大露天風呂の日記

現在662湯掲載 旅館好きの温泉ソムリエのブログ 旅館の日帰り入浴情報を徹底的に紹介します!

福島県の温泉
栃木県の温泉
群馬県の温泉
新潟県の温泉
千葉県の温泉
山梨県の温泉
埼玉県の温泉
静岡県の温泉

七沢温泉 福元館 関東最後の激シブタイル風呂に日帰り入浴

福元館

 

 

 

1.入浴時間・料金・混雑度


 
○日帰り入浴時間 11:00〜13:00 16:00〜18:00

○日帰り入浴料金 1000円 
○露天風呂    あり
○お風呂の数     内湯露天1・内湯1

         時間によって男女別入れ替え

○客室数     18室

○公式HP     http://fukumotokan.jp/

○混雑度        お風呂で会った人数 1人

○個人的オススメ度 ★★★☆☆

 

2.場所・電話番号

 

 
 〇住所 神奈川県厚木市七沢2748

〇電話番号   046-248-0335

 

3.泉質
 

■源泉   本館源泉

■泉質   温泉法上の温泉に該当しない

■温度              22度

■成分総計  218mg      pH9.90

 

4.七沢温泉について

 


f:id:zenigame1:20220801171626j:image

 

 

七沢(ななさわ)温泉は神奈川県最高峰を抱く丹沢山地の麓に湧く温泉。温泉の歴史は江戸末期の1861年1863年頃と比較的新しく、明治初期には3件の旅館があり、現在は5件の旅館があります。

七沢温泉は温度が20度ほどの冷泉であるため、古くから冷泉を沸かして、温泉として利用されてきました。お風呂にすると湯冷めしにくく、肌触りがなめらかとの評判が立ち、関東では貴重な湯治場として栄えました。そんなところから、現在では、神奈川県の巨大なリハビリセンター病院がありますが、華やかな雰囲気や、温泉街などはなく、ひなびた旅館などが点在する落ち着いた温泉となっています。

 

5.外観・館内・お風呂

 


f:id:zenigame1:20220801172013j:image

福元館は七沢温泉の奥に位置する旅館。江戸時代末期の1856年創業で、七沢温泉屈指の老舗旅館です。あの「蟹工船」で有名な小林多喜二も逗留し、この旅館の離れで小説「オルグ」を書き上げました。


f:id:zenigame1:20220801172729j:image

駐車場は宿の間の前ではなく、少し離れた下の道路側に広いスペースがあります。


f:id:zenigame1:20220801172826j:image

駐車場から見た福元館。ここだけでもかなりの渋さが伝わってきます。神奈川県内とは思えない、ひなびた雰囲気にテンションがあがります。


f:id:zenigame1:20220801173034j:image

日帰り入浴にも積極的。時間は2部制で、11時から13時の前半は露天風呂付きの内湯が女湯、16時から18時の後半が男湯になります。

お風呂は露天風呂付きの内湯以外にも、広めの内湯がありますが、オススメなのは露天付き内湯。


f:id:zenigame1:20220801173239j:image

帳場。入浴料は1000円です。


f:id:zenigame1:20220801201402j:image

フラワー関連のお土産が豊富です。これは厚木のお花屋さんが手掛けているよう。


f:id:zenigame1:20220801201538j:image

まずは露天風呂付きの内湯から。こちらは11時〜14時までの時間帯が女湯、16時〜18時の間が女湯になります。


f:id:zenigame1:20220801201657j:image

手前がお風呂の入り口。奥は家族風呂ですが、おそらく宿泊者専用。


f:id:zenigame1:20220801202501j:image

麦茶のサービスがあります。


f:id:zenigame1:20220801201850j:image

脱衣所。露天風呂と内湯は別になっていて、一度脱衣所を通らないと行き来できません。


f:id:zenigame1:20220801202423j:image

こちらが内湯。浴槽も壁もタイル張りの渋すぎる浴室。

東北の湯治場でもなかなかこのレベルはありません。

それが神奈川県にあることが驚きです。


f:id:zenigame1:20220801202711j:image

お風呂は3人くらいのサイズ。お湯はぬるめで、とても気持ち良いです。アルカリ性が高いため、しっかりとぬるぬるした感じがあります。七沢温泉の源泉の多くは温泉法の狭間にある温泉で、温度がわずかに低いためため、厳密には温泉法上の温泉ではありません。


f:id:zenigame1:20220801202854j:image

源泉温度は22度と低いため、加温しています。

ただし、源泉をそのまま投入できる蛇口があり、熱い場合はら好みの温度に調整することもできます。この源泉はより一層ぬるぬる感がありました。強アルカリ性のお湯は石鹸と同じように肌の角質を溶かし、美肌効果があります。浴感は温泉と全く同じです。

 

f:id:zenigame1:20220801203352j:image

出しっぱなしにすると水風呂になってしまうので、必ずとめてください。


f:id:zenigame1:20220801203107j:image

カランは4つあります。ケロリン桶がタイル風呂によく似合います。

右のシャワーは水圧が強すぎでした。


f:id:zenigame1:20220801203639j:image

続いて露天風呂へ。脱衣所から続く露天風呂への通路を進みます。


f:id:zenigame1:20220801203725j:image

互い違いに掛けられたのれんが面白いです。


f:id:zenigame1:20220801203819j:image

こちらが露天風呂。内湯よりぬるぬる感はありません。

右側にちょっとだけ写っていますが、露天風呂にもシャワーがありました。

 

f:id:zenigame1:20220801204100j:image

露天風呂の頭上には大木が見え、森の中に囲まれた入浴を楽しめます。ひぐらしがずっと鳴き続けて、なんとも郷愁を誘う景色です。


f:id:zenigame1:20220801204333j:image

ケロリン桶と椅子の横にはアヒルさん。

こちらの旅館は至るところにアヒルがいます。


f:id:zenigame1:20220801204517j:image

この日は宿泊していたので、家族風呂も紹介。

こちらは2人サイズくらいの小さな浴槽です。

窓際をよく見てみると。


f:id:zenigame1:20220801204641j:image

ここにも小さなアヒルが大量に置かれていました。


f:id:zenigame1:20220801204750j:image

続いてもう一つのお風呂。

日帰り入浴時間帯は二部制なので、一度に2つのお風呂に入ることはできません。


f:id:zenigame1:20220801205142j:image

脱衣所。


f:id:zenigame1:20220801205226j:image

こちらは内湯のみですが、先程とは異なり、かなり広い浴室です。

ここもなかなかシブメの浴室。


f:id:zenigame1:20220801205329j:image

景色はあまりありませんが、ここにも。


f:id:zenigame1:20220801205430j:image

いました。アヒルが二匹。


f:id:zenigame1:20220801205454j:image

透明度の高いお湯。こちらのお湯はぬるくはなく、普通の温度。ぬるぬる感も、さきほどの内湯の方が強い感じがしました。

 

まだまだあります 七沢温泉

 

【七沢温泉】日帰り入浴完全ガイド(温泉ソムリエのおすすめ6選)アルカリ度ランキング - 大露天風呂の日記

 

6.温泉分析書の説明

 


f:id:zenigame1:20220801205659j:image

泉温が25度以上または溶存物質が1000mg以上で温泉になりますが、こちらは源泉温度が22度で冷たい鉱泉。溶存物資も175mgで薄いため、温泉法上の温泉にはなりません。よく見ると温泉等分析書になっています。

源泉温度がもし25度以上あれば、アルカリ性単純温泉になる温泉です。