大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

小野川温泉 やな川屋旅館 絶景の屋上露天風呂に日帰り入浴

やな川屋旅館

日帰り入浴時間 10:00〜20:00
日帰り入浴料金 400円
露天風呂    なし
お風呂の数   内湯(男2・女2)    

        露天(男1・女1)

タオル     200円(ロゴあり)

客室数     30室

 

源泉  協組4号源泉

泉質  含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

    (含塩化土類食塩硫黄泉)

温度          78.8度

成分総計 4497mg      pH6.8


f:id:zenigame1:20220228201338j:image

 

 

 

小野川温泉米沢市から車で20分程の山間に位置する温泉。

開湯は平安時代の836年で、小野小町が行方不明になった父を探し求める途中、この地で病気かかり薬師如来のお告げにより発見したと言い伝えられています。


f:id:zenigame1:20220315231040j:image

米沢市街地からのアクセスは良いものの、大型旅館はなく、小中規模の旅館が共同浴場の尼湯を取り囲むように温泉街を形成しています。

旅館は13件で全ての日帰り入浴可能ですが、コロナの影響により、河鹿荘と亀屋万年閣は日帰り入浴休止中。


f:id:zenigame1:20220228000235j:image

やな川屋旅館は鉄筋5階建て客室数30室。

小野川温泉で最も大きな旅館です。


f:id:zenigame1:20220228001218j:image

小野川温泉は各旅館の玄関前に日帰り入浴可否の立て看板が出してあるので安心して入れます。


f:id:zenigame1:20220228001427j:image

ロビー。入浴料は400円とお安いですが、お風呂は内湯が二箇所と露天風呂で合計三箇所も入れます。


f:id:zenigame1:20220228001552j:image

タオルは200円でロゴ入り。


f:id:zenigame1:20220228001620j:image

まずはやな川屋旅館のウリである屋上露天風呂へ。

エレベーターで最上階の5階へ。


f:id:zenigame1:20220228001749j:image

エレベーターを降りるとバーのような雰囲気の休憩所。


f:id:zenigame1:20220228001831j:image

冷水も飲めます。


f:id:zenigame1:20220228001933j:image

屋上露天風呂入口。


f:id:zenigame1:20220228002026j:image

脱衣所は二人入ればいっぱいくらいの広さ。


f:id:zenigame1:20220228002401j:image

かけ湯ゾーン。

洗い場はなく石鹸等はありません。洗いたい場合は一階の内湯で。


f:id:zenigame1:20220228002544j:image

露天風呂。


f:id:zenigame1:20220228002610j:image

屋上露天風呂は小野川温泉唯一。向かいのホテル山川がよく見えます。5階だけあって眺望と開放感は抜群。


f:id:zenigame1:20220228002732j:image

お湯は適温。たまご臭と味はちょうど出汁くらいのしょっぱさ。たまごスープのような温泉。


f:id:zenigame1:20220228002854j:image

続いて内湯。内湯は大浴場と小浴場の2つでいずれも一階。


f:id:zenigame1:20220228003019j:image

途中にあった江戸か明治時代頃とと思われる小野川温泉の絵図。高砂屋や山川、亀屋、扇屋、宍戸屋などの旅館の名前が確認できます。現在でも多くの旅館が名を変えずに営業してるのが小野川温泉のすごいところ。


f:id:zenigame1:20220228003404j:image

小浴場は大浴場を通り過ぎてひたすら廊下を進みます。


f:id:zenigame1:20220228195502j:image

小浴場はこまちの湯という名前。


f:id:zenigame1:20220228195643j:image

脱衣所は小さめ。


f:id:zenigame1:20220228195710j:image

脱衣カゴ。


f:id:zenigame1:20220228195834j:image

こじんまりした浴槽一つのみ。露天風呂はなし。


f:id:zenigame1:20220228200032j:image

カランは一つのみ。


f:id:zenigame1:20220228200131j:image

独特な形の湯口。きのこ?

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。こちらもわずかなたまご臭と出汁に近い塩味。


f:id:zenigame1:20220228200353j:image

見逃しそうですが浴槽の縁には山形名物をかたどったレリーフがあります。これはさくらんぼ。


f:id:zenigame1:20220228200508j:image

一見なんの変哲もない湯船ですが、当時の職人さんのこだわりを感じます。


f:id:zenigame1:20220228200805j:image

この日は掃除中で入れませんでしたが大浴場はこんな感じ。

土蔵風の内湯です。おそらくこまちの湯が旧館のお風呂で、大浴場が新館のお風呂といった感じ。

個人的には、小さいながらも昔ながらの趣のあるこまちの湯がオススメ。


f:id:zenigame1:20220228200614j:image

小野川温泉は4号源泉と5号源泉の2つの源泉があります。熱めの4号源泉が主力で、やな川屋旅館も全ての浴槽で4号源泉使用。

 

【温泉分析書のみかた】

成分総計が1000mgを超えると、単純温泉にはならず、陽イオン-陰イオンの順に20%超のものを並べて名前をつけます。陽イオンはナトリウムとカルシウム、陰イオンは塩化物イオンが20%を超えるので、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉となります。

 

また特殊成分として、総硫黄(硫化水素イオン、チオ硫酸イオン、遊離硫化水素の合計)が2mg以上で硫黄泉となり含硫黄とつきます。

 

成分総計は5000mgを超え、かなり多いように見えますがほとんどが食塩で、ガツンとくる湯ではなくマイルドな印象の湯。

 

さらに小野川温泉ラドン放射能)を含みますが、その量は2.62百億分の1キュリーで極めて微量。ラドンが30百億分の1キュリー以上あれば放射能泉となりますが、放射能泉と名乗れるほどの量はありません。放射能と言っても人体に害はなく、ごくわずかな放射線ホルミシス効果といって免疫力や自然治癒力を高めるそう。

 

やな川屋旅館は400円という安さながら三箇所もお風呂があります。小野川温泉を一望できる展望露天風呂もレトロな内湯もどちらもオススメです。

 

小野川温泉の日帰り入浴情報リスト

旅館名 時間 料金 紹介記事
河鹿荘 不可 不可  
亀屋万年閣 不可 不可  
やな川屋旅館 10:00~20:00 400円

小野川温泉 やな川屋旅館 絶景の屋上露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

湯杜匠味庵山川 15:00~18:00 700円

小野川温泉 湯杜匠味庵 山川 一人サイズの箱型露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

吾妻荘 14:00~18:00 500円  

小野川温泉 吾妻荘 まるでお出汁なお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

うめや旅館

12:00~16:00

18:30~21:00

500円

小野川温泉 うめや旅館 こだわりの源泉風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

ししどや旅館寿楽荘

12:00~18:00  400円

小野川温泉 ししどや旅館寿楽荘 懐かしのタイル風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

高砂屋旅館

7:00~10:00

15:30~20:00

500円  

小野川温泉 高砂屋旅館 入れたらラッキーなお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

登府屋旅館 15:00~18:00 600円  
二階堂旅館 8:00~21:00 400円

小野川温泉 二階堂旅館 ペンギンが見守るタイル風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

宝寿の湯 10:00~21:00 600円

小野川温泉 宝寿の湯 温泉街一望のお風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

小野川温泉保養センター 13:00~17:00 400円  

小野川温泉 小野川温泉保養センター 気持ち良すぎるタイル風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

扇屋旅館 8:00~21:00 300円  

小野川温泉 扇屋旅館 風格ありすぎる老舗旅館で日帰り入浴 - 大露天風呂の日記

旭屋旅館 11:00~16:00 500円  

小野川温泉 旭屋旅館 アツアツ露天風呂に日帰り入浴 - 大露天風呂の日記