大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

中山平温泉 花渕荘 カメだらけの水族館のよう旅館で日帰り入浴

花渕荘

 

 
 
 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度


 
 
○日帰り入浴時間 8:00〜20:00
○日帰り入浴料金 500円

○露天風呂    あり
○お風呂の数   内湯露天(男1・女1)

○タオル     300円(ロゴあり)

〇公式HP               https://www.hanabuchi.com/

○混雑度     お風呂で会った人数 2人

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

 

2.場所・電話番号

 

 
〇住所  宮城県大崎市鳴子温泉星沼133-2

〇電話番号   0229-87-2146

 

 

3.泉質
 

 

■源泉   花渕荘源泉

■泉質   単純温泉

■温度             72.1度 pH7.1

■成分総計  950mg

 

 

 


 4.中山平温泉について

 


f:id:zenigame1:20221231133316j:image

 

 

中山平温泉山形県との県境に位置する温泉。

鳴子、東鳴子、川渡、鬼首温泉などともに鳴子温泉郷を構成します。

国道47号沿いに多くの源泉が点在し、泉質も様々。あちらこちらで湯煙があがり、温泉情緒があふれるエリアです。開湯は江戸時代の1759年頃。蛇毒に効くとされ、蛇の湯とも言われました。1910年には山崩れにより、当時の元蛇の湯旅館が壊滅し、多くの被害を出した歴史もあります。温泉街らしい温泉街はなく、旅館が点在しています。鳴子温泉とともに日帰り入浴にはとても寛容で、ほとんどの旅館で可能です。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20221231133508j:image

花渕荘は国道47号からちょっと曲がったところにある小さな旅館。


f:id:zenigame1:20221231133915j:image

壁に書かれた温泉マークが目印です。


f:id:zenigame1:20221231134023j:image

玄関。島津家の家紋のようなマークがついています。


f:id:zenigame1:20221231134433j:image

ロビー。入浴料は500円。

ちょっと雑多な感じですが、普通の旅館には絶対にないものがあります。


f:id:zenigame1:20221231134624j:image

なんと帳場の前にウサギが2匹。ウサギがいる旅館は初めて。


f:id:zenigame1:20221231134821j:image

この旅館はウサギよりもカメの数がすごい。

さながらちょっとした水族館のように、たくさんの水槽が展示されています。せっかくなので紹介します。

ゼニガメなどのポピュラーなものから。


f:id:zenigame1:20221231134751j:image

ちょっと希少なニホンイシガメ。


f:id:zenigame1:20221231135030j:image

カンバーランドキミミガメ。

聞いたことありませんが、小さくてかわいいカメ。


f:id:zenigame1:20221231135116j:image

この水槽には、

グレーマップタートル、キバラガメ、ヨコクビガメ、アカセスジガメ。一個も分かりません。


f:id:zenigame1:20221231135325j:image

ダイヤモンドバックテラピン

どの水槽もキレイで、臭いもありません。


f:id:zenigame1:20221231135502j:image

ケヅメリクガメ。リクガメは数万するお高いカメさん。


f:id:zenigame1:20221231135539j:image

マルギナータリクガメ、セマルハコガメ

日光浴中。


f:id:zenigame1:20221231135617j:image

ヤエヤマイシガメ。


f:id:zenigame1:20221231135735j:image

スッポンまでいました。しかもアルビノという白い突然変異種。

ざっと見ただけで13種類以上のカメさん。


f:id:zenigame1:20221231140023j:image

ほとんどがロビーに置かれていて、かなり見応えあります。

爬虫類好きや子供さんには楽しいかも。

後から日帰り入浴に来た家族連れも、たくさんのカメを見て興奮していました。

f:id:zenigame1:20221231140053j:image

大分じっくりカメを見てしまいましたが、お風呂へ向かいます。

が、お風呂の途中にもこんなコレクション部屋があります。

古いおもちゃやエヴァンゲリオンカップラーメンなど、とにかくたくさん。


f:id:zenigame1:20221231140208j:image

ようやくお風呂入口。

花渕荘は男女別のお風呂の他に、貸切の露天風呂もあり、日帰り入浴でも1000円で利用できます。


f:id:zenigame1:20221231140243j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20221231140308j:image

脱衣所はちょっと面白い形をしています。

絶妙に傾斜がついていて、坂になっています。


f:id:zenigame1:20221231140421j:image

湯気でモヤモヤしていますが、こちらが大浴場。

四角形のシンプルな浴槽。

結構大きなサイズで5〜6人は入れそうな感じ。


f:id:zenigame1:20221231140802j:image

内風呂ですが、岩が配されていて、岩風呂のようになっています。

泉質はクセの強いの鳴子温泉郷では珍しい単純温泉

成分的には重曹が主成分の温泉です。

中山平温泉によくあるヌルヌルの温泉でもなく、特徴は弱めですが、入りやすく、柔らかいお湯です。

臭いもなく、赤ちゃんや肌の弱い人でも入れる温泉。

内湯は循環消毒ありです。


f:id:zenigame1:20221231141534j:image

カラン。


f:id:zenigame1:20221231141353j:image

続いて露天風呂へ。露天風呂もなかなか大きいサイズ。

露天風呂は源泉かけ流しで、温泉的には露天風呂のほうがオススメ。


f:id:zenigame1:20221231141511j:image

露天風呂の外は手入れされた立派な日本庭園になっています。

冬は雪が被り、素晴らしい雪見露天風呂に変化。


f:id:zenigame1:20221231141706j:image

お湯は適温で、露天風呂でもよくあたたまります。

この時は気づきませんでしたが、この庭園のどこかに鳴子石をくり抜いた一人サイズの石風呂があったようです。訪れるのは2回目ですが、どこにあるのか全然気づかず。

次回は幻の石風呂を探して再訪したいと思います。

 

花渕荘は泉質やお風呂的にはそこまで特徴はないのですが、カメの展示がとにかくすごい。500円で温泉も入れて、水族館に来たような気分になれます。お子様連れの方に特にオススメです。

 

 

まだまだあります 鳴子温泉郷

 

【東鳴子温泉を入りつくせ!】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのオススメ8選) - 大露天風呂の日記

 

【鳴子温泉】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのオススメ7選) - 大露天風呂の日記

 

【中山平温泉を入りつくせ!】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのオススメ7選) - 大露天風呂の日記

 

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20221231142227j:image

 

溶存物質が1000mg未満の場合は単純温泉になります。

こちらは950mgのため、惜しくも単純温泉です。

 

 

単純温泉と言っても何も入っていないわけではなく、成もし1000mgを超えていれば、ナトリウム・炭酸水素塩泉(純重曹泉)になる温泉です。