大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

白子温泉  サンシャイン・白子 日本最強のヨウ素泉に日帰り入浴

サンシャイン・白子

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度


 
 
○日帰り入浴時間 15:30〜18:00

○日帰り入浴料金 800円 
○露天風呂    あり
○お風呂の数     内湯露天(男1・女1)

○タオル     100円(ロゴあり)

○客室数     27室

○公式HP     http://sunshine-shirako.com/

○混雑度        ほとんど誰にも会わない

○個人的オススメ度 ★★★★☆

 

2.場所・電話番号

 

 〇住所  千葉県長生郡白子町中里4507-2

〇電話番号   0475-33-2121

 

 

 

3.泉質

 
 
■源泉   H-106号井戸

■泉質   含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強温泉

■温度             24.5度    pH不明

■成分総計  32670mg

 

4.白子温泉について

 


f:id:zenigame1:20220811215053j:image

 

白子温泉は白砂青松が美しい九十九里浜に面する温泉。

温泉の歴史はかなり新しく、平成元年にボーリングにより地下2000mから湧出しました。白子町をはじめとする千葉県は天然ガスヨウ素が豊富な地質。「かん水」と呼ばれる太古の海水が温泉の元になっています。ヨウ素の含有量は全国トップクラス で、かなり濃度が濃く、クセの強い特異な温泉です。九十九里浜に近いことから、海水浴客やサーファーなどで賑わう他、テニスコートや体育館を併設しているホテルも多く、大会や合宿での団体客も多いです。ビジネスホテルのようなホテルが10件以上密集する、千葉件県最大の温泉地となっています。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220811212712j:image

サンシャイン白子は白子温泉の中心部にあるホテル。

白子温泉あるあるで、建物に温泉感はゼロ。マンションのような見た目です。白子温泉は〇〇白子みたいなカタカタのホテルばかりなので、非常に紛らわしく覚えにくいです。建物の感じも似てるので、余計に難しい。

この建物はサンシャイン白子の新館。


f:id:zenigame1:20220811212818j:image

本館はとなりのこの建物です。

とりあえず本館だろうと思って、本館に行ってみると、なんとお風呂がまだ湧いてないとのこと。15時30なのにショック。

すると、本館から新館にすぐさま電話を入れてくれて、「新館ならオッケイですよ」とのこと。

この日、本館はほぼ学生の貸切で、お湯を沸かすのが遅かったそうです。


f:id:zenigame1:20220811213228j:image

気を取り直して新館へ。入浴料は800円。

日帰り入浴は15時半からで白子温泉では最も遅いスタート。


f:id:zenigame1:20220811213333j:image

タオルは100円。白子温泉では珍しくロゴあり。


f:id:zenigame1:20220811213404j:image

お風呂はロビーからすぐの一階にあります。


f:id:zenigame1:20220811213436j:image

お風呂に洗濯機が。合宿での利用が多いのだと思います。


f:id:zenigame1:20220811213519j:image

超絶きれいな脱衣所。


f:id:zenigame1:20220811213540j:image

こちらが大浴場です。見事な明るい琥珀色の温泉。

白子温泉は国内有数というか、おそらく日本一の濃度のヨウ素泉。

ヨウ素自体非常に珍しい泉質なのですが、圧倒的な含有量を誇ります。被爆予防や放射線の治療薬として用いられるヨウ素ですが、甲状腺ホルモンの主要素でもあり、体の成長には欠かせない成分。

ですが、ヨウ素泉自体の効能は実のところよくわかっていません。

新陳代謝の湯としてざっくり書かれているくらい。

 

f:id:zenigame1:20220811213704j:image

泉質は含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強温泉。「強」とつくように塩分濃度が非常に高く、成分総計は驚異の3万2000mg超。

味は非常に塩辛いです。

特筆すべきは臭い!甘い土のような香りにアンモニアが混ざり、独特な臭いが特徴です。決して良い臭いとは言えない類の芳香。

アルカリ性でとろみのようなぬるぬる感も少し感じます。


f:id:zenigame1:20220811213905j:image

カラン。


f:id:zenigame1:20220811213923j:image

こちらのホテルは白子温泉では珍しく露天風呂つき。

しかも和風な庭園露天風呂です。

和風なテイストなお風呂は白子温泉では稀有な存在。

お湯は加水、循環消毒ありです。

というか源泉かけ流しのホテルは白子温泉にはないようです。


f:id:zenigame1:20220811214036j:image

露天風呂はコーヒー色。右側は寝湯になっていて、腰の部分が少し深くなっている憎いつくり。すっぽりはまり、なんだか落ち着きます。


f:id:zenigame1:20220811214156j:image

もう一つの露天風呂は少し熱めに加温されていました。

白子温泉の源泉はどのホテルもすべて同じですが、こちらのホテルはアンモニア臭が少し強めに感じました。

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220811214610j:image

 

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。

ナトリウムイオンを5500mg、塩化物イオンを8500mg以上含むと強食塩泉になりますが、どちらも1万mgを超えているため、強食塩泉です。成分総計は驚異の3万2000mg超え。

 

また特殊成分として、ヨウ素を10mg以上含むとヨウ素泉になりますが、ここはなんと116mgも含みます。基準値の実に11倍。

 

特筆すべきは臭素で140mgも含有。  温泉基準は5mgなので約28倍の恐るべき含有量。またアンモニアも249mgと驚異的です。

ヨウ素臭素アンモニアはおそらく日本一に近い含有量です。

 

同じ天然ガスやかん水由来のヨウ素泉は新潟県北部にもあるのですが、含有量は全てにおいてこちらが上。

 

温泉のイメージがない千葉県ですが、千葉にもものすごい温泉があります。

 

7.白子温泉の日帰り入浴情報リスト

白子温泉は17件の旅館があり、うち12件の旅館で日帰り入浴可能です。

日帰り入浴には寛容な温泉で、主要なホテルはほとんどが日帰り入浴可能です。

午前中から入浴できるホテルは少なく、14時以降の受付開始が多いです。日帰り入浴料金はそこまで高くはなく、700円~800円が相場。

 

www.dairotenburo.com

 

旅館名 時間 料金
白子ニューシーサイドホテル 13:00~20:00 700円
浜紫 15:00~17:00 1000円
ホテルカアナパリ 11:00~14:00 850円
サンシャイン・白子 15:30~18:00 800円
ホテルサニーインむかい 16:00~20:00 500円
ホテル白洋 14:00~20:00 650円
ホテルニューカネイ 14:00~20:00 650円
青松庭白砂 10:00~17:00 1000円
白子・サンライズオーツカ 13:00~19:00 800円
ホテルニューオーツカ 14:00~17:00 650円
ホテル東海荘 13:00~20:00 600円
和海の宿 ささ遊 不可 不可
城之内荘 不可 不可
ホテル東天光 不可 不可
白子ホワイトパレス 要確認 要確認
かねご海都丸 不可 不可
旅館竹の家 不可 不可