大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

霊泉寺温泉 中屋旅館 虹鱒ソーメン揚げが名物の超ひなび旅館で日帰り入浴

中屋旅館

 
 

 

基本情報

 

 【日帰り入浴時間】

10:00〜16:00

【日帰り入浴料】

500円

【タオル】

100円

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】

6室

【公式HP】

なし

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号


 
 【住所】

長野県上田市平井2514

【電話番号】

0268-44-2216

 

泉質


 
■源泉

霊泉寺温泉

■泉質   

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

(含芒硝石膏泉)

■温度           

 38.5度 

■pH値

8.2

■成分総計  

1020mg

 

霊泉寺温泉ってこんなところ

 


f:id:zenigame1:20231228212827j:image

 

霊泉寺温泉は長野県は上田市の山間にある温泉。

開湯は平安時代の968年と言われる古い温泉で、霊泉寺というお寺の寺湯として栄えました。国道からそれた場所にあるため、ここだけ時が止まったかのような静かな温泉地です。

旅館はひなびたお宿が四件。かつてはいずれも日帰り入浴できたようですが、現在は一件のみ可能です。

 

ひときわひなびを放つ旅館

 


f:id:zenigame1:20231228211912j:image

中屋旅館はひなびた旅館が多い霊泉寺温泉の中でも、とりわけひなびオーラを放っている旅館。


f:id:zenigame1:20231228212017j:image

霊泉寺温泉の中心部はこんな感じで、商店や土産物すらなく、行き交う人もまばら。同じ上田市内の別所温泉などとは正反対の雰囲気。

玄人向けの温泉街です。


f:id:zenigame1:20231228220115j:image 

ちなみに霊泉寺温泉は松茸がお安くいただける穴場の温泉地。他の温泉で松茸なんてつけたら2万は超えますが、霊泉寺温泉は松茸つけてもかなりお安く宿泊できます。写真は和泉屋旅館の松茸のすきやき。


f:id:zenigame1:20231228212310j:image

中屋旅館にぴったりくっつくこちらの木造旅館は既に廃業していました。清水屋旅館という名前だったよう。こういう日本旅館がつぶれていくのは寂しい限り。


f:id:zenigame1:20231228212453j:image

霊泉寺温泉でいちばん有名なのは中屋旅館の前にある和泉屋旅館。

こちらは日本秘湯を守る会にも加盟しており、そこそこ知名度もある人気旅館。儲かっているのか、玄関周りはキレイにリニューアルされていました。

 


f:id:zenigame1:20231228213130j:image

中屋旅館の玄関。昔のまんまという感じで素敵です。

日帰り入浴可能か電話したところ、「ちょっとぬるいかもですが、午前中なら大丈夫。」とのこと。

日によって異なりそうなので確認したほうが良さそうです。


f:id:zenigame1:20231228213207j:image

フロント周りはだけはリニューアルされていました。


f:id:zenigame1:20231228213530j:image

古い旅館なので、館内は結構寒いです。

日帰り入浴料は500円。

 

築100年超!昭和の雰囲気を残す木造旅館


f:id:zenigame1:20231228213416j:image

タオルは100円でロゴ入り。これこれ、こういうタオルが理想。


f:id:zenigame1:20231228213505j:image

お風呂はこの暗い廊下を進みます。


f:id:zenigame1:20231228213745j:image

館内はこんな感じで、ザ日本旅館。築100年を超える建物は木造の廊下やガラス戸がいい感じの雰囲気。


f:id:zenigame1:20231228213910j:image

中庭から見える建物は一部朽ちちゃっていました。

2階部分は今にも崩れそうな感じ。。


f:id:zenigame1:20231228214114j:image

ですが、トイレはウォシュレット付きでめっちゃ綺麗でした。

これなら宿泊しても安心です。

 

ちょっとぬるめの優しいお湯


f:id:zenigame1:20231228214238j:image

お風呂入口。


f:id:zenigame1:20231228214308j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20231228214344j:image

古い昭和の旅館によくあるガラスブロックの壁。


f:id:zenigame1:20231228215650j:image

1つだけですが、ドライヤーも一応あります。


f:id:zenigame1:20231228214611j:image

こちらがお風呂。露天風呂はなく内湯のみ。

湯船はタイルですべすべの感触が心地よい。


f:id:zenigame1:20231228215631j:image

湯船左側からハイドロマッサージ用にジェット水流が出ていてます。


f:id:zenigame1:20231228214808j:image

ケロリン桶が積まれ、湯治場らしいお風呂です。

霊泉寺という名前から、なんとなくぬるそうな温泉をイメージしますが、源泉温度は38度で正真正銘のぬる湯。

湯口のお湯を触るとぬるかったので、源泉かけ流しだと思います。


f:id:zenigame1:20231228215551j:image

湯船はぬるくならないように加温されているようで、ちょいぬるめくらいの適温でした。冬に38度はなかなかなので、ありがたい。夏場は加温しないのかもしれません。


f:id:zenigame1:20231228214732j:image

泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉。

旧泉質名では含芒硝石膏泉。石膏泉は痛みを和らげる鎮静作用があると言われています。アルカリ性のやわらかいお湯です。


f:id:zenigame1:20231228215848j:image

中屋旅館のパンフレット。

やっぱり気になるのは右下のわら納豆みたいな謎の食べ物。

虹鱒のソーメン揚げというこの宿オリジナルの名物料理。

食通にも喜ばれているんだとか。

これはいつか泊まって食べてみたい。

 

 

中屋旅館は霊泉寺温泉を堪能できる貴重な旅館。

ひなびた旅館好きにはたまらない雰囲気で、温泉も良いのでオススメです。泊まるなら、霊泉寺温泉は松茸のシーズンに訪れるのがベスト。

 

 

温泉分析書 アルカリ性の石膏泉

 


f:id:zenigame1:20231228220701j:image

 

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。こちらは1020mgで圧倒的。陽イオンはカルシウムとナトリウム、陰イオンは硫酸イオンが20%を超えるので、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉です。