大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

丸山鉱泉 秩父の山野草を使った薬草鉱泉風呂に日帰り入浴

丸山鉱泉
 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度


 
 
○日帰り入浴時間 11:00〜14:30

○日帰り入浴料金 800円 
○露天風呂    あり
○お風呂の数   内湯露天(男1・女1)  

○客室数     13室

○タオル     170円(ロゴあり)

○公式HP     http://www.maruyama-kousen.co.jp/

○混雑度       ほとんど誰にも会わない

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

2.場所・電話番号

 

 

〇住所  埼玉県秩父市横瀬町横瀬1795-1

〇電話番号   0494-23-3439

 

 

3.泉質
 

 

■源泉   丸山鉱泉

■泉質   温泉法上の温泉ではない

■温度             不明

■成分総計  694mg

 

 

 

4.丸山鉱泉について

 

 


f:id:zenigame1:20230326174113j:image

 

丸山鉱泉横瀬町にある一件宿の鉱泉です。

秩父七湯には入りませんが、秩父でもかなり山間に位置しているため、さながら東北の秘湯に来たような雰囲気があります。

 

 

5.外観・館内・お風呂

 

 


f:id:zenigame1:20230326175603j:image 

丸山鉱泉までは林道を5分ほど進みます。

看板にも「入浴できます」と書いてあるので、日帰り入浴には割りと積極的であることが分かります。


f:id:zenigame1:20230326175736j:image

途中景色のいいところがありますが、寺坂の棚田というスポット。


f:id:zenigame1:20230326175935j:image

奥にセメント工場が見えますが、棚田とセメント工場の異質な組み合わせは、秩父っぽくて好きです。


f:id:zenigame1:20230326175918j:image

丸山鉱泉に到着。丸山鉱泉は薬草風呂がウリなのですが、駐車場からいきなり薬草推しが伝わってきます。


f:id:zenigame1:20230326174003j:image

丸山鉱泉の玄関。


f:id:zenigame1:20230326180114j:image

建物はちょっと古めですが、温泉場らしくていい感じ。

新しすぎるよりもこういう感じの方が、アタリの温泉に出会える確率が高いです。


f:id:zenigame1:20230326180047j:image 

さっそく館内へ。

日帰り入浴料は800円。


f:id:zenigame1:20230326180639j:image

お風呂はちょっと離れた棟にあり、長いわたり廊下を進みます。


f:id:zenigame1:20230326180825j:image

この渡り廊下はなかなか趣があります。

 


f:id:zenigame1:20230326181103j:image

廊下から見えるあの部分が男性用の露天風呂。 

不用意に立ったりすると見えるので要注意。


f:id:zenigame1:20230326181208j:image

廊下の終点には、別の受付のようなエリア。

実は丸山鉱泉は花悦の湯という名前で、宿のお風呂を日帰り入浴施設として開放していますが、こちらはその日帰り入浴施設側の受付。

人は誰もいなく、現在は旅館側で受付しているようでした。


f:id:zenigame1:20230326181441j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20230326181912j:image

こちらが大浴場。内湯は2つに分かれていて、奥側が薬草風呂になっています。手前は源泉をそのまま沸かしたものなのか、白湯なのかは分かりませんでしたが、塩素臭が強かったのでパス。


f:id:zenigame1:20230326185424j:image

薬草風呂は茶色の麦茶のような色をしています。

香りは例えるなら、ヒノキの香りを凝縮して、ヨモギを混ぜたような匂い。薬草風呂ってつかっていると、ピリピリしてきたり、キツイ匂いがしたりするところも多いですが、こちらはその辺に生えている山野草を使っているので、体に優しく、ずっと入っていても刺激は感じませんでした。


f:id:zenigame1:20230326185911j:image

続いて先程の廊下から見えた露天風呂。


f:id:zenigame1:20230326185944j:image

 

こちらで使用している薬草な秩父山野草で、ドクダミヨモギゲンノショウコの他、10種類ほどを煮出しているそう。

その中でもヒノキっぽい匂いの正体は、聞き慣れないマツフジという野草。結構を促進する効果もあるそうです。


f:id:zenigame1:20230326190115j:image

薬草風呂なんて、温泉好きとしては邪道だと思っていたのですが、

これがとっても気持ちよく、ついつい長湯。

するとマツフジの効果なのか、じわじわと体が明らかに暖かくなってきます。

これはすごい。


f:id:zenigame1:20230326190500j:image

薬草のレポートになってしまいましたが、肝心の温泉としてはかなり薄め。温度が低い冷鉱泉で、特殊成分も含まないため、温泉法上の温泉ではありません。ただし、成分総計は694mgもあり、もし温度が25度以上をクリアしていれば、十分単純温泉として認められる値です。


f:id:zenigame1:20230326191224j:image

旅館側も「秩父は良質な温泉(かけ流し)がありません」って言っちゃってます。。

 

丸山鉱泉の薬草風呂は、刺激も少なく体もポカポカで、薬草風呂としては一級品だと思います。温泉としては弱いですが、薬草風呂だけだも来る価値あり。

 

まだまだあります 秩父温泉郷

 

【秩父温泉郷を入りつくせ!】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのオススメ8選) - 大露天風呂の日記

 

 

 

6.温泉分析書の説明

 

 

詳細な分析書がなかったため不明です。