大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

熱海温泉 リブマックスリゾート熱海シーフロント ロウリュサウナと海が見える露天に日帰り入浴

リブマックスリゾート熱海シーフロント

 
 

 

基本情報
 

 【日帰り入浴時間】

15:00〜22:00(受付21:00まで)

【日帰り入浴料】

1500円

【タオル】

バスタオル・フェイスタオル付き

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

34室

【公式HP】

https://www.livemax-resort.com/shizuoka/atami_sf/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号

 

 【住所】

静岡県熱海市渚町14-12

【電話番号】

0557-83-0010

 

泉質

 

■源泉

熱海219号第1渚湯、熱海238号第2渚湯、

熱海218号古河湯、熱海242号ふじ湯、

熱海241号第2中野山湯、熱海178号坂本湯の混合泉

■泉質   

カルシウム・ナトリウム-塩化物泉

■温度           

 73.3度 

■pH値

7.9

■成分総計  

7882mg

 

熱海温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20231221225619j:image

 

 

 

熱海温泉は静岡県伊豆半島の中部にある温泉。

大型ホテルやマンションなど立ち並ぶ日本有数の巨大温泉です。

 

その歴史は今から1500年前と非常に古く、熱湯が吹き出し、魚がもだえ死んだ様子を見て、熱海と名付けられたそう。

江戸時代には徳川家康も入湯し将軍家御用達の温泉として愛されていました。家光は熱海のお湯を江戸城に運ばせたほど。

 

明治以降も多くの文人墨客に愛され、別荘地としても発展しました。

戦後は新幹線の開通や首都圏からのアクセスの良さもあり、一大リゾート地として発展。一時衰退したものの、現在でも多くの観光客が訪れます。

 

海沿いのビジネスホテル

 


f:id:zenigame1:20231221224702j:image

リブマックスリゾート熱海シーフロントは海岸に面する大通り沿いにあるホテル。

リブマックスグループはここの数百メートル先に熱海オーシャンというホテルも展開。外観もうり二つで場所も近いので、とってもわかりにくい。


f:id:zenigame1:20231221224958j:image

日帰り入浴は熱海シーフロントのみ可能。

日帰り温泉ののぼりが出ているので入りやすい。

 

駐車場は宿泊者専用で、日帰り入浴の場合はコインパーに停める必要があります。ホテルの真横にありますので、ここに停めます。

熱海駅からちょっと離れているので、30分200円ほど。


f:id:zenigame1:20231221225154j:image

ロビー。リブマックスリゾートなので、温泉ホテルや旅館というよりは、ビジネスホテルの雰囲気。必要最低限の共用スペースで、温泉ホテルによくあるお土産物の売店的なものもなし。

季節柄、あふれるほどのクリスマス感。

 

東南アジア系のスタッフの方が受付。日本語はちょっと片言。

日帰り入浴料は1500円。熱海では普通のお値段。


f:id:zenigame1:20231221225403j:image

バスタオルとフェイスタオルはついてきます。


f:id:zenigame1:20231221225447j:image

お風呂はエレベーターで8階へ。


f:id:zenigame1:20231221232415j:image

お風呂入口。のれんには花火が描かれています。

熱海温泉は毎月2回ほど海岸で花火が打ち上げられます。

イベントがなくても花火があがるなんてさすがは熱海。


f:id:zenigame1:20231221232618j:image

男湯と女湯の入口の他になぜかカラオケルーム。

しかも普通のカラオケ屋と遜色ないレベル。


f:id:zenigame1:20231221232723j:image

脱衣所。建物は新しそうでとかく館内はピカピカ。

オシャレな洋楽がBGMで流れていました。

日帰り入浴は15時からですが、ビジネスホテルに早めにチェックインする人は少ないようで、お風呂はガラ空き。

熱海では珍しくお風呂で誰にも会いませんでした。

 

アロマオイルのロウリュサウナ


f:id:zenigame1:20231221232820j:image

アメニティ類も充実の品揃え。


f:id:zenigame1:20231221232902j:image

こちらがお風呂。

泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉。

熱海温泉は源泉数が豊富ですが、ほとんどがこの泉質。

塩化カルシウムが主成分の温泉は珍しく、熱海くらいでしか見たことがありません。

6つの源泉の混合泉を使用しており、成分総計は7882mgとなかなか濃い温泉です。

ですが、循環消毒ありのようで塩素臭あり。


f:id:zenigame1:20231222000442j:image

ロウリュサウナもあり。熱海温泉はサウナが充実。

どこのホテルもだいたいサウナ完備です。

こちらは白樺やミントなどアロマオイルまで用意。

これは初めて見ました。


f:id:zenigame1:20231222002103j:image

桶に1 、2杯入れてサウナストーンにかけます。

なかなかアロマの香りが強く、浴室内は温泉よりもミントの匂い。

 

露天風呂は小さめ


f:id:zenigame1:20231222002610j:image

海沿いの立地なので、楽しみにしていた露天風呂。

ですが、あれなんか違う?

 

公式HPより

 

当然下調べはしてから訪れていますが、熱海シーフロントで検索するとまずはこれが出てきます。

なので、これが露天風呂だろうと思っていましたが、実は屋上プールでした。

うーん なんか騙された感。。


f:id:zenigame1:20231222002823j:image

でも景色は素晴らしいです。お風呂はちょっと小さいですが。

熱海城熱海後楽園ホテル、その奥には熱海で最大の収容力を誇るホテルニューアカオも見えます。


f:id:zenigame1:20231222003107j:image

港に停泊する舟も見えました。

 

熱海シーフロントは小さいながらも海が見える露天風呂が自慢。

ローリュサウナもなかなかのこだわり。

割と空いているので、誰にも会わずにゆっくりと入りたい方にオススメ。

 

温泉分析書の説明 カルシウムを含む食塩泉

 


f:id:zenigame1:20231222200318j:image

 

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは7882mgで1000mgを超えます。陽イオンはカルシウムとナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、カルシウム・ナトリウム-塩化物泉です。