大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

鬼怒川温泉 ホテル大滝 オシャレすぎる蔵のお風呂に日帰り入浴

ホテル大滝

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度
 

○日帰り入浴時間 16:00〜22:00
○日帰り入浴料金 700円
○露天風呂    あり
○お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

○客室数     35室

○タオル     フェイスタオル込み

○公式HP     https://hpdsp.jp/hotel-otaki/

○混雑度     お風呂で会った人数 1人

○個人的オススメ度 ★★★★☆

 

2.場所・電話番号

 

 〇住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝155-1

〇電話番号   0288-77-3355

 

 

3.泉質

 
■源泉    鬼怒川・川治観光開発1・2号源泉

       小原沢市有源泉混合泉

■泉質    アルカリ性単純温泉

■温度               50.2度

■成分総計  232mg     pH9.0

 

 

4.鬼怒川温泉について


f:id:zenigame1:20220711190544j:image


鬼怒川温泉は言わずと知れた栃木を代表する巨大温泉地。


f:id:zenigame1:20220711190604j:image

 

熱海、箱根と並び東京の奥座敷と称され、超大型ホテルや旅館が鬼怒川の渓谷沿いに林立し、日本有数の収容力を誇ります。

温泉の歴史は意外と浅く、江戸時代の1691年に沼尾重兵衛という方が、鬼怒川の右岸に源泉を発見したことからと言われています。なので東照宮が完成した当時はまだ鬼怒川温泉はなかったことになります。

その後、鬼怒川温泉は幕府の直轄となり、東照宮に参拝する大名や僧侶など身分の高い限られた人しか浸かることの許されない、由緒正しき温泉でした。庶民が鬼怒川温泉に入れるようになったのは

明治時代から。

当時は鬼怒川温泉ではなく滝温泉や麻屋温泉などと呼ばれていました。

火傷に特によく効くとされ、隣接する川治温泉と合わせて、傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)と呼ばれていたそうです。

1927年には東京と結ぶ鉄道が開通し、1960年代頃から大型ホテルやレジャー施設の開発が進み、現在のような巨大な温泉街となりました。団体旅行が主流だったバブル当時は大いに栄えましたが、最近は廃虚ホテル群でも名が知れるほど廃業した旅館やホテルも多いです。

とはいっても、現在でも多くのホテルや旅館が林立しにぎやなか温泉街となっています。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220711190745j:image

ホテル大滝は鬼怒川温泉の中心から少し外れた国道121号線のバイパス沿いにある純和風なホテル。ちょうど鬼怒川有料道路の出口付近にあります。大きく見えますが、鬼怒川温泉ではこれでも小さい方。


f:id:zenigame1:20220711191106j:image

蔵風の玄関エントランス。

ホテル大滝は素泊まり専門で、ビジネスリゾートホテルという名前で売っています。


f:id:zenigame1:20220711191128j:image

ロビー。館内は畳敷きです。入浴料は700円。

日帰り入浴時間は16時からで鬼怒川温泉では一番遅い受付時間。 ですが、夜は22時までとかなり長めに受け付けてくれるので、夜遅くの日帰り入浴にも重宝します。鬼怒川温泉の他のホテルは遅くても20時くらいまでです。


f:id:zenigame1:20220711192112j:image

フェイスタオルは入浴料に含まれます。

ロビーにフリースタイルで置いてありますが、どうみてもおしぼり笑

隣りに米俵を置くあたりもセンスを感じます。


f:id:zenigame1:20220711192302j:image

ホテル大滝はパット見普通のホテルかと思っていましたが、所々に面白いものがあって飽きません。さすが、鬼怒川温泉で生き残ってきただけあります。

これはボードゲームの貸出。一晩500円で借りられますが、飽きたら他のボードゲームに乗り換えてもいいそうです。なので、やろうと思えば500円で全部遊べちゃいます。カタンカルカソンヌなどの有名所の他、今や手に入りにくいアグリコラなんかもありました。


f:id:zenigame1:20220711192748j:image

ロビーをちょっと進むとまるで図書館のような一角が。

文庫本や絵本の他、大量のマンガ本も取り揃えてあります。

ボードゲームに図書館にこんだけあれば、夜は寝れなそうです。


f:id:zenigame1:20220711192939j:image

お風呂は建物の外に、離れのような感じあります。

まずは1階廊下を突き進みます。


f:id:zenigame1:20220711193035j:image

このドアを開けると外に通じます。


f:id:zenigame1:20220711193101j:image

とするとこんな感じのエリアに出ます。ここは今は使っていない屋外用の食事処のようでした。


f:id:zenigame1:20220711193311j:image

正面と右の建物も食事処のようです。お風呂棟は左側。


f:id:zenigame1:20220711193346j:image

この黒い建物が蔵乃湯があるお風呂棟。かなり新しそうです。

 


f:id:zenigame1:20220711193445j:image

お風呂入り口。


f:id:zenigame1:20220711193500j:image

何も書いてませんが、正面のドアを開けるのトイレ。

右のドアがお風呂です。


f:id:zenigame1:20220711193544j:image

ピッカピカの脱衣所。木の香りが充満するまさに新築といった感じの建物。


f:id:zenigame1:20220711193633j:image

こちらがお風呂。思わず「おおっ」と言いたくなるような広い空間。蔵を意識したお風呂は天井がかなり高くなっています。 このお風呂の感じは岐阜県長良川温泉の十八楼にも似ています。


f:id:zenigame1:20220711193752j:image

なまこ壁のような黒壁が蔵感を演出。照明もオシャレです。

緻密に設計さへているようで、お湯はどこから投入されているのかわからず、全く音がしません。

まさに静寂の空間。


f:id:zenigame1:20220711193926j:image

カランは蔵感を邪魔しないよう脇に設けられています。


f:id:zenigame1:20220711194059j:image

泉質はアルカリ性単純温泉。循環ろ過のため温泉感はあまりなく、無味無臭。鬼怒川温泉は包まれるような感覚になるお湯の柔らかさが特徴です。


f:id:zenigame1:20220711194209j:image

露天風呂も素晴らしいの一言。

山側に位置している立地を活かし、森林が手に取るような近さで露天風呂に入れます。川沿いの景色が多い鬼怒川温泉で、森林露天風呂はここだけです。


f:id:zenigame1:20220711195818j:image

お湯に浸かるとこんな感じの目線です。

紫色はお湯の色ではなくライトアップの色。


f:id:zenigame1:20220711200222j:image

ライトアップの色はゆっくり代わり黄色になったり。


f:id:zenigame1:20220711200256j:image

水色になったりと見ているだけでも楽しいです。

露天風呂は少しぬるめの絶妙な湯加減でした。

 

6.温泉分析書の説明



f:id:zenigame1:20220711201316j:image

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちら473mgのため、単純温泉です。

 

またpH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH9.0のため、アルカリ性単純温泉になります。

 

 

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、もし1000mgを超えていれば、カルシウム-硫酸塩泉になる温泉。旧泉質名では石膏泉ととなる温泉です。

 

7.鬼怒川温泉の日帰り入浴可能な旅館リスト

日帰り入浴時間は変更になる場合がありますので、事前の電話連絡をおすすめします。

鬼怒川温泉は主に午後から日帰り入浴受付開始の旅館が多く、午前中に日帰り入浴可能な旅館は少ないです。一方、夜は比較的遅い時間まで受け付けているところも多く、

14時~19時くらいの時間がベストタイム。鬼怒川温泉で一番人気を誇るあさやホテルは2014年から日帰り入浴不可になっています。

 

旅館名 時間 料金 紹介記事
あさやホテル 不可 不可  
鬼怒川温泉山楽 不可 不可  
鬼怒川プラザホテル 不可 不可  
鬼怒川温泉ホテル

14:00~17:00

金土日不可

1100円

www.dairotenburo.com

鬼怒川観光ホテル

15:00~20:00

受付19:00まで

1800円

www.dairotenburo.com

鬼怒川金谷ホテル 不可 不可  
鬼怒川グランドホテル 不可 不可  
鬼怒川ロイヤルホテル 不可 不可  
鬼怒川パークホテルズ 12:00~18:00 864円  
ホテル鬼怒川御苑

15:00~20:00

平日930円

土日1370円

www.dairotenburo.com

日光きぬ川ホテル三日月

12:00~19:00

受付18:00まで

平日1100円

土日1650円

www.dairotenburo.com

ホテルサンシャイン鬼怒川

11:00~14:00

受付13:00まで

1000円

www.dairotenburo.com

一心舘

12:00~21:00

受付20:00まで

土は16:00まで

1600円  

ほてる白河湯の蔵

14:00~20:00

受付19:00まで

700円

www.dairotenburo.com

ホテルニューさくら

不可 不可  
旅の宿丸京 不可 不可  
まごころの宿七重八重 不可 不可  
ホテルきぬ 不可 不可  
きぬ川国際ホテル 不可 不可  
渓流の宿緑水 不可 不可  
きぬ川不動瀧 不可 不可  
花の宿松や 不可 不可  
ホテル大滝 16:00~22:00 700円

www.dairotenburo.com

若竹の庄 不可 不可  
ホテルニューおおるり 14:00~18:00 不明  
鬼怒川仁王尊プラザ

9:00~21:00

受付20:00まで

700円

www.dairotenburo.com

きぬの宿志季大瀞

12:00~20:00

受付19:00まで

600円

www.dairotenburo.com

ホテルリブマッククスリゾート鬼怒川

13:00~22:00

受付20:00まで

500円  
佳祥坊福松 16:00~18:00 1000円  
ホテル万葉亭 不明 不明