大露天風呂の日記

現在647湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

湯河原温泉 ホテル城山 人工ラドン風呂と天然温泉に日帰り入浴


ホテル城山


 
 

 

基本情報


 
 【日帰り入浴時間】

12:00〜21:30

【日帰り入浴料】

1730円

【タオル】

220円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【公式HP】

https://www.hotel-shiroyama.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号


 
 【住所】

神奈川県足柄下郡湯河原町城堀207

【電話番号】

0465-63-0151

 

泉質

 
■源泉

混合泉(土肥サーバランス)

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

(含芒硝食塩泉)

■温度           

 61.7度 

■pH値

8.2

■成分総計  

1588mg

 

湯河原温泉ってこんなところ


 
f:id:zenigame1:20231120232910j:image

 

湯河原温泉は神奈川県は湯河原町にある温泉。万葉集にもその名が登場する温泉で、1300年以上の歴史があり、関東一の古湯とも呼ばれます。

かつては土肥と呼ばれた地域で、こごめの湯や小梅の湯と呼ばれていました。湯河原の名になったのは江戸時代以降。

江戸時代には東の温泉番付で三位にランクインされるなど、昔から有名な温泉地でした。


f:id:zenigame1:20231120232945j:image

 

大型旅館の多い熱海や箱根とは対照的で、格式高い木造旅館などが立ち並び、これぞ日本の温泉という雰囲気。超高級旅館が多いのも特徴で、特に奥湯河原と呼ばれるエリアはとんでもない価格帯です。

日帰り入浴には私立当然冷たい温泉ですが、旅館数が多いため、それでも10件ほどで入浴可能です。

 

湯河原駅前のホテル

 


f:id:zenigame1:20231120233923j:image

ホテル城山は湯河原温泉の駅前にあるホテル。

ちなみに湯河原温泉の旅館密集エリアは駅から離れており、歩くと30分ほど。


f:id:zenigame1:20231120234100j:image

駅前エリアはホテルや旅館が少なく、湯河原町の市街地という感じ。ホテル城山は駅から最も近いホテルです。


f:id:zenigame1:20231120234323j:image

駐車場が分からなくて素通りしてしまいましたが、駐車場はこのトンネルの部分。天井がかなり低いので背の高い車はギリギリかも。

事前に電話したところ、「駐車場が宿泊客でいっぱいの場合は、申し訳ありませんがお客様負担で近隣のコインパーキングをご利用ください」とのこと。


f:id:zenigame1:20231120234542j:image

12時ちょっとに訪れたところ、駐車場は1台もおらず、余裕で停めることができました。

 

日帰り入浴にはかなり積極的

 


f:id:zenigame1:20231120234654j:image

ホテル城山は湯河原でも有数の日帰り入浴に積極的なホテル。

玄関前にはデカデカとのぼりが立てられています。

駅から徒歩圏内なので車がなくても利用しやすい。

旗に書いてあるとおり、こちらのホテルはラドン温泉がウリ。

と言っても天然のラドンではなく人工です。


f:id:zenigame1:20231120235028j:image

扉の向こうがロビー。ちょうど改装工事中でした。


f:id:zenigame1:20231121214232j:image

日帰り入浴は時間によって金額が変わります。

16時までが1720円でなかなか高い。16時以降は1380円になります。

最終受付は21時半まででかなり遅い時間まで日帰り入浴可能です。


f:id:zenigame1:20231121214443j:image

日帰り入浴をお願いすると、ロビーの奥にある日帰り入浴客用の下駄箱に靴を入れ、鍵をフロントに持ってくるように言われます。


f:id:zenigame1:20231121214549j:image

料金を支払うとこのようなバッグを渡されます。


f:id:zenigame1:20231121214630j:image

中身はこんな感じ。

バスタオルになんと浴衣と帯まで入ってました。

逆に何故かフェイスタオルは別料金で220円。

どうせならフェイスタオルもつけて欲しいかな。


f:id:zenigame1:20231121214754j:image

お風呂はエレベーターで4階。

 

改装されたばかりのお風呂と湯上り処


f:id:zenigame1:20231121215406j:image

湯あがり所。ハイセンスな感じにびっくり。


f:id:zenigame1:20231121215540j:image

マッサージチェア。10分200円。


f:id:zenigame1:20231121215658j:image

その他にもキッズルームや、


f:id:zenigame1:20231121215737j:image

更衣室もあり。お風呂の脱衣所があるのでなんで更衣室?と思いましたが、脱衣所には鍵付きロッカーがないため、貴重品は更衣室が良さそう。

 

f:id:zenigame1:20231121215010j:image

お風呂入口。


f:id:zenigame1:20231121215255j:image

こちらが脱衣所。真新しく改装されており、清潔感ありまくりです。

日帰り入浴に積極的なホテルなので、割と混んでいるかなと思いましたが、結局誰にも会いませんでした。


f:id:zenigame1:20231121215904j:image

脱衣カゴ。


f:id:zenigame1:20231121220245j:image

こちらが大浴場。

4階にありますが、周囲は市街地のため、残念ながら外の景色はあまり見えません。

 

f:id:zenigame1:20231121220015j:image

まず目に入るのはピラミッド型の湯舟。

3段高いところにあるので、何か偉そうな気分になります。


f:id:zenigame1:20231121220221j:image

その隣には三角形の湯舟があります。

どちらかというと三角形の方がぬるめの温度。


f:id:zenigame1:20231121221336j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。

旧泉質名では含芒硝食塩泉。

湯河原温泉は源泉が無数にあり、湯量豊富。

こちらの源泉は湯河原ではオーソドックスなもの。

残念ながら循環消毒有りのため、若干の塩素臭があります。


f:id:zenigame1:20231121220545j:image

黒を貴重とした洗い場。

 

ラドンカプセルのぬる湯


f:id:zenigame1:20231121220516j:image

大浴場の先には更に扉があります。この先が噂のラドン風呂。


f:id:zenigame1:20231121220651j:image

ここはカプセルになっていて、他のお風呂とは遮断されています。

ラドンは気体で、吸入することで効果があるので、このように密閉されているのです。

お湯は37度くらいでぬるめに設定されていました。


f:id:zenigame1:20231121221142j:image

一回5分〜10分くらいが適当らしく、そのあと1〜2時間休んでからまた入るとより効果があるそう。

浴衣が付いていたのは、休憩して何度もお風呂に入ってもらうため。

 

ですが、個人的にはいかにも人工的な匂いがして、あまり好きではなかったので、ちょこっと入るだけにしました。


f:id:zenigame1:20231121221034j:image

ラドン風呂の更に先には露天風呂もあります。

ここも景色はないため、開放感には欠けます。

 

ホテル城山は湯河原駅にも近くアクセスの良さが魅力。

日帰り入浴にも積極的で、遅い時間までやっており、利用しやすいです。料金がちょっと高いからか、意外と混まないのでゆっくり入れます。

 

 

温泉分析書 石膏と食塩を含む温泉

 


f:id:zenigame1:20231121221642j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1588mg。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンと硫酸塩イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉です。