大露天風呂の日記

旅館好きの温泉ソムリエのブログ 各温泉の日帰り入浴情報を全旅館紹介します

津川温泉 清川高原保養センター 驚き!化粧水のようなニュルニュルの温泉に日帰り入浴

清川高原保養センター
 

 

 

基本情報


【日帰り入浴時間】

10:00〜20:00

【日帰り入浴料】

500円

【タオル】

300円

【露天風呂】  

なし

【お風呂の数】 

内湯(男1・女1)

【客室数】

31室

【公式HP】

https://tsugawaonsen.com/

【個人的オススメ度】

★★★★☆

 

 

住所・電話番号


 【住所】

新潟県東蒲原郡阿賀町京ノ瀬4851

【電話番号】

0254-92-5530

 

泉質

 

■源泉

津川温泉1号

■泉質   

アルカリ性単純温泉

■温度           

 40.5度 

■pH値

pH9.3

■成分総計  

636mg

 

津川温泉ってこんなところ 


f:id:zenigame1:20240309215207j:image


 津川温泉は新潟県阿賀町にある温泉。

国道49号線の旧道から高台に登ったところにある温泉で、清川高原保養センターの一軒があります。

 

公営の日帰り入浴施設です


f:id:zenigame1:20240309221116j:image

清川高原保養センターは公営の日帰り入浴施設。

日帰り入浴客が圧倒的ですが、素泊まりもできます。

赤いトタン屋根が印象的な施設です。

どことなく北海道の温泉にありそうな雰囲気。


f:id:zenigame1:20240309221332j:image

坂の上にも建物が続きます。清川高原保養センターはなんと学生寮が隣接しています。大学もないのになんでこんなところに学生寮と思いましたが、町外から通う高校生用の学生寮だそう。

温泉の横なんて、なんてうらやましい学生生活。


f:id:zenigame1:20240309221554j:image

こちらが入口。津川温泉はその個性的な泉質で大人気。

阿賀町の温泉では珍しく日帰り入浴客で混み合います。


f:id:zenigame1:20240309221722j:image

館内。日帰り入浴は500円。


f:id:zenigame1:20240309221822j:image

タオルは300円。ちょっと高いですが、厚手の生地にかわいらしいキツネのデザイン。津川は狐の嫁入り行列というお祭りが有名なので。それをモチーフにしています。


f:id:zenigame1:20240309221934j:image

館内は木のぬくもり溢れる感じ。

広大な座敷の休憩室も併設していますが、飲食物の持ち込みも自由という太っ腹な施設。というわけで、休憩室は結構なお客さんで賑わっていました。

皆さん、かごにお風呂グッズを入れて持参。

地元の方が多そうな印象でした。


f:id:zenigame1:20240309222052j:image

公営の施設ということもあり、地元の特産物もしっかり売っています。個人的には地元の銘酒「麒麟山」のエコバッグが気になりました。

 

日本有数の強アルカリ性の温泉


f:id:zenigame1:20240309222213j:image

大浴場入口。コインロッカーもあるので安心。

 

 

 

大浴場は高台にあるため、絶景とまでは行きませんが景色は良いです。


f:id:zenigame1:20240309222725j:image

大浴場に併設して小さめの湯船も。こちらは露天風呂的な位置にありますが、窓は空いておらず完全に内湯です。

源泉は40度と少しぬるめですが、地元の間伐材を使用して加温しているそうです。


f:id:zenigame1:20240309223436j:image

泉質はアルカリ性単純温泉

すごいのはお湯のニュルニュル感。

小さいときに訪れたことがあり、そのニュルニュル感に衝撃を受けたことを覚えていますが、今でも健在。

 

pH9.3の強アルカリ性の温泉ですが、重曹が主成分ということもあり、ニュルニュル感は相当なもの。pH10以上の温泉にも引けを取らないレベル。

私が今まで入った中でも一番かも。


f:id:zenigame1:20240309223529j:image

循環消毒ありで、塩素臭もするのですが、それでもこの浴感はすごい。小さめの浴槽のほうがニュルニュル感が強い気がしました。

手に残った温泉だけでもニュルニュルするのだからすごい。


f:id:zenigame1:20240309223827j:image

pHの高い温泉が貼られていました。日本一強アルカリ性と言われるのは、埼玉県のときがわ温泉でpH11.3。

その他にも白馬八方温泉もなかなかの強アルカリ性です。

 


f:id:zenigame1:20240310095929j:image 

館内には清川旬水工房というオシャレなカフェも。店員さんはかなり若い。

肉味噌うどんや糀カレーなどの軽食メニューの他、湧水を使用した自家製シロップも。


f:id:zenigame1:20240310100244j:image

風呂上がりにぴったりなので、自家製シロップを注文。

これは梅シロップですが、他にブルーベリーなどもありました。

小さなクッキーとついてきます。

 

最初味がしない!と思いましたが、シロップは下の方に沈んでいるのでよくかき混ぜて飲んで下さい。すっきりしてなかなか美味しい。

中の梅までいただきました。

 

 

清川高原保養センターは日本有数のニュルニュルのお湯が魅力。

このお湯のファンは多く、日帰り入浴は比較的混み合います。

湯上がりのドリンクもオススメです。

 

 

温泉分析書 重曹が主成分の強アルカリ温泉


f:id:zenigame1:20240310100624j:image

 

溶存物質が1000mg以下の場合は単純温泉となります。 こちらは636mgのため、単純温泉です。 単純温泉と言っても何も入っていないわけではありません。 もし1000mgを超えていればナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉となる温泉です。

 

また、pH8.5以上でアルカリ性とつきますが、こちらはpH9.3でアルカリ性です。

以上より、アルカリ性単純温泉です。