大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

湯野上温泉 えびす屋 渓谷スレスレの断崖風呂に日帰り入浴

えびす屋

日帰り入浴時間 要確認(いつでも)
日帰り入浴料金 500円
露天風呂    あり
お風呂の数   露天(男1・女1・貸切1)

        内湯(男1・女1)

客室数     12室

タオル     なし

 

源泉    1号源泉・2号源泉・3号源泉・5号源泉・8号源泉

泉質    単純温泉

温度                57.2度

成分総計  465mg      pH8.2


f:id:zenigame1:20220406192638j:image

湯野上温泉会津若松から車で30分ほど。大内宿にほど近い温泉です。

湯野上温泉の正確な起源は実はよくわかっていません。猿が湯浴みをしていたところから発見と伝わり、明治の中頃には宿があったそう。現在は旅館と民宿合わせて20件程度もありますが、小さい旅館や民宿が多いため、大旅館が立ち並ぶ隣の芦ノ牧温泉とは打って変わってかなり静かな温泉地。


f:id:zenigame1:20220406192801j:image

湯野上温泉のシンボルの駅舎。茅葺きの駅舎は全国的に見ても珍しいもの。さすが大内宿の最寄り駅だけあります。


f:id:zenigame1:20220406192840j:image

えびす屋湯野上温泉駅にほど近い宿。湯野上温泉の中では大きめですが、これでもいちおう民宿。湯野上温泉でダントツの個性的な絶景露天風呂を持ちます。


f:id:zenigame1:20220406194221j:image

ロビー。おばあちゃんがすぐに出て来て受付。すぐ目の前に内湯が見えますが、こちらのお風呂は案内されず、露天風呂を案内されました。 えびす屋は露天風呂がウリですので露天風呂だけで十分。

日帰り入浴時間は事前に電話したところ、決まった時間はなく、いつでもいいですよとのこと。入浴料は500円。


f:id:zenigame1:20220406194419j:image

露天風呂は宿から道路を挟んで向かい側にあります。このスタイルはお隣のホテル大島と同じです。

駐車場に見えるところは建物の二階で、この真下あたりにお風呂があります。


f:id:zenigame1:20220406194533j:image

主張強めな露天風呂の入口。


f:id:zenigame1:20220406200835j:image

ドアには鍵はかかっていません。

ゴムのロープで固定されているだけ。

勝手に入る人がいないか心配になります。

ここから階段で降りていきます。


f:id:zenigame1:20220406194709j:image

ダンジョンに入り込むようなわくわく感。

年季入ってます。


f:id:zenigame1:20220406194842j:image

階段を降りると左が女湯。奥をさらに進むと男湯です。

冬期は男湯の露天風呂はお湯を張っていないそうで、女湯を案内されました。事実上の貸切利用にしてくれます。


f:id:zenigame1:20220406195008j:image

かなり広い露天風呂。大川の渓谷を一望できる絶景。

お湯は適温です。渓谷の風を感じながら爽やかな入浴ができます。

泉質は単純温泉

アルカリ性で肌に優しい温泉です。温度は適温。

湯野上温泉単純温泉ですが、成分的には食塩と芒硝がほぼ半々含まれています。飲むと塩味はせず苦味のみです。

単純温泉不眠症うつ状態の改善など精神疾患にも効能があるとされています。


f:id:zenigame1:20220406195057j:image

お風呂からみた景色。大川はかなり下を流れています。

湯野上温泉街は、お湯をポンプアップする技術のなかった昭和の中頃までは崖下にあったそうです。信じられません。


f:id:zenigame1:20220406195227j:image

露天風呂の天井はよしずが張られていて、なんだか海の家感があります。


f:id:zenigame1:20220406195500j:image

 

脱衣所は開放感ありまくり。


f:id:zenigame1:20220406195313j:image

女性用露天風呂と言ってもすぐ下に男性用露天風呂への通路があるため、気をつけなと見えますので要注意です。


f:id:zenigame1:20220406195440j:image

子宝の湯だそうです。


f:id:zenigame1:20220406195608j:image

気になったので男性用の露天風呂にも向かってみます。


f:id:zenigame1:20220406195639j:image

途中こんな笹薮を通ります笑


f:id:zenigame1:20220406195736j:image

ちなみに右側は断崖絶壁。高いところが苦手な人はきついかも。

さながらガレ場を歩く登山気分。


f:id:zenigame1:20220406195836j:image

すぐに男湯が現れます。こういうアクティビティは嫌いではありません。


f:id:zenigame1:20220406195917j:image

ちょっと階段を登ると男湯。


f:id:zenigame1:20220406195945j:image

こちらが男性用の露天風呂。お湯は張ってましたがぬるいんだと思います。ロープがされていたので入らず。


f:id:zenigame1:20220406200047j:image

男湯入り口から続くスリリングな階段。


f:id:zenigame1:20220406200946j:image

こちらは貸切風呂のようです。


f:id:zenigame1:20220406201006j:image

ここの階段が一番高度感ありました。

夜酔っぱらって入って滑ったりしたら大変。。。


f:id:zenigame1:20220406200137j:image

子供心をくすぐる造り。


f:id:zenigame1:20220406200221j:image

こちらが貸切風呂。サイズは二人くらい。


f:id:zenigame1:20220406201119j:image

小さめですがお湯は熱くなく適温でした。


f:id:zenigame1:20220406200329j:image

脱衣所。中は電気もなく暗い。。


f:id:zenigame1:20220406200351j:image

説教部屋みたいだったのでここでのお着替えはパス。


f:id:zenigame1:20220406200452j:image

ウッドチェアに座りながら大川の絶景を堪能できます。


f:id:zenigame1:20220406200548j:image

奥に見えるぱっくり割れた岩は夫婦岩だそう。


f:id:zenigame1:20220406200652j:image

お風呂の真ん中にある柱のこぶの中には子宝観音があります。

形が形だったので写真は撮りませんでした笑


f:id:zenigame1:20220406201648j:image

貸切風呂から見た男性用露天風呂。こちらも囲いはあってないようなもので、特に脱衣所あたりは丸見えです。


f:id:zenigame1:20220406200926j:image

帰りに宿の建物の中の男性用内湯をちら見。

インパクト抜群の露天風呂とは違い至ってフツウなお風呂。


f:id:zenigame1:20220406201420j:image

【温泉分析書のみかた】

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。

こちらは465mgで単純温泉

単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。

もし1000mgを超えていればナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(含芒硝食塩泉)となる温泉です。湯野上温泉の成分は硫酸塩ナトリウム(芒硝)と塩化ナトリウム(食塩)がちょうど半々で、旅館によってどちらが多いか微妙に異なります。