大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

熱海温泉 湯宿一番地 熱海駅前の人気源泉かけ流し温泉に日帰り入浴

湯宿一番地

 
 

 

基本情報
 

 【日帰り入浴時間】

13:00〜18:00(受付17:00まで)

【日帰り入浴料】

1100円

【タオル】

フェイスタオル付き

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

33室

【公式HP】

https://www.yuyado-ichibanchi.jp/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号

 

 【住所】

静岡県熱海市春日町1-2

【電話番号】

0557-81-3651

 

泉質

 

■源泉

混合泉

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

■温度           

 71.3度 

■pH値

7.9

■成分総計  

7517mg

 

熱海温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20231222221037j:image

熱海温泉は静岡県伊豆半島の中部にある温泉。

大型ホテルやマンションなど立ち並ぶ日本有数の巨大温泉です。

 

その歴史は今から1500年前と非常に古く、熱湯が吹き出し、魚がもだえ死んだ様子を見て、熱海と名付けられたそう。

江戸時代には徳川家康も入湯し将軍家御用達の温泉として愛されていました。家光は熱海のお湯を江戸城に運ばせたほど。

 

明治以降も多くの文人墨客に愛され、別荘地としても発展しました。

戦後は新幹線の開通や首都圏からのアクセスの良さもあり、一大リゾート地として発展。一時衰退したものの、現在でも多くの観光客が訪れます。

 

駅前から徒歩圏内です


f:id:zenigame1:20231222214838j:image

湯宿一番地は文字通り熱海駅前からほど近い場所にある旅館。

旧志ほみや旅館がH25年にリニューアルオープン。
f:id:zenigame1:20231222215209j:image
熱海仲見世商店街の目の前という好立地。

にしも、混雑を避けて平日に訪れたつもりが、人人人。

熱海ってやはり知名度と人気はすごいものがあります。


f:id:zenigame1:20231222215346j:image

狭い立地の熱海温泉。日帰り入浴で宿の駐車場を使えるホテルはほぼなく、自腹を切ってコインパーに停めることになります。

湯宿一番地ももちろん駐車場は使えません。

 

駐車料金も観光地価格で高く、1時間500円ほど。

日帰り入浴料も高いところが多いので、とかく熱海は湯巡りしにくい。


f:id:zenigame1:20231222215611j:image

事前に電話したところ、なんと自動音声で日帰り入浴の案内。

混み合いますと受付止めることもございますとのことでした。


f:id:zenigame1:20231222215731j:image

扉をくぐるとこんな感じ。居酒屋みたいな感じも。


f:id:zenigame1:20231222215841j:image

日帰り入浴料は1100円。フェイスタオルも付くので熱海では良心的だと思います。


f:id:zenigame1:20231222215827j:image

懐かし宿がテーマらしいですが、売店はお祭り感があります。

 

館内は絶妙にオシャレです


f:id:zenigame1:20231222220352j:image 

ロビーからは見晴らしの良いテラスにも出れます。


f:id:zenigame1:20231222220430j:image

レモン水と黒豆茶のサービスも。


f:id:zenigame1:20231222220056j:image

この先がお風呂エリア。

おお なんかすごそう。


f:id:zenigame1:20231222215958j:image

一階の突き当りがお風呂。お風呂前は壁が黒く塗られ、シックな雰囲気。


f:id:zenigame1:20231222220043j:image

茶香炉が炊かれ、お茶のいい香りが漂います。


f:id:zenigame1:20231222220201j:image

廊下の途中にあった湯上がり用の休憩室。ここもなんかオシャレです。

駅から近いこともあり、こちらの旅館の日帰り入浴は割と混んでいます。熱海でも一番混んでいたかも。

人がいない時に撮りましたが、休憩室にもたくさんの人。

若い方の利用も多い印象。


f:id:zenigame1:20231222220336j:image

こちらが脱衣所。オシャレで脱衣所に見えないくらいです。

カラフルな照明にもこだわりを感じます。

 

ちょっと怖い壁画の大浴場


f:id:zenigame1:20231222220656j:image

こちらが大浴場。割と普通な感じでシンプル。


f:id:zenigame1:20231222220741j:image 

湯船正面の謎の壁画が気になります。

芸術的すぎる絵。表情が独特なので不思議と引き込まれます。

よく見ると小さな石をはめ込んで作られていました。


f:id:zenigame1:20231222221220j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。

熱海温泉は源泉がとても豊富。

なんならそのへんの側溝からも湯気が出ていたりします。

源泉も71度でかなりの高温。

ですが、どこの旅館もお湯は適温に調整されていて、熱すぎるということはありません。

 

こちらの宿は2本の自家源泉を使用し、源泉かけ流しでお風呂に使用しています。

大型ホテルが多く循環消毒のイメージが強い熱海温泉ですが、豊富な湯量を誇るため、源泉かけ流しの宿は意外に多いです。

 

塩分濃度が高いため、肌に食塩の被膜ができ、パックされたような状態になるので、とにかくあたたまりが良いお湯。

真冬でも汗ばむくらいでした。

 

 

公式HPより


露天風呂はこんな感じ。

立地的に周りは道路やマンションなので、目隠しで景色はありません。

 

湯宿一番地は熱海駅から徒歩圏内で、日帰り入浴可能な旅館では駅から最も近いです。多少混み合うのが難点ですが、良心的な値段で源泉かけ流し湯を楽しめます。休憩スペースがあるのも魅力。

 

温泉分析書の説明 カルシウムを含む食塩泉です

 


f:id:zenigame1:20231222223328j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは7517mgで1000mgを超えます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。