大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

湯田川温泉 隼人旅館 戊辰戦争ゆかりの旅館で源泉かけ流し湯に日帰り入浴

隼人旅館


 

 

基本情報

 

【日帰り入浴時間】

10:00〜20:00

【日帰り入浴料】

500円

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】

8室

【公式HP】

http://www.hayato-ryokan.jp/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号

 

 【住所】

山形県鶴岡市湯田川乙56

【電話番号】

0235-35-3355

 

泉質


 
■源泉

湯田川1号

■泉質   

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 

(含石膏芒硝泉)

■温度           

 42.2度 

■pH値

pH8.4

■成分総計  

1169mg

 

湯田川温泉ってこんなところ 

 


f:id:zenigame1:20240220212737j:image
 

湯田川温泉山形県鶴岡市にある温泉。

三方を小高い山に囲まれた田園地帯にある静かな温泉です。 

開湯は奈良時代の712年。山形県では蔵王温泉に次いで歴史ある温泉です。湯で傷を癒やす白鷺を見て発見したと言われています。


f:id:zenigame1:20240220212948j:image

 

共同浴場の正面湯を中心に湯治場的雰囲気の温泉街を形成しています。同じく鶴岡市あつみ温泉湯野浜温泉と異なり、大型旅館などはなく、小さな旅館が8件ほど。

春先は孟宗竹というタケノコ料理が人気です。

日帰り入浴にはあまり寛容ではなく、2件でのみ可能。

 

創業300年 新徴組ゆかりの旅館

 


f:id:zenigame1:20240220213011j:image

隼人(はやと)旅館は湯田川温泉でも老舗の旅館。

パット見は至って普通の旅館ですが、創業300年を超える歴史を有します。

左の黒壁ののところが浴室。


f:id:zenigame1:20240220213654j:image

数年前に訪れた時より少しキレイになっていました。


f:id:zenigame1:20240220214020j:image

隼人旅館は幕末に活躍した新徴組ゆかりのお宿。

新徴組が江戸警護の任を解かれ、江戸から庄内に移った際にここ隼人旅館を本部として、湯田川温泉の各宿に分宿していました。

新徴組は湯田川温泉を拠点に庄内藩と新政府軍との戊辰戦争にも参戦。


f:id:zenigame1:20240220213945j:image

こちらが館内。

日帰り入浴は500円。

湯田川温泉で予約無しで日帰り入浴できる唯一の旅館です。


f:id:zenigame1:20240220214740j:image

館内は随所に花が飾られ小綺麗な雰囲気。


f:id:zenigame1:20240220214509j:image 

ロビーにも新徴組に関するコーナーがありました。


f:id:zenigame1:20240220214641j:image

古文書。

 

内湯のみのシンプルなタイル風呂


f:id:zenigame1:20240220214710j:image

お風呂は玄関の真横。新選組的な柄ののれんが特徴的。


f:id:zenigame1:20240220214950j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20240220215035j:image

畳敷きの面白い棚。


f:id:zenigame1:20240220215211j:image

こちらが大浴場。少し入り組んだ形の浴室で、奥に正方形の湯船があります。


f:id:zenigame1:20240221204256j:image

カランは2つ。

湯田川温泉は基本的に内湯のみ旅館が多く、露天風呂があるのは九兵衛旅館くらい。


f:id:zenigame1:20240221204024j:image

こちらも湯田川スタンダードの小さな内湯。

四人入ればいっぱいくらいのサイズです。

タイル張りの浴室とお風呂はなんともいい雰囲気。


f:id:zenigame1:20240221204230j:image

浴室には並々と源泉が注がれる音が響きます。

この注入量で贅沢にも源泉かけ流しです。

湯田川温泉は基本的に各旅館同じ源泉を使用しています。


f:id:zenigame1:20240221204511j:image

無色透明のお湯。

泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉。

旧泉質名では含石膏芒硝泉です。

源泉温度は42度のため、熱すぎないのが湯田川のいいところ。

常に適温という感じです。

PH8.4のアルカリ性の高い温泉。

柔らかい湯ざわりで、浴後は手がサラサラになります。

 

 

隼人旅館は湯田川温泉唯一の予約無しで日帰り入浴可能な旅館。

共同浴場の正面湯も良いのですが、混み合わずにゆっくり入りたい方は隼人旅館がオススメです。

 

温泉分析書 石膏を含む芒硝泉

 


f:id:zenigame1:20240221204651j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1169mgで1000mgを超えます。陽イオンはナトリウム、とカルシウム、陰イオンは硫酸イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉です。