大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

塩原温泉郷 門前温泉 光雲閣 大岩露天風呂に日帰り入浴

光雲閣

日帰り入浴時間 14:00〜 16:00(宿泊者の状況による)
日帰り入浴料金 800円  (湯巡り手形使用で400円)
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

タオル     400円(ロゴあり) 

客室数     26室

 

源泉   門前1号源泉

泉質   ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉

     (含土類-食塩泉)

温度             55.5度  pH 7.06

成分総計  1700mg


f:id:zenigame1:20220130164017j:image

 

塩原温泉郷の開湯は806年と伝えられ、1200年以上の歴史ある温泉です。正確には塩原温泉と言う温泉はなく、塩原十一湯と呼ばれる温泉の集まりで、150もの源泉があるそうです。


f:id:zenigame1:20220130164323j:image

 

日帰り入浴も比較的に積極的に行っており、旅館共同組合の湯めぐり手形を購入すれば、なんと半額で各旅館の日帰り入浴が可能です。

塩原で日帰り入浴する際のマストアイテムですのでぜひ購入を。塩原もの語り館や各旅館で購入可能です。


f:id:zenigame1:20220130164344j:image

 

門前温泉は古町温泉とともに塩原温泉郷の中心をなす温泉街です。名前の由来は妙雲寺というお寺の門前にあったから。妙雲寺は平安時代平貞能が創建した歴史あるお寺です。


f:id:zenigame1:20220130164440j:image

妙雲寺の山門。


f:id:zenigame1:20220130164536j:image


f:id:zenigame1:20220131000445j:image

光雲荘はホテルニュー塩原の目の前にある旅館です。


f:id:zenigame1:20220130164619j:image


f:id:zenigame1:20220130170514j:image

立派な玄関。お出迎えのスタッフが立っていて、日帰り入浴で入りにくい時がありますが、宿泊者がチェックインする15時前なら安心して入れます。



f:id:zenigame1:20220130164849j:image

ロビー。湯めぐり手形持参ですので、受付で800円の半額の400円を払います。


f:id:zenigame1:20220130165017j:image

 

タオルは袋入で400円。歯ブラシはなし。


f:id:zenigame1:20220130165043j:image

外観からはあまり感じませんでしたが、館内はとても高級感があります。


f:id:zenigame1:20220130165736j:image

お風呂の入り口には冷水が置いてありました。


f:id:zenigame1:20220130170540j:image

 

お風呂入り口。


f:id:zenigame1:20220130165203j:image

脱衣所。ドライヤー、ひげそり等完備です。


f:id:zenigame1:20220130165240j:image

お風呂は内湯と露天風呂があります。


f:id:zenigame1:20220130165313j:image

もちろんシャワーやシャンプー、ボディソープ類あります。サウナはコロナで休止中でした。


f:id:zenigame1:20220130165435j:image

内風呂の湯口。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉です。味はわずかにしょっぱいくらいで、無味無臭に近いです。


f:id:zenigame1:20220130165546j:image 

こちらが露天風呂。ちょうどいい温度でした。左側の仕切りの向こうは混浴エリアになっていました。


f:id:zenigame1:20220130165706j:image

 

日帰り入浴は14時から可能で、16時から18時くらいまで受け付けていますが、宿泊者の混み具合によりますので、事前に電話してから伺ったほうがいいかもしれません。