大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

川治温泉 祝い宿寿庵 和モダンな高級旅館で竹林露天風呂に日帰り入浴

祝い宿寿庵


 
 

 

基本情報
 

【日帰り入浴時間】

14:00〜17:00

【日帰り入浴料】

1400円

【タオル】

バスタオル・フェイスタオル込み

【露天風呂】  

あり

【お風呂の数】 

内湯露天(男1・女1)

【客室数】

24室

【公式HP】

http://nikko-jyuan.com/

【個人的オススメ度】

★★★☆☆

 

 

住所・電話番号
 

 【住所】

栃木県日光市川治温泉52

【電話番号】

0288-78-1101

 

泉質


 
■源泉

薬師の湯3号

■泉質   

単純温泉

■温度           

 44.0度 

■pH値

pH7.6

■成分総計  

372mg

 

栃木県 川治温泉ってこんなところ


f:id:zenigame1:20240321220004j:image

川治温泉鬼怒川温泉の上流に位置する温泉です。温泉の歴史は意外と新しく江戸時代の1718年。この地を襲った洪水で集落が水没し、水が引いた後に温泉が湧いているのが発見されたそうです。

 

比較的大型の旅館が多かった川治温泉ですが、旅館のほとんどは廃業するか名前が変わり、昔から変わらず営業している旅館は数軒しかありません。

日帰り入浴にも寛容ではなく、入浴可能な宿は2件のみです。

 

 

和モダンな高級和風旅館にリニューアル


f:id:zenigame1:20240321210732j:image

祝い宿寿庵(じゅあん)は川治温泉の中心部にある旅館。

もともとはお宿東山閣という旅館でした。

潰れた訳ではなく、2013年に大規模改装。

名前を変えてリニューアルオープンしました。


f:id:zenigame1:20240321211047j:image

国道に看板がありますので、こちらを右折。


f:id:zenigame1:20240321211148j:image

するとこんな感じの杉林と駐車できるスペース。

日帰り入浴の場合はここに駐車して、少し歩きます。


f:id:zenigame1:20240321211254j:image

ここを進むと玄関ですが、急に秘湯のような雰囲気になってびっくり。夜だとちょっと怖いかも。


f:id:zenigame1:20240321211353j:image

途中、竹林の中に神社があります。


f:id:zenigame1:20240321211430j:image

玄関に到着。

寿庵は日帰り入浴に関する情報が全然ない。

ダメ元で試しに電話したところ、「日によってお受けできる時もあります」とのこと。

「今日はやってますか?」と聞いてみると、「本日はお受けできます」とのこと。

土曜日などの休前日はダメな感じですが、日曜日はオッケイでした。

電話対応は、日帰り入浴客にもとても丁寧で好感が持てます。

どうやら社長さんのようでした。


f:id:zenigame1:20240321211803j:image

めちゃくちゃ高そうな雰囲気。

こちらは宿泊すれば2万円は超える高級旅館です。

日帰り入浴オッケイの旅館には到底見えません。

 

リニューアルされていますが、外観はそんなに変わっていないので、

玄関周りだけが異常に立派。


f:id:zenigame1:20240321211946j:image

館内に入ってみると。すっ すげえ。

鶴が舞う金屏風のような絵が飛び込んできます。

祝の宿というだけあって、いきなり縁起がよさそうな演出。


f:id:zenigame1:20240321212247j:image

ロビーもすごい。和とモダンが調和した空間。

いかにも高級旅館という感じで、ちょっと恐縮しちゃいます。

女将さんと、若いお兄さんのスタッフさんが受付。

 

電話でオッケイはもらっているものの、雰囲気的に断られるんじゃないかという一抹の不安が。

恐る恐る日帰り入浴をお願いすると、問題なく受付けてくれました。

 

日帰り入浴は1400円。


f:id:zenigame1:20240321212723j:image
大浴場は先程のロビーからすぐ。


f:id:zenigame1:20240321212652j:image

タオルとフェイスタオルはお風呂の前に置いてあり、自由に使えます。

 

f:id:zenigame1:20240321212800j:image

男湯は「入り鉄砲」、女湯は「出女」という名前。

関所ですね。


f:id:zenigame1:20240321213132j:image

川治温泉の水で作った水素水。

お味は普通のお水でした。


f:id:zenigame1:20240321213250j:image

清潔感あふれる脱衣所。


f:id:zenigame1:20240321213416j:image

カラフルな壁の色もおしゃれです。


f:id:zenigame1:20240321213515j:image

洗面台も高級感あります。

 

格天井のハイセンスな大浴場


f:id:zenigame1:20240321213606j:image

大浴場。天井は格天井で、ここも和モダンな雰囲気。


f:id:zenigame1:20240321213845j:image

浴槽は2つあり、右の大きな湯船の方が熱め。


f:id:zenigame1:20240321213820j:image

見上げるとこんな感じ。さすがは高級旅館という感じの豪華な作り。

 

竹林の中の棚段露天風呂


f:id:zenigame1:20240321214050j:image

続いて露天風呂。

そんなに期待していませんでしたが、予想以上に良さげなお風呂。

竹林の中に二段の湯船があります。

 

f:id:zenigame1:20240321214357j:image

上段と下段では温度差がかなりあります。


f:id:zenigame1:20240321214544j:image

上段は熱め、下段はかなりぬるめでした。

個人的にはぬるめが好きなので、下段側にずっと入浴。

ただ、ちょっと落ち葉などが多かったのが気になりました。

 

ちなみに川治温泉は源泉が少しぬるめです。

ここは源泉そのままのぬるさではないのが少し残念。


f:id:zenigame1:20240321214642j:image

泉質は単純温泉

成分総計は372mgと比較的薄めの温泉のため、特徴は弱いですが、

その分肌に優しい温泉です。


f:id:zenigame1:20240321215449j:image

循環消毒ありですが、塩素臭はあまりせず。

古くから火傷は鬼怒川、傷は川治と言われ、切り傷や皮膚病などに効能があります。

 

祝い宿寿庵は川治温泉でも有数の高級旅館。

日帰り入浴可能なことはあまり知られていないため、かなり空いています。日曜日の14時半頃に訪れましたが、宿泊客もまだチェックインしておらず、のんびりと誰にも会わずに入浴できました。

 

 

 

温泉分析書 特徴弱めの単純温泉


f:id:zenigame1:20240321215343j:image

 

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは400mgとかなり薄いため、単純温泉です。

 

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、もし1000mgを超えていれば、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉になる温泉。食塩と芒硝が主成分です。