大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

那珂川温泉 ホテルアライ pH9.3!強アルカリの源泉かけ流し湯に日帰り入浴

ホテルアライ


 
 

 

基本情報


 
【日帰り入浴時間】

9:00〜22:00(受付21:00まで)

【日帰り入浴料】

700円

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

46室

【公式HP】

https://www.hotel-arai.com/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号

 

 【住所】

栃木県那須塩原市鍋掛108-24

【電話番号】

0287-63-1180

 

泉質


 
■源泉

黒磯那珂川温泉

■泉質   

アルカリ性単純温泉

■温度           

 52.2度 

■pH値

pH9.3

■成分総計  

593mg

 

栃木県 那珂川温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20240322214630j:image

那珂川温泉は栃木県那須塩原市にある温泉。

黒磯市街から東へ進むこと10分程の距離にあるアクセスの良い温泉。ホテルアライと同ホテルが運営する皆幸乃湯の2件の施設があります。

 

日帰り入浴施設 皆幸乃湯を併設

 


f:id:zenigame1:20240322215030j:image

ホテルアライは県道沿いにあるビジネス風のホテル。

パット見は温泉があるようには見えません。

周囲にはテニスコートなどもあり、合宿利用などが多いようです。

 

ちなみに、那須塩原市にはホテルアオキという温泉施設もあります。

同じカタカタ名で、しかも名前がなんとなく似ているので紛らわしい。

ホテルアオキは那須野ヶ原温泉で、全然別な施設です。

 


f:id:zenigame1:20240324171115j:image

ホテルアライには「皆幸乃湯」という日帰り入浴施設が併設。

絶妙に読みにくいですが、「かいこうのゆ」と読みます。


f:id:zenigame1:20240324171323j:image

位置関係はこんな感じ。右がホテルアライ。

皆幸乃湯の建物はホテルアライと繋がってはいません。

 

ちなみにホテルアライにもお風呂がありますが、日帰り入浴は不可。

ホテルアライのお風呂は小さいので、宿泊客でも皆幸乃湯の方を利用することが多そう。もちろん宿泊客は何度でも無料で皆幸乃湯を利用できます。


f:id:zenigame1:20240324171637j:image

皆幸乃湯の建物。

日帰り入浴は9時から開始。朝早くから営業しています。

オープンちょっと前に訪れたのですが、地元の方らしき人が何人かオープン待ちをしていました。

 

観光客は普通、那須湯本塩原温泉に行くはずですので、ここに来る人は地元の方か、よほどの温泉好きだと思います。


f:id:zenigame1:20240324171924j:image

館内はだだっ広い感じ。日帰り入浴料は700円。宿泊客はキーを見せるだけで入れてくれます。


f:id:zenigame1:20240324172044j:image

中央には大きな食堂があります。

食堂の横が大浴場入口。


f:id:zenigame1:20240324172118j:image

ラーメンや定食などメニューも豊富。

 

巨大な湯舟に並々と源泉かけ流し


f:id:zenigame1:20240324172333j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20240324172419j:image

まずは大浴場から。かなり大きな湯船。

驚きなのは、このサイズのお風呂なのになんと源泉かけ流しです。

すごい湯量です。


f:id:zenigame1:20240324172525j:image

湯船の奥にはジャグジーもあります。


f:id:zenigame1:20240324172650j:image

広くて気づきませんでしたが、打たせ湯もありました。


f:id:zenigame1:20240324172737j:image

泉質はアルカリ性単純温泉

馬頭温泉など、栃木県の北部は強アルカリ性の温泉が多いのが特徴。

こちらもpH9.3というアルカリ性の高さをウリにしています。

アルカリ性はかなり高めですが、ヌルトロ感はそこまで強くはありませんでした。

しばらく浸かっていると、少しだけトロミを感じるくらい。


f:id:zenigame1:20240324173131j:image

続いて露天風呂へ。これもかなりのサイズ。

すだれの屋根がかけられています。

もちろん露天風呂も源泉かけ流しです。


f:id:zenigame1:20240324173323j:image

露天風呂は少しぬるめの湯加減となっており、かなり気持ちいい。

クセがない柔らかいお湯ですが、源泉かけ流しだと、ちゃんと温泉に入ったなという感じがします。


f:id:zenigame1:20240324173524j:image

露天風呂からの景色はこんな感じ。 

田園地帯の中にある施設なので、景色ものどかそのもの。


f:id:zenigame1:20240324173612j:image

ちなみにホテルアライのお風呂はこんな感じ。

皆幸乃湯に比べると、かなり小さめで、露天風呂もなし。

ホテルのお風呂も源泉かけ流しです。

お風呂は小さいですが、皆幸乃湯よりもヌルヌル感は強く感じました。

 

ホテルアライは併設する皆幸乃湯が人気。

巨大な内湯と露天風呂は贅沢なほどに源泉かけ流し。

地元の方に人気そうなのもうなづけます。

那須湯本塩原温泉などの個性的なお湯もいいですが、

シンプルな温泉もオススメです。

 

温泉分析書 強アルカリの単純温泉

 


f:id:zenigame1:20240324174156j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは593mgのため、単純温泉です。 単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム-塩化物・硫酸塩泉となる温泉です。

 

 また、pH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH9.3でアルカリ性です。

 

以上より、アルカリ性単純温泉になります。