。日帰り入浴には半分ほどの10件で可能です。

 

焼きまんじゅう屋の隣にあります

 


f:id:zenigame1:20240108202722j:image

唐沢屋旅館は四万温泉の玄関口にある旅館。

昔ながらの小さな旅館で、隣には焼きまんじゅう屋があります。

この辺りには、あやめや旅館、やまの旅館、はつしろ旅館など、日帰り可能な小宿が密集。一気に湯巡りできます。

 

四万温泉はひらがなで〇〇旅館というのが多い感じ。

駐車場はないため、すぐ近くの町営駐車場を利用します。

 


f:id:zenigame1:20240108203027j:image

柏屋カフェなどオシャレな店の目の前に、渋さを放っている旅館。

日帰り入浴可能か電話したところ、おばあちゃんが出て、

「何時くらいがいい?」と聞かれます。

逆に希望時間を聞かれたのは初めて。12時くらいが一番良いとのことでそのくらいの時間に伺いました。


f:id:zenigame1:20240108203231j:image

玄関を開けるとこんな感じ。右が居間になっていて、「すみませーん」と呼んでみると、居間からかなり高齢のおじいちゃんが出てきてくれました。

日帰り入浴料は700円。

四万温泉のこの手の旅館は500円くらいなので、ちょっと高いかも。

 

お風呂は2箇所 貸切利用です


f:id:zenigame1:20240108203431j:image

 

お風呂をお願いすると、「今大きい方のお風呂は他のお客さんがは入っちゃっているので、小さい方でもいいですか?」と聞かれます。

先客がいるとは思わなかったので、油断してましたが、

入れれば小さなお風呂でも全然大丈夫です。

廊下正面が大きなお風呂、右側が小さなお風呂です。

 

f:id:zenigame1:20240108203621j:image 

こちらのお風呂の日帰り入浴は貸切利用です。

おじいちゃんがお風呂まで案内してくれて、この札を下げます。


f:id:zenigame1:20240108203737j:image

脱衣所も小さめ。洗面台は昔のままでタイル。


f:id:zenigame1:20240108203847j:image

脱衣棚の上にはホコリを被ったアヒルさんも。


f:id:zenigame1:20240108203930j:image

こちらがお風呂。入った瞬間、おおこれはいいお風呂と直感。

小さいですがこれで十分。青いタイルの湯船で、昔ながらのお風呂。

湯気がすごかったので、窓を開けて換気。

景色は宿の裏庭でした。

 

窓を開けると、うなぎを焼くような香ばしいかおり。

宿の方の昼食でうなぎを食べているのかと思いましたが、


f:id:zenigame1:20240108204503j:image

匂いの正体はこれでした。唐沢屋の真横にある焼きまんじゅう屋。

結構な有名店のようでお客さんもたくさん。

 

ちなみに焼きまんじゅうは群馬名物で、蒸しパンのような柔らかい生地に味噌をつけて焼いたもの。

焼きまんじゅうを炭火で焼き上げる時の匂いでした。ちなみにまんじゅうという名前ですが、あんこが入っているわけではなく、意外とさっぱり食べられます。


f:id:zenigame1:20240108204043j:image

焼きまんじゅうの匂いでお腹が減ってきます。

お湯は無色透明。お湯は割と適温で長湯できる気持ちよさでした。 

浴室が狭いので、お湯に浸かると床じゅうが溢れたお湯で洪水になります。


f:id:zenigame1:20240108204129j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

旧泉質名では含石膏食塩泉です。

味はほとんどしません。ほんの少しだけ鉄分も含むため、湯口は少し赤茶色に。

温泉は源泉かけ流しです。

なかなか気持の良いお湯で、しばし長湯。


f:id:zenigame1:20240108205027j:image

そうこうしている間に、大きな方のお風呂が空いたのでのぞいてみました。先客は常連さんのようでした。

脱衣所からしてサイズが全然ちがう。


f:id:zenigame1:20240108204922j:image

ですが。お風呂は大きいだけで至ってフツウ。

小さい方のお風呂みたいなレトロな感じもなく、手を入れてちょっと新しくした感じ。

これなら小さいお風呂のほうが断然良いです。

これはむしろ小さいお風呂に案内されてラッキーでした。

 

唐沢屋旅館は四万温泉でもなかなかマニアックな旅館。

レトロなお風呂は温泉ツウしか喜ばなそうですが、四万温泉で源泉かけ流しで楽しめる旅館は意外に少なく貴重です。

 

温泉分析書の説明

 

 

詳細な分析書がなかったので不明ですが、場所的に明治の湯と岩文乃湯の混合泉と思われます。