大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

別所温泉 中松屋 最上階の絶景陶器風呂に日帰り入浴

松屋


 
 

 

基本情報
 

 【日帰り入浴時間】

15:00〜20:00

【日帰り入浴料】

1100円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

23室

【公式HP】

https://www.nakamatuya.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号

 
 【住所】

長野県上田市別所温泉1627

【電話番号】

0268-38-3123

 

泉質

 
■源泉

別所温泉4号源泉

■泉質   

アルカリ性単純硫黄温泉

■温度           

 50.6度 

■pH値

8.9

■成分総計  

329mg

 

別所温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20231229104924j:image

 

 

別所温泉は長野県は上田市にある温泉。景行天皇の時代、日本武尊

の東征の折に発見されたと言われ、これが本当なら2000円近い歴史があることになります。有馬、玉造などと並び日本最古の温泉に数えられる非常に歴史の古い温泉です。


f:id:zenigame1:20231229104816j:image

北向観音安楽寺など国宝や文化財の古刹も多く、信州の鎌倉とも呼ばれます。


f:id:zenigame1:20231229104849j:image

そんなわけで高級旅館が多い温泉地。お高く留まっている印象があり、日帰り入浴にはかなり厳しいです。10件以上の旅館がありますが、日帰り入浴可能なのはわずか2件のみ。

 

ちょっと大きな和風旅館

 

 


f:id:zenigame1:20231230185743j:image

松屋別所温泉の中心部にある鉄筋7階建ての和風旅館。

規模的には別所温泉でも比較的大きい方。

日帰り入浴に冷たい別所では貴重な旅館です。


f:id:zenigame1:20231230185920j:image

別所温泉の中心部にあり、敷地が狭いため、

日帰り入浴の場合、宿の駐車場は利用できません。

近くの有料駐車場に停めるように案内されましたが、コインパー的なものは見当たらず。

松屋から一番近いのはこの観音前駐車場。

駐車料金500円を箱の中にいれるスタイルです。



f:id:zenigame1:20231230190838j:image

松屋の付近は別所温泉でも賑やかなエリア。

目の前にある数寄屋造りの広大な旅館はかしわや本店。

別所温泉でも一二を争う人気高級旅館ですが、日帰り入浴不可。


f:id:zenigame1:20231230190551j:image  

北向観音に続く参道は確かにさながら鎌倉のような雰囲気。


f:id:zenigame1:20231230195303j:image

別所温泉は外湯も充実。大師湯、大湯、石湯の3箇所があり、いずれも温泉情緒あふれる佇まい。写真は中松屋の目の前にある大師湯。屋根の軒先にかかれた温泉マークがかっこいい建物。

 

外湯が充実しているので、旅館は日帰り入浴に冷たいのかも。

 


f:id:zenigame1:20231230190641j:image

細長い建物が中松屋。左隣ぴったりくっつくのは上松やで別な旅館です。上松やも日帰り入浴不可。

 

アロマが香る畳敷きの館内


f:id:zenigame1:20231230190821j:image

こちらが館内。畳敷きのロビーです。

日帰り入浴は15時から。チェックイン客に混ざって館内へ。

女性スタッフ数人が賑やかなにお出迎えしてくれました。

日帰り入浴できそうな雰囲気ですが、歓迎してくれます。


f:id:zenigame1:20231230191052j:image

こちらのスタッフの方は皆さん愛想が良くとても好印象。

日帰り入浴は1100円。

ちょっと高級そうな旅館なので、妥当なお値段。


f:id:zenigame1:20231230191204j:image

松屋はアロマ推しの旅館で、館内にもヒノキのようなアロマの香りが漂っています。中松屋オリジナルブレンドのアロマも販売されていて、アカマツやヒノキ、ラベンダーなど自然の香りがラインナップ。


f:id:zenigame1:20231230191649j:image

フロントにもアロマ。


f:id:zenigame1:20231230195231j:image

お風呂は最上階の7階。


f:id:zenigame1:20231230191418j:image

お風呂前は畳敷きのドリンクコーナーになっていました。


f:id:zenigame1:20231230191526j:image 

お風呂入口。パッチワークのようなのれんの柄がなんかオシャレ。


f:id:zenigame1:20231230191620j:image 

脱衣所。最上階なので見晴らしが良いです。


f:id:zenigame1:20231230191729j:image

下に見えるのは臨泉楼柏屋別荘という旅館。

廃業してしまい、現在は営業していませんが、建物は維持されているようでした。木造四階建ての文化級の旅館で、別所でも人気があっただけに残念。早く再開して欲しいです。

 

塩田平一望の展望風呂


f:id:zenigame1:20231230194641j:image

まずは大浴場から。高級旅館らしくすっきりとした印象。

清掃も行き届いています。


f:id:zenigame1:20231230194814j:image

泉質はアルカリ性単純硫黄温泉。

アルカリ性の高いお湯は少しとろみがあり、ほのかに硫黄が香る柔らかいお湯。さすがは何千年もの間愛されてきた名湯。

アルカリと硫黄は普通両立しないので、意外と珍しい泉質です。

硫化水素イオンは12mgで無色透明のお湯の割には多く含んでいます。

 

循環消毒ありなので、少し塩素臭がするのが残念。


f:id:zenigame1:20231230194952j:image

続いて露天風呂へ。真ん中の柱が邪魔ですが、岩風呂の奥に陶器のお風呂が2つ並んでいます。


f:id:zenigame1:20231230195151j:image

岩風呂は少し熱めの湯加減。


f:id:zenigame1:20231230200521j:image

こちらが陶器風呂。

2つ並んだ湯船がかわいい。

湯加減は少し温めでいい感じ。


f:id:zenigame1:20231230200459j:image

七階にあるので見晴らしは抜群。

宿泊客とかち合うかと思いましたが、ほとんど会いませんでした。

意外にも貸切に近い形で楽しめます。


f:id:zenigame1:20231230200241j:image

お湯に浸かればこんな目線。


f:id:zenigame1:20231230200337j:image

眼下に広がるのは別所温泉街と塩田平。

 

松屋別所温泉で日帰り入浴できる貴重な旅館。

松屋もまあまあ高級旅館なので、館内は高級感があり、スタッフのお出迎えと丁寧です。七階の展望風呂からの景色はなかなかなのでぜひ。

 

温泉分析書の説明 硫黄を含むアルカリ性の温泉

 


f:id:zenigame1:20231230200436j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは329mgのため、単純温泉です。 単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム-硫酸塩・塩化物泉となる温泉です。

 

その他に総硫黄(硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉となりますが、こちらは12mgあるので、基準を満たします。

 

また、pH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH8.9でアルカリ性です。 以上より、アルカリ性単純硫黄泉になります。