大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

白子温泉 東海荘 アワアワが浮く強烈アンモニア温泉に日帰り入浴

東海荘

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度
 

 
○日帰り入浴時間 12:30〜17:30

○日帰り入浴料金 600円 
○露天風呂    なし
○お風呂の数   内湯露天(男1・女1)    

○客室数     33室

○タオル     100円

○公式HP     http://www.tokaiso.co.jp/

○混雑度        ほとんど誰にも会わない

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

2.場所・電話番号

 

 〇住所  千葉県長生郡白子町中里4437

〇電話番号   0475-33-2061

 

 

 

3.泉質



■源泉   H-106号井戸

■泉質   含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強温泉

■温度             24.5度    pH 7.8

■成分総計  32670mg

 

4.白子温泉について

 


f:id:zenigame1:20221019192944j:image

 白子温泉は白砂青松が美しい九十九里浜に面する温泉。

温泉の歴史はかなり新しく、平成元年にボーリングにより地下2000mから湧出しました。白子町をはじめとする千葉県は天然ガスヨウ素が豊富な地質。「かん水」と呼ばれる太古の海水が温泉の元になっています。ヨウ素の含有量は全国トップクラス で、かなり濃度が濃く、クセの強い特異な温泉です。九十九里浜に近いことから、海水浴客やサーファーなどで賑わう他、テニスコートや体育館を併設しているホテルも多く、大会や合宿での団体客も多いです。ビジネスホテルのようなホテルが10件以上密集する、千葉件県最大の温泉地となっています。

 

5.外観・館内・お風呂


 
f:id:zenigame1:20221019192918j:image

ホテル東海荘は白子温泉の中心部にあたるホテル密集地区にあります。


f:id:zenigame1:20221019194306j:image

カタカタで似たような名前のホテルが多い白子温泉ですが、「東海荘」という古臭いながらも、どっしりとした名前は、覚えやすいです。

このあたりは、目の前にはサニーインむかいの大きな建物が迫り、ちょっと狭小間しいエリア。


f:id:zenigame1:20221019193704j:image

大通りから狭い路地を曲がった先が、東海荘。

デカデカと「日帰り入浴」の看板を出しており、日帰り入浴客にも寛容ですが、土曜日は日帰り入浴不可のようです。


f:id:zenigame1:20221019193429j:image

東海荘の玄関。どこかの市役所のような建物です。

玄関横に何台か駐車できるスペースのような場所がありますが、ここは駐車不可。


f:id:zenigame1:20221019193559j:image

駐車場は通りを挟み、サンシャイン白子を横切った先にあります。


f:id:zenigame1:20221019193649j:image

こちらが駐車場。東海荘の弱点はこの駐車場の遠さでしょう。

遠いとっても、徒歩150歩くらいですが。(実際に歩いて測ってみました。)

実はホテルの真裏のちょうどいい場所に、駐車場があるのですが、これはホテルカアナパリの第2駐車場で、停めることはできません。


f:id:zenigame1:20221019194133j:image

早速入館。ロビーは昭和なゴージャス感がありますが、古さは否めません。入浴料は600円。

女性のスタッフさんですが、皆さん丁寧に対応してくれる方で、帰りもお辞儀でお見送りしていただきました。


f:id:zenigame1:20221019194440j:image

お風呂は一階の突き当りにあります。

白子温泉は国内屈指のヨウ素泉として知られますが、ヨウ素についていろいろと解説している説明書きが貼ってあります。

これは、東海荘に限らず、白子温泉のホテルによく貼ってあるものです。当方は白子温泉の全ホテルに入浴し、見飽きたのでこれはスルー。


f:id:zenigame1:20221019194733j:image

お風呂の前にはもうひとつの玄関のような場所があります。

ここからダイレクトにお風呂にインも可能です。

この日はおじい様方の団体がバスでいらしていました。

白子温泉はテニス合宿などの利用が多い温泉地ですが、いろいろなお客さんがやってきます。


f:id:zenigame1:20221019195058j:image

こちらが脱衣所。


f:id:zenigame1:20221019195123j:image

必要最低限な洗面台。


f:id:zenigame1:20221019195155j:image

こちらが大浴場。露天風呂はありません。

まず目につくのは、壁面のモザイク画。

おそらく海の白波をイメージしているのでしょうか?


f:id:zenigame1:20221019195433j:image

お湯の色は黄色に近い褐色。泉質は含ヨウ素強食塩泉で、他の温泉とは比較にならないほどのヨウ素を含んでいます。この褐色の色はヨウ素によるほか、太古の植物が腐った腐植質と呼ばれる物資によるものです。腐植質を含む温泉はモール泉とも言われ、少し甘い芳香があります。これは千葉県には多い泉質。


f:id:zenigame1:20221019201110j:image

 

ヨウ素はうがい薬などに使用され、甲状腺ホルモンの主成分でもあります。新陳代謝を促すほか、強い殺菌作用により傷にも効能があると言われています。切り傷などがあればしっかりの染みてきますが、確かに早く治ります。

 

ただし、バセドウ病など甲状腺ホルモン系の病気をお持ちの方には禁忌の温泉で、入ってはいけません。


f:id:zenigame1:20221019200326j:image

強食塩泉のため、非常にしょっぱい味がします。

白子温泉は匂いが独特で、腐葉土と甘い匂いを混ぜたような芳香があります。こちらも脱衣所からその匂いがかすかに香っていましたが、浴室内はアンモニア臭のほうが強烈。


f:id:zenigame1:20221019200616j:image

不気味に泡が漂う褐色のお湯からは、かなりのアンモニア臭がします。白子温泉ヨウ素だけではなく、アンモニアも異常なほどの含有量です。ですが、お風呂上がりに体にアンモニア臭が染み付いたりするなんてことはありませんでした。強食塩泉のため、お風呂上がりのあたたまりはかなり良いです。

 


f:id:zenigame1:20221019200754j:image

丸い鏡のカラン。


f:id:zenigame1:20221019200816j:image

時たま視線を感じ、お庭に目をやると、女性の銅像のようなものがあります。一瞬ホンモノの人かと思ってびっくり。

何で銅像がこんなところにあるのかはわかりません。

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20221019201137j:image

溶存物質が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム-塩化物泉となります。

ナトリウムイオンを5500mg、塩化物イオンを8500mg以上含むと強食塩泉になりますが、どちらも1万mgを超えているため、強食塩泉です。成分総計は驚異の3万2000mg超え。

 

また特殊成分として、ヨウ素を10mg以上含むとヨウ素泉になりますが、ここはなんと116mgも含みます。基準値の実に11倍。

 

特筆すべきは臭素で140mgも含有。  温泉基準は5mgなので約28倍の恐るべき含有量。またアンモニアも249mgと驚異的です。

ヨウ素臭素アンモニアはおそらく日本一に近い含有量です。

 

同じ天然ガスやかん水由来のヨウ素泉は新潟県北部にもあるのですが、含有量は全てにおいてこちらが上。

 

温泉のイメージがない千葉県ですが、千葉にもものすごい温泉があります。