大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

新甲子温泉 みやま荘 赤茶色の巨大露天に日帰り入浴

みやま荘

 

日帰り入浴時間 10:00〜16:00

日帰り入浴料金 800円

露天風呂    あり

お風呂の数   1箇所

タオル     200円(ロゴあり)

 

源泉    五峰荘源泉

泉質    ナトリウムー硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉

      (含食塩・重曹-芒硝泉)

温度                71.3度

成分総計  1620mg     pH 7.66


f:id:zenigame1:20220120232531j:image

 

新甲子温泉白河市街から20分程で到着する温泉。

国道沿いにあるのでアクセスしやすいです。

 

新甲子温泉は「しんかっし」と読みます。「新」がつく温泉は大体どこかの温泉の引湯であることが多いですが、新甲子温泉ももともとは上流にある秘湯の宿として大人気の甲子温泉からの引湯です。

 

昔は何件か旅館がありましたが、ほとんどが廃業し、今は甲子温泉とは異なる独自源泉を持つ五峰荘と隣のみやま荘の2件だけとなりました。

 

ちなみに五峰荘とみやま荘は姉妹館で全く同じ源泉を使っています。

 

五峰荘のほうが万人受けする少しきれいめな旅館、みやま荘はロッジ風で温泉好きが好みそうなタイプの旅館です。

 

五峰荘と同じくこちらも国道沿いに面しており、看板も大きくわかりやすいです。


f:id:zenigame1:20220120232547j:image

入り口には一瞬ほんものの人かと見間違うオブジェも立っていますので目印になります。


f:id:zenigame1:20220120232645j:image

みやま荘はロッジのような佇まいです。温泉好きとしては綺麗すぎる五峰荘よりもこちらのほうそそられます。


f:id:zenigame1:20220120232749j:image

ロビーは小さめでステンドグラスのような飾りがあります。


f:id:zenigame1:20220120232837j:image

受付で800円を支払いお風呂へ向かいます。

ロビーにはなにやら水槽が。めだかのようなものが何匹か泳いでましたが、よく見るとなぜラピュタ?笑

苔むしたロボットが水槽の中に沈んでました。


f:id:zenigame1:20220120232935j:image

廊下を進みますが、暖房が弱いのか全体的に少し寒いです。

ロビーから真っすぐ進み左へ曲がります。


f:id:zenigame1:20220120233147j:image 

次は右へ。


f:id:zenigame1:20220120233233j:image

途中室生犀星の詩が飾ってありました。

右へ曲り突き当りがお風呂です。


f:id:zenigame1:20220120233323j:image

 

脱衣所はこんな感じで広めです。


f:id:zenigame1:20220120233402j:image

 

ドライヤーもあります。


f:id:zenigame1:20220120233503j:image

髭剃りが無料なのはありがたいです。


f:id:zenigame1:20220120233613j:image

 

タオルは200円で買えます。五峰荘と姉妹館なはずですがタオルのデザインは少し違うようです。


f:id:zenigame1:20220120233451j:image

お風呂ですが広い内湯とかなり大きい露天風呂があります。

内湯は若干黄褐色濁っており、五峰荘と同じ源泉ですが微妙に色合いが異なるように見えます。


f:id:zenigame1:20220120233752j:image

シャワーやシャンプー、ボディソープ類はありました。

外に出ると巨大な露天風呂があります。


f:id:zenigame1:20220120233924j:image

この露天風呂はL字型に奥まで続いてます。 


f:id:zenigame1:20220120233955j:image

内湯と同じ源泉ですが、露天風呂は赤茶色に濁っています。

仕切りの奥側はかなりぬるくほぼ水のような温度だったので入れず。夏場はちょうどいいかもしれません。


f:id:zenigame1:20220120234125j:image

泉質は含食塩重曹芒硝泉。舐めても塩辛くはありませんが、湯上がりの浴感は食塩泉特有のべたつきがありよくあたたまります。

 

【温泉分析書のみかた】

成分総計1000mg以上の場合は陽イオン-陰イオンの順で名前をつけます。温泉名に入るイオンは温泉分析書のミリバル%が20以上のものだけを多い順に並べます。こちらの温泉はミリバル20%以上の陽イオンはナトリウムのみ、陰イオンは、硫酸イオン、塩素イオン、炭酸水素イオンの順に3つもあります。よって泉質名はナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉となります。

旧泉質名では硫酸ナトリウムを芒硝といいます。主成分は芒硝で、副成分として塩化ナトリウム(食塩)と炭酸水素ナトリウム(重曹)を含みますので、含食塩・重曹-芒硝泉となります。

 

 

五峰荘は少し混んでいますが、こちらは空いていてゆっくり入るにはオススメです。露天風呂もみやま荘のほうがワイルドですので、温泉好きにはみやま荘、綺麗にさっぱりしたいなら五峰荘がオススメです。


f:id:zenigame1:20220121002234j:image