大露天風呂の日記

現在647湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

舘山寺温泉 開華亭 七色に光る?レインボー風呂に日帰り入浴

開華亭

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度

 
○日帰り入浴時間 11:00〜14:00

○日帰り入浴料金 1300円
○露天風呂    あり
○お風呂の数     内湯露天(男1・女1)  

○タオル     フェイスタオルは入浴料に含まれる

○客室数     60室

○公式HP     https://www.kaikatei.com/

○混雑度       お風呂で会った人数 3人

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

2.場所・電話番号


 
 〇住所  静岡県浜松市西区舘山寺町412

〇電話番号   053-487-0208

 

 

 

 

3.泉質

 

■源泉   舘山寺7号源泉

■泉質   ナトリウム・カルシウム-塩化物強温泉

■温度            29.0度 pH7.8

■成分総計  22650mg

 

4.舘山寺温泉について

 


f:id:zenigame1:20220829234032j:image

 

舘山寺(かんざんじ)温泉は風光明媚な浜名湖の湖畔にある温泉。静岡といえば熱海や伊豆など多くの温泉地があるイメージですが、伊豆半島を除けば温泉は少なく、舘山寺温泉は貴重な存在。

温泉の歴史は昭和に入ってからと新しく、1953年に観光開発を目的として温泉掘削がなされました。海に近いため、塩分濃度の濃い温泉です。湧出量が少ないため、開湯当初の源泉は現在は使われておらず、何度か源泉を変えています。浜松市名古屋市に近いこともあり、大型旅館や遊園地が立ち並ぶ賑やかな温泉街となっています。

 

 

 

5.外観・館内・お風呂


f:id:zenigame1:20220829234107j:image

開華亭(かいかてい)は客室数63室の大型旅館。

ロープウェイがかかる浜名湖の入り江に面して立つ和風旅館です。


f:id:zenigame1:20220829234523j:image

駐車場はホテルの裏側にあります。


f:id:zenigame1:20220829234627j:image

館内は豪華な造り。玄関に入ると「いい旅館」の匂いがします。


f:id:zenigame1:20220829234730j:image

入浴料は1300円。かなり強気の値段設定です。

レンタルのフェイスタオルは入浴料に含まれます。


f:id:zenigame1:20220830184559j:image

ロビーにはミニ水族館のようなコーナがあります。

熱帯魚やメダカなどなど。


f:id:zenigame1:20220830184749j:image

こちらは手筒花火。舘山寺温泉の近くの新居浜では毎年、手筒花火大会が開かれます。


f:id:zenigame1:20220830184951j:image

お風呂は男性用、女性用ともに2階にあります。


f:id:zenigame1:20220830185048j:image

売店の横にあるエレベーターに乗ります。


f:id:zenigame1:20220830185247j:image

お風呂入口。開華の湯(はなのゆ)と名付けられています。


f:id:zenigame1:20220830185450j:image

中へ入るとこんな感じで分かれているおもしろい造り。

下が女湯、上が男湯です。


f:id:zenigame1:20220830185550j:image

広くてきれいな脱衣所。


f:id:zenigame1:20220830190617j:image

洗面台とトイレ。


f:id:zenigame1:20220830190714j:image 

脱衣かごには、所々にかわいいものが置かれています。

密着しないようコロナ対策だと思いますが、いいアイデア


f:id:zenigame1:20220830190918j:image

お風呂は内湯と露天風呂がありますが、内湯は寝湯、打たせ湯、ジャグジー、レインボー風呂と5種類もあります。

レインボー風呂っていったいなんでしょう?


f:id:zenigame1:20220830191102j:image

こちらがレインボー風呂。何がレインボーなのかピンときませんでしたが、浴槽の側面には照明が何箇所か仕込まれていました。

夜になるとこれがレインボーの光を発するみたいです。

日帰り入浴時間は14時までなので、真のレインボー風呂を体験するには宿泊する必要がありそうです。


f:id:zenigame1:20220830192133j:image

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物強温泉。

本来は塩分濃度の非常に濃い食塩泉です。

源泉の成分総計は2万mg超とかなりのものですが、舘山寺温泉は湧出量が少ないため、相当量の加水、循環消毒をしています。

そのため、強食塩泉でありなが、塩っぱさなどはほとんど感じませんでした。源泉温度も29度と低いため、当然加温しています。

お湯の色も本来は茶褐色ですが、無色透明。

 

数値ほどの温泉感はありませんが、舘山寺温泉はどこのホテルも湯使いは同じで、唯一源泉らしさを楽しめるのは日帰り入浴施設の華咲の湯のみ。どのホテルも少ない源泉に苦慮しているのだと思います。


f:id:zenigame1:20220830191322j:image

他のお風呂もなかなか個性派。

こちらはうたせ湯。天井にはかっこいいマシンがスタンバイ。

横にあるボタンを押すと、このマシンから放水銃のようなうたせ湯が落ちてきます。


f:id:zenigame1:20220830191500j:image

うたせ湯の下はこんな感じ。丸い石の椅子でうたせ湯を受けます。


f:id:zenigame1:20220830191613j:image

続いて寝湯。大浴場の一番奥まった一角に三人分の寝湯があります。


f:id:zenigame1:20220830191716j:image

こちらはジャグジー八角形の浴槽で勢いも強め。

その他に内湯にはサウナと水風呂もありました。


f:id:zenigame1:20220830191811j:image

次は露天風呂。大浴場から階段を少し降ります。


f:id:zenigame1:20220830191932j:image

露天風呂は普通です。石造りのシンプルなもの。

眺望はありません。


f:id:zenigame1:20220830192037j:image

露天風呂からはホテルの建物がバッチリ見えます。

ということは逆からもしかり?

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220830192814j:image

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。

ナトリウムイオンを5500mg、塩化物イオンを8500mg以上含むと強食塩泉になりますが、こちらはナトリウムを5590mg、塩化物イオンを13920mg含むため強食塩泉です。成分総計は2万2000mg超え。

 

その他、臭素は基準値の約3倍の17mgと比較的多く含みます。

 

成分的にはかなり濃い温泉ですが、加水、循環ありのため、

そこまで温泉らしさは感じませんでした。