大露天風呂の日記

旅館大好き温泉ソムリエのブログ 日帰り入浴情報と泉質を解説します

飯坂温泉 旅館湯乃家 地上9階の絶景屋上露天風呂に日帰り入浴

旅館湯乃家

日帰り入浴時間 12時〜17時30
日帰り入浴料金 700円  
露天風呂    あり
お風呂の数   内湯(男1・女1)

        露天風呂(男1・女1)

タオル     200円(ロゴあり)

 

源泉   若竹分湯槽

     (大門源泉・筑前源泉・一本松源泉・新19号源泉

      24号源泉・馬場源泉・八幡内源泉・公民館源泉)

泉質   アルカリ性単純温泉

温度             60.2度  pH 8.53

成分総計  789mg


f:id:zenigame1:20220213185812j:image

 

飯坂温泉は秋保、鳴子と並び奥州三名湯に数えれる一大温泉地。福島市内からのアクセスの良さから福島の奥座敷として栄え、東北有数の巨大温泉街を形成しています。

 

歴史は古く2世紀まで遡り、日本武尊命の東夷遠征の際にこの地の佐波子湯につかり、病が全快したと伝えられています。この温泉は現在でも飯坂温泉の中心にある共同浴場の鯖湖湯という名前に残っています。松尾芭蕉も逗留し、江戸時代の頃より徐々に有名な温泉地となります。


f:id:zenigame1:20220213183533j:image

飯坂温泉は摺上川沿いに旅館がへばりつくように林立し、独特の景観を生み出しています。さながらミニ鬼怒川温泉のよう。狭いエリアに旅館が密集し、多くの旅館が廃業したとはいえ、現在でも30軒以上の旅館があります。写真左の高い建物が湯乃家。


f:id:zenigame1:20220213183629j:image

旅館湯乃家は飯坂温泉の中心にあるシンボル的な十綱橋(とつなばし)からもよく見える近代的な旅館。鉄筋9階建で飯坂温泉最高層の旅館です。


f:id:zenigame1:20220213183816j:image

飯坂温泉の旅館は狭いエリアに密集しているため、駐車場がとにかくわかりにくい。湯乃家も旅館の前の小さなスペースに停めてはいけません。駐車場は宿の裏側の通り沿いにあり、十綱橋からまっすぐ坂を進んで右側にある広いエリアです。


f:id:zenigame1:20220213184055j:image

ロビー。入浴料は700円。飯坂温泉駅周辺は年季の入った鉄筋の旅館が多いですが、こちらは近代的で古さは感じません。


f:id:zenigame1:20220213184202j:image

タオルは200円でロゴあり。


f:id:zenigame1:20220213184237j:image

浴室は二箇所。3階に大浴場があり、最上階の9階にこの旅館の名物である露天風呂があります。


f:id:zenigame1:20220213184348j:image

まずは3階の内湯から。


f:id:zenigame1:20220213184444j:image

3階から階段で少し降り箇所にあります。


f:id:zenigame1:20220213184522j:image

大浴場入口。


f:id:zenigame1:20220213184545j:image

脱衣所。ドライヤーあり。


f:id:zenigame1:20220213184703j:image
皆さん内湯には目もくれず露天風呂へ行くようでガラ空き。

奥は打たせ湯になっています。お湯は少し熱めくらい。

泉質はアルカリ性単純温泉で無味無臭。


f:id:zenigame1:20220213184757j:image

シャワー、シャンプー、ボディソープ類あり。


f:id:zenigame1:20220213184836j:image

続いて最上階の露天風呂。エレベーターで9階へ。


f:id:zenigame1:20220213184921j:image

露天風呂は天守の湯と名付けられています。


f:id:zenigame1:20220213185023j:image

露天風呂は9階にあるだけあってすごい開放感!

浴槽は四角形と八角形の2つ。どちらも内湯に比べてぬるめです。


f:id:zenigame1:20220213185221j:image

屋外ですがカランもあり、シャワーやシャンプー、ボディソープもあります。

 

f:id:zenigame1:20220213185306j:image

飯坂温泉で一番高い建物だけあって、露天風呂からは飯坂温泉街一望です。手前は松島屋旅館。


f:id:zenigame1:20220213185435j:image

こちらも川沿いの他の旅館と同じく若竹分湯槽からの引湯。

8本もの源泉を混ぜています。

 

露天風呂の開放感と景色は間違いなく飯坂温泉随一。

露天風呂の少ない飯坂温泉では貴重な存在です。

おまけ程度のこぶりな露天風呂や庭園露天風呂はあっても屋上露天風呂は湯乃家しかありません。露天風呂好きにははずせない旅館。

 

飯坂温泉の日帰り入浴情報リスト

旅館名 時間 料金 紹介記事
飯坂ホテルジュラク 10:00~20:00 700円

飯坂温泉 飯坂ホテルジュラク 設備充実の巨大旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

御宿かわせみ 不可 不可  
つたや旅館 13:00~20:00 500円

飯坂温泉 つたや旅館 美しすぎる青タイルの円形大理石風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

平野屋旅館 10:00~18:00 300円

 

飯坂温泉 平野屋旅館 1泊2食5000円のハイコスパ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

 

栄楽 10:00~15:00 500円

飯坂温泉 旅館栄楽 喫茶併設旅館でアットホーム風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

福住旅館 10:00~20:00 500円

飯坂温泉 福住旅館 名物おかめ風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

なかむらや旅館 12:00~15:00 1000円

飯坂温泉 なかむらや旅館 蔵造のきれい系レトロ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

ほりえや旅館 10:00~20:30 400円

飯坂温泉 ほりえや旅館 木造3階のレトロ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

なかや旅館 13:00~18:00 500円

飯坂温泉 なかや旅館 温泉街のど真ん中で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

千歳旅館 不可 不可  
青葉旅館 不可 不可  
祭屋湯左衛門 13:00~20:00 1000円

飯坂温泉 祭屋湯左衛門 充実の庭園露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

あづま荘 不可 不可  
摺上亭大鳥 11:00~15:00 800円

飯坂温泉 摺上亭大鳥 ヒノキの香り溢れるお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

一柳閣 14時以降 300円

飯坂温泉 一柳閣 温泉街唯一のぬる湯に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館翠月 16:00~21:00 500円

飯坂温泉 ホテル翠月 ジュースがもらえるかも?激熱風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

喜久屋旅館 10:00~15:00 500円

飯坂温泉 喜久屋旅館 トゲトゲ析出物の内湯に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

双葉旅館 不可 不可  
伊勢屋旅館 7:00~23:00 800円

飯坂温泉 伊勢屋旅館 お城そっくりな老舗旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館幸 不可 不可  
旅館小松や 10:30~19:00 600円

飯坂温泉 旅館小松や レトロエレベーターで行くお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館湯乃家 12:00~17:30 700円

飯坂温泉 旅館湯乃家 地上9階の絶景屋上露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

松島屋旅館 14:00~20:00 700円

飯坂温泉 松島屋旅館 美しすぎる大理石風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旅館新亀 不可 不可  
宿あたご屋 不可 不可  
新松葉旅館 不可 不可  
旅館入舟 不可 不可  
飯坂叶や 不可 不可  
花乃湯 8:00~21:00 500円

飯坂温泉 花乃湯 川沿いのレトロ旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

くつろぎの宿華滝 13:00~18:00 800円

飯坂温泉 ホテル華滝 摺上川を除く円形露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

天竜 12:00~18:00 800円

飯坂温泉 ホテル天竜閣 かまぼこ屋根と渡り廊下が特徴的な旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記