大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

高瀬温泉 ゑびすや旅館 巨大な錦鯉が泳ぐ!びっくり水槽風呂に日帰り入浴

ゑびすや旅館

 
 

 

基本情報


【日帰り入浴時間】

15:00〜(要確認)

【日帰り入浴料】

600円

【タオル】

サービス

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(貸切1)

【客室数】

9室

【公式HP】

https://ebisuya-sekikawa.com/

【個人的オススメ度】

★★★★★

 

 

住所・電話番号


 【住所】

新潟県岩船郡関川村高瀬温泉292

【電話番号】

0254-64-1296

 

泉質

 

■源泉

高瀬1号・2号泉

■泉質   

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

■温度           

 72.0度 

■pH値

pH7.4

■成分総計  

2419mg

 

新潟県 高瀬温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20240330201207j:image

高瀬温泉は約800年前に鷹が川原の湯で傷を癒やしている姿が発見されたことで開湯されたと伝えられる温泉。鷹瀬が転じて、高瀬温泉になったそう。

 

荒川沿いに点在する高瀬、雲母、湯沢、鷹ノ巣、桂の関の5つの温泉をまとめて、えちごせきかわ温泉郷と呼びますが、高瀬温泉はその中でも最大の温泉で7件の旅館があります。

温泉郷と言っても、有名旅館がないためか、知名度はあまりなく、地元のおじいちゃん、おばあちゃんに愛されている温泉といった感じ。

 

ちなみに鷹ノ巣温泉は全室離れの高級旅館2件のみで日帰り不可、湯沢温泉はすべての旅館が廃業。日帰り入浴は高瀬温泉と雲母温泉で可能です。

 

木造2階建ての趣ある旅館

f:id:zenigame1:20240330201137j:image

ゑびすや旅館は高瀬温泉のちょうど真ん中にある旅館。

高橋屋観山荘のほぼ隣。

2階建てのゆったりとした構えの木造旅館です。


f:id:zenigame1:20240330201921j:image

何度か日帰り入浴の電話をしていますが、「やってないんです」とお断りされてきました。

今回もダメ元で電話してみると、「15時以降なら大丈夫です」とのこと。これは大チャンス!

コロナも落ち着いたので、日帰り入浴を再開したようです。


f:id:zenigame1:20240330202215j:image

帳場。日帰り入浴は600円。

ご主人はすぐ出てきてくれました。

ニコニコとして話しやすい感じの方。

 

f:id:zenigame1:20240330202513j:image

お風呂は突き当りを右へ。ご主人がお風呂まで案内してくれます。


f:id:zenigame1:20240330205134j:image

料亭のような立派な一角も。


f:id:zenigame1:20240330202710j:image

タオルをお願いすると、「3枚くらいどうぞ」とサービスしてくれました。これはありがたい笑

 

錦鯉が泳ぐトンデモ風呂

 

f:id:zenigame1:20240330202627j:image

お風呂入口。

「お風呂はすごく熱いです。地下水で薄めて下さい」とご主人。

高瀬温泉は源泉が70度以上あるので、熱めのお風呂が多いのです。


f:id:zenigame1:20240330202756j:image

脱衣所。ゑびすや旅館は小さな旅館ですが、その割に脱衣所やお風呂はなかなか大きめです。


f:id:zenigame1:20240330202932j:image

こちらがお風呂。露天風呂はありません。

勝手に小さなお風呂をイメージしていましたが、想像以上に大きく、申し分のない広さ。


f:id:zenigame1:20240330203042j:image

こちらのお風呂は、ただのお風呂ではありません。

なんと大きな水槽がはめられています。すげえ。。


f:id:zenigame1:20240330203215j:image

しかも中にいるのは、立派な錦鯉!

金魚ではありません。


f:id:zenigame1:20240330203326j:image

錦鯉は1メール近くありそうなビッグサイズ。

全部で4匹います。水槽を左右に行ったり来たり。

これだけ大きいと見応えもあります。

 

湯船に浸かりながら、優雅に泳ぐ錦鯉を鑑賞できるなんて、普通では体験できませんよ。


f:id:zenigame1:20240330203955j:image

金魚の水槽があるお風呂は、湯田川温泉の九兵衛旅館などで見たことがありますが、錦鯉は初めて。

もしかしたら、ここだけかもしれません。


f:id:zenigame1:20240330203617j:image

ちなみにこの中には、芸能人に似ている鯉もいるらしい。

私には分かりませんでしたが、気になるの方は女将さんに聞いてみて下さい。

 

温泉成分びっしりの湯口


f:id:zenigame1:20240330203720j:image

もう一つ気になるのは、壺を斜めに傾けたような湯口。

下にある塩ビ管で温泉を受けています。

湯量は結構豊富で、注がれる温泉がチョロチョロといい音を出してます。

 

f:id:zenigame1:20240330204041j:image

壺にはびっしりと温泉成分。これもすごいです。

泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。

旧泉質名では含芒硝食塩泉。成分総計は2400mgを超える濃い温泉。

付着した成分はおそらく食塩です。


f:id:zenigame1:20240330204141j:image

にしても、ここまで見事な温泉成分の塊はそう見られません。

何年かけてこうなったんでしょう?

 

そしてこちらは源泉かけ流し。

壺の中は源泉そのもので、高瀬温泉の特徴がよくわかります。

壺に顔を突っ込んで、匂いを嗅いでみると、わずかな硫黄の香りと薬品系の匂い。

高瀬温泉は硫黄分を0.5mgとわずかに含み、消毒作用のあるメタホウ酸も10mg含んでいます。


f:id:zenigame1:20240330204340j:image

ご主人はかなり熱いと言っていましたが、全然適温でした。


f:id:zenigame1:20240330204716j:image

なので、地下水の出番はなし。

せっかくの源泉かけ流し。うすめたら勿体ない。


f:id:zenigame1:20240330205034j:image

洗い場は3つ。清潔感があり、使いやすい感じ。

 

 

ゑびすや旅館は錦鯉が泳ぐかなり個性的なお風呂を持っています。

外観からは想像できませんでしたが、こんなお風呂があるなんて。

お風呂がすごい割には有名な旅館ではないので、他に日帰り客には会わず貸切でした。

 

温泉も源泉かけ流しなので、高瀬温泉で一番オススメです。

 

温泉分析書 わずかに硫黄を含むお湯

 

f:id:zenigame1:20240330205117j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは2419mgで1000mgを超えます。

陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンと硫酸塩イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉となります。食塩と芒硝を含む温泉。