大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

湯河原温泉 ちとせ 現代建築のハイセンスなお風呂に日帰り入浴

ちとせ

 
 

 

基本情報

 【日帰り入浴時間】

12:00〜19:00

【日帰り入浴料】

1515円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

38室

【公式HP】

https://www.yugawara-chitose.jp/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号

 
 【住所】

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上281-1

【電話番号】

0465-63-0121

 

泉質


■源泉

混合泉(土肥サーバランス)

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

(含芒硝食塩泉)

■温度           

 61.7度 

■pH値

8.2

■成分総計  

1588mg

 

湯河原温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20231121230403j:image

 

湯河原温泉は神奈川県は湯河原町にある温泉。万葉集にもその名が登場する温泉で、1300年以上の歴史があり、関東一の古湯とも呼ばれます。

かつては土肥と呼ばれた地域で、こごめの湯や小梅の湯と呼ばれていました。湯河原の名になったのは江戸時代以降。

江戸時代には東の温泉番付で三位にランクインされるなど、昔から有名な温泉地でした。

 


f:id:zenigame1:20231121230856j:image

大型旅館の多い熱海や箱根とは対照的で、格式高い木造旅館などが立ち並び、これぞ日本の温泉という雰囲気。超高級旅館が多いのも特徴で、特に奥湯河原と呼ばれるエリアはとんでもない価格帯です。

日帰り入浴には私立当然冷たい温泉ですが、旅館数が多いため、それでも10件ほどで入浴可能です。

 

神奈川県市町村共済組合の宿

 


f:id:zenigame1:20231121230935j:image

ちとせは神奈川県市町村職員共済組合の宿泊施設。

名前の通り、湯河原温泉を貫く千歳川沿いにあります。

外観の写真を撮り忘れましたが、ホテルというよりかは現代的なマンションのようか見た目。言われなければ温泉施設だとは思わないと思います。


f:id:zenigame1:20231121232404j:image

最近できた施設なのか、とにかく館内は新築のような感じ。

内装はシンプルでありながら、オシャレさも感じる現代的な造り。

日帰り入浴の看板などはありませんが、実は日帰り入浴を歓迎してくれます。


f:id:zenigame1:20231121232611j:image

神奈川県の公務員ではない一般人でも利用可能。

日帰り入浴料は1515円とちょっとだけ高めですが、公務員の方は1043円。金額はかなり半端な感じ。


f:id:zenigame1:20231121232910j:image

ロビーもかなりオシャレです。


f:id:zenigame1:20231121232951j:image

建物の中央部分は吹き抜けになっています。


f:id:zenigame1:20231121233055j:image

こんなオシャレな廊下を進みます。

 

館内はかなり新しい


f:id:zenigame1:20231121233156j:image

お風呂はエレベーターで2階。丸い穴が空いた扉がモダン。


f:id:zenigame1:20231121233340j:image

お風呂はこの先です。ビジネスホテルのようにすっきりしています。


f:id:zenigame1:20231121233427j:image

お風呂入口。このあたりも全く温泉感がありません。 

お風呂はこもれびの湯とせせらぎ湯の2つ。

男女入替え制で、趣が異なります。


f:id:zenigame1:20231121233640j:image

湯上り処。


f:id:zenigame1:20231121233712j:image 

無料のマッサージチェアもありました。


f:id:zenigame1:20231121233923j:image 

脱衣所も無駄なものがなく、非常にシンプル。


f:id:zenigame1:20231121234002j:image

洗面台。

 

大浴場はヒノキと十和田石造り


f:id:zenigame1:20231121234046j:image

こちらがこもれびの湯の大浴場。


f:id:zenigame1:20231121234233j:image

ヒノキ造りのお風呂で、ここは温泉らしい感じ。

ちなみにもう一つのせせらぎの湯は十和田石のお風呂です。


f:id:zenigame1:20231121234525j:image

ミストサウナも併設されています。

熱いサウナが苦手な私ですが、これは大丈夫でした。


f:id:zenigame1:20231122001120j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。

旧泉質名では含芒硝食塩泉です。

このホテルの感じから循環ろ過だろうと思っていましたが、

意外にもかけ流しでした。ただし塩素消毒はしているため、塩素臭はします。


f:id:zenigame1:20231122001302j:image

アルカリ性が高い温泉で、お湯はとても柔らかい感じがします。


f:id:zenigame1:20231122001350j:image

続いて露天風呂。ここもヒノキ風呂。

壁や天井は洒落たデザインですが、残念ながら景色はなし。


f:id:zenigame1:20231122001739j:image

ちなみにホテルのお部屋はこんな感じ。

素泊まりは9000円台で可能で、公務員の方なら6000円台と高価格帯の湯河原温泉では破格です。しかもお部屋はこのキレイさ。

ビジネスホテル代わりにも使えます。

 

ちとせは温泉らしさを微塵も感じない現代的な建物。

日帰り入浴には意外と積極的なので、利用しやすいです。

 

温泉分析書 石膏と食塩を含む温泉

 


f:id:zenigame1:20231122001538j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1588mg。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンと硫酸塩イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉です。